KLS英語学習教室

英文法 ★上級レベルの【総合問題】[Advance02]

問題数全10題/6題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] Having known him for a long time as she [is/does/has], Kate can rely on Mike.

[2] The strange man wandered around my house [with not shoes on/with shoes no on/without shoes on].

[3] We suspected him of being an industrial spy, [who/which/that] he really was.

[4] I’ve looked through what [little document/few document/few documents] the government made public in those days.

[5] He has about 5,000 stamps, [whose some/some of whose/some of which] are very rare.

[6] The turning point was in 1990, since [that/the time/when] domestic economy has been in a deep depression.

[7] The negotiation may end up in failure, in [what/which/that] case we should decide to put off this project immediately.

[8] We had completely misjudged the political situation in the country, [as/it/that] we later found out.

[9] It’s just a question of [a moral/morals/moral], not laws.

[10] 「ペンは剣よりも強し」(ことわざ)⇒[A pen is/The pen is/Pens are] mightier than the sword.
































【解答と解説】

[1] Having known him for a long time as she [is/does/has], Kate can rely on Mike.
「実際に彼のことを長い間知っているので、ケイトはマイクを頼ることができる」
(答え)has
分詞構文中に組み込まれる【as S+Vdo, beなど)】は、通例、その分詞構文の意味を強める。「実際に(こんな風に)~(して・なのでetc.)」
Cf. ...as she has (known him for a long time), ...

[2] The strange man wandered around my house [with not shoes on/with shoes no on/without shoes on].
「その見知らぬ男は靴も履かずに私の家の周りをぶらついていた」
(答え)without shoes on
withoutS’+分詞/形容詞/前置詞句】で、「S’が~しないで(しないままで,しないので)」という意味の「(否定の)付帯状況」を表す。“with no shoes on”とすれば同じ意味になる。

[3] We suspected him of being an industrial spy, [who/which/that] he really was.
「私たちは彼を産業スパイだと疑ったが、事実彼はそうだった」
(答え)which
先行詞(本問では“an industrial spy”)が関係詞節中で「補語」になる文では、先行詞が「人」を表す場合でも“who”は用いない(“that”又は“which”が使われる。本問は「非制限用法」であるため“that”は不可)。

[4] I’ve looked through what [little document/few document/few documents] the government made public in those days.
「私は当時政府が公にしたすべての文書に目を通した」
(答え)few documents
「関係形容詞」のwhatの用法である。このwhatが「可算名詞」にかかる場合には、【what (few)+可算名詞の複数形...】の形をとる。「(多くはないが)…するどんな~でも(あるだけすべて)」という意味である。

[5] He has about 5,000 stamps, [whose some/some of whose/some of which] are very rare.
「彼は約5千の切手の収集があるが、そのいくつかは非常に稀少である」
(答え)some of which
【数詞/不定代名詞 + of which】の形の関係代名詞の表現では、“whose + 数詞/不定代名詞の形は使えない。
なお、本文のように【数詞/不定代名詞 + of which】が関係詞節中で「主語」になっている文では、次のようにすることもできる:
He has about 5,000 stamps, of which some are very rare.

[6] The turning point was in 1990, since [that/the time/when] domestic economy has been in a deep depression.
「転機は1990年で、それ以来国内経済は沈滞している」
(答え)when
「関係副詞」のwhenの用法の1つ。「非制限用法」で前置詞の目的語として用いる(関係詞を「前置詞の目的語」に用いる場合、一般的にはその関係詞は「関係代名詞」と考えられるから、この用法では「先行詞“the time”を含んだ関係副詞」と捉えてもよい)。
…, 前置詞+(the time) when…=…, 前置詞+which time…】(このwhichは「関係形容詞」)
and[but, because]+前置詞+the[that] time…
つまり、本文の場合、次の関係性になる:
…, since when…】=【…, since which time…
=【…, and[but, because] since the time[since then]…

[7] The negotiation may end up in failure, in [what/which/that] case we should decide to put off this project immediately.
「交渉は失敗に終わる可能性があるが、その場合には、直ちに本プロジェクトを延期することを決定すべきだ」
(答え)which
「関係形容詞」のwhichの用法である。これは、非制限用法で認められるもので、通例、【前置詞+which+名詞case, point, time, etc.】の形で使われ、【and[but, because]+前置詞+the[that]+名詞】と同等の意味になる。

[8] We had completely misjudged the political situation in the country, [as/it/that] we later found out.
「あとになって分かったことだが、私たちはその国の政治状況を完全に誤って判断していた」
(答え)as
「関係代名詞(的用法)」のasの1類型で、前出の文(節)の全部又はその一部の「内容」を受ける(かかる「内容」を先行詞とする)用法である(【非制限用法のwhich】にも同様の用法がある)。通例、「そして(しかし、なぜなら)そのこと」と捉えれば足りる。

[9] It’s just a question of [a moral/morals/moral], not laws.
「それはモラルの問題であって、法律の問題ではない」
(答え)morals
“moral”は、「モラル(道徳・風紀・品行)」という意味では、通例、「複数形」にして【morals】とする。

[10] 「ペンは剣よりも強し」(ことわざ)⇒[A pen is/The pen is/Pens are] mightier than the sword.
(答え)The pen is
普通名詞を「抽象化」して、その名詞の持つ属性や機能などを比喩的に表す用法があり、この用法では、【the+普通名詞の単数形】とする。本文では、「ペン」→「言論」、「剣」→「武力」。

ホームに戻る