cKLS著作権リーガルネット[トップに戻る]







侵害対応マネジメント 

 侵害事実の調査・検討は、慎重に!

 お客様の所有又は管理する権利(著作権、著作者人格権、著作隣接権、実演家人格権、出版権、パブリシティ権等)が現に侵害されている疑いがある場合に、当事務所が、必要な侵害事実の調査及び検討作業を行い、「侵害事実あり」と思料されるときには、お客様の要請により、内容証明郵便による警告書を作成し、これを侵害者に発送します。
 
さらに、悪質な侵害者に対しては、お客様の要請に基づき、告訴状を作成し、当局の発動を促します。

 サービス料金の目安

法務サービス  サービス料金  備考 
侵害事実の調査・検討 

1時間当たり
6,480 

 
警告書(内容証明郵便)の作成  12,960円〜32,400  文章量、事案に難易度等により変動。 
告訴状の作成  21,600円〜43,200  文章量、事案に難易度等により変動。 

【注意事項】

 上記に記載されている「サービス料金」には、当事務所がお客様から受託した事案に関して発生する「実費」(例えば、登録免許税・印紙代等の法定費用、交通費・宿泊費等の出張旅費、国際電話通話料など)は含まれておりませんので、あらかじめご了解ください。
 
なお、これらの「実費」に関しましては、見積り金額を提示する際にお客様に明示いたします。

著作権紛争解決のあっせん申請について

 権利侵害の有無に関する紛争、権利の帰属に関する紛争、権利に関する契約の解釈に関する紛争、権利侵害による損害額に関する紛争等について、必要な調査及び検討作業を行い、両当事者があっせんによる解決を希望する場合には、文化庁長官に対し、著作権紛争解決あっせん申請を行います。

サービス料金の目安

法務サービス

サービス料金

備考

事実関係の調査・検討

1時間当たり
6,480

文化庁との事前折衝及び事後対応を含む。

あっせん申請書の作成
(添付資料の作成を含む。)

32,400円〜43,200

事案に難易度等により変動。


【注意事項】

 上記に記載されている「サービス料金」には、当事務所がお客様から受託した事案に関して発生する「実費」(例えば、登録免許税・印紙代等の法定費用、交通費・宿泊費等の出張旅費、国際電話通話料など)は含まれておりませんので、あらかじめご了解ください。
 なお、これらの「実費」に関しましては、見積り金額を提示する際にお客様に明示いたします。

【参考:あっせん申請に関する法定費用】

 
現在、あっせん申請を行うには、あっせんを求める事件1件につき46,000円の手数料がかかります(著作権法107条、著作権法施行令59)

 お問合せ・申込み

  0267-26-6731

  willwaylegal@ar.wakwak.com