KLS英語学習教室

英文法 ★上級レベルの【総合問題】[Advance04]

問題数全10題/6題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] Is that man crazy [as/if/that] he should do such a foolish thing?

[2] This article is [as/so/such] written that it gives the wrong impression of the accident.

[3] [Give/Given/Giving] that there is still some uncertainty, we should postpone the project.

[4] Walk quietly in the library so that you may not disturb others. Walk quietly in the library [if not/lest/the less] you (should) disturb others.

[5] Staff members behaved as the manager said. = Staff members behaved [how/that/the way] the manager said.

[6] [Not any/Any not/No] student could answer the question.

[7] I don’t think you’ve met her before, [do/have/haven’t] you?

[8] [How beautiful a piece/How a beautiful piece/What beautiful a piece] of scenery this is!

[9] We will vote on the motion that an ad hoc committee [is/be/will be] set up immediately.

[10] I have no doubt [however/whatever/whichever] that she is innocent of the murder case.
































【解答と解説】

[1] Is that man crazy [as/if/that] he should do such a foolish thing?
「そんなバカなことをするとはあの男は気でも狂っているのか」
(答え)that
that…】には、「するとは(するなんて)」という意味の「判断の根拠」を表す用法がある。そして、この用法のthat節の中では、しばしば、【感情のshould】が使われる。

[2] This article is [as/so/such] written that it gives the wrong impression of the accident.
「この記事はその事故について誤った印象を与えるように書かれている」
(答え)so
 so ~ that...】の構文が「受動態」に組み込まれて【be so + (p.p.) that...】の形と取ると、通例、「するように(そのように)~されている)」という「態様」の意味を表す。

[3] [Give/Given/Giving] that there is still some uncertainty, we should postpone the project.
「まだいくらか不確定要素があることを考えると、その計画を延期するべきだ」
(答え)Given
given that…】で、「だと仮定すると」(=if...)「ということを考慮に入れると」(=considering that...)という意味である。

[4] Walk quietly in the library so that you may not disturb others. Walk quietly in the library [if not/lest/the less] you (should) disturb others.
「人の邪魔にならないように図書館では静かに歩きなさい」
(答え)lest
lest + S + should[may, might]...】又は【lest + S + 仮定法現在】で、「しないように」「するといけないので」という意味である。ただし、少々古風な表現で、普通は、【so that[in order that]...not...】【for fear that...】【in case (that)....】などの表現を用いる。

[5] Staff members behaved as the manager said. = Staff members behaved [how/that/the way] the manager said.
「スタッフのメンバーたちはマネージャーの言うとおりに振舞った」
(答え)the way
the way…】には、「…の仕方」(=how...)という関係副詞の用法がさらに進んで、「…するように」「…するやり方で」(=as…)という「態様」の意味を表す接続詞的な用法がある。

[6] [Not any/Any not/No] student could answer the question.
「その質問に答えられる生徒は一人もいなかった」
(答え)No
“no ~”は通例“not any ~”に相当するが、文頭では通例“No ~”が用いられ、“Not any ~”は使われない。もっとも、“Not a ~”は可能(“Not a student could...”とすると、否定の意味がさらに強意的になる)。

[7] I don’t think you’ve met her before, [do/have/haven’t] you?
「あなたは以前に彼女に会ったことはないと思うけど(そうではないですか)」
(答え)have
本文は、(構造上は)“I think you have not met her before.”を付加疑問にしていると考えれば“..., haven’t you?”が間違いであることがわかるだろう。

[8] [How beautiful a piece/How a beautiful piece/What beautiful a piece] of scenery this is!
「ここは何と美しい景色なのだろう」
(答え)How beautiful a piece
How+形容詞+a[an]+名詞(+SV!】の形(語順)をとる点に注意する。
= What a beautiful piece of scenery this is!

[9] We will vote on the motion that an ad hoc committee [is/be/will be] set up immediately.
「我々は特別委員会が直ちに設置されるべきとの動議について票決するつもりだ」
(答え)be
motion that...】=「という動議(提案)」のthat節の中では、通例、【仮定法現在】又は【should+原形】を用いる。

[10] I have no doubt [however/whatever/whichever] that she is innocent of the murder case.
「私は彼女がその殺人事件について無実であることに何の疑いも持っていない」
(答え)whatever
no+名詞+whatever】で、「少しの~もない】という意味の(否定の)強意表現となる。”whatever”を“whatsoever”としてもよい。

ホームに戻る