KLS英語学習教室

英文法 ★初級レベルの定着問題[Basic01]

問題数全18題/14題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] Girls usually [like/likes] talking with their friends.

[2] We [drive/are driving/were driving] along the seashore now.

[3] The present situation looks very [bad/badly] for us.

[4] The door of this room was [closing/closed] when I came here.

[5] 「5月に2週間仕事の休みを取るつもりです」⇒[I’m able/I’m going/I have] to take a two-week vacation from work in May.

[6] [Communicate/To communicate] with each other in a foreign language is not so easy.

[7] He got out of her room without [to say/saying] goodbye.

[8] The man [reads/is reading/reading] a newspaper over there is my grandfather.

[9] Do you know the woman [what/which/who] is playing the piano over there?

[10] The little girl had some wild [flower/flowers] in her hands.

[11] Last winter was very cold. = [It/That/This] was very cold last winter.

[12] How can I get [in/on/to] the station?

[13] There are [different/differently] ways to solve this problem.

[14] The nurse took care of my grandmother very [kind/kindly].

[15] I am as [old/older/oldest] as your brother.

[16] The moon rose [above/below/between] the mountain.

[17] Study hard, [and/or] you’ll pass the examination.

[18] He [doesn’t will/not will/will not] succeed in business.
































【解答と解説】

[1] Girls usually [like/likes] talking with their friends.
「女の子はたいてい友達とのおしゃべりが好きなものだ」
(答え)like
可算名詞(数えられる名詞)の「複数形」が主語になる場合(本問では”rivers”)、動詞は「複数」扱いとなる(「三単現のs」は不要)。

[2] We [drive/are driving/were driving] along the seashore now.
「私たちは今海岸沿いをドライブしているところです」
(答え)are driving
【現在において進行中の動作】=「~している(ところだ)」は、【現在進行形】すなわち【am[are, is]+動詞の~ing形(現在分詞)】で表す。

[3] The present situation looks very [bad/badly] for us.
「現在の状況は私たちにとって非常にまずそうだ」
(答え)bad
look+形容詞】で、「~(形容詞)のように見える」という意味である。【badly】は、「ひどく(まずく)」という意味の「副詞」である。

[4] The door of this room was [closing/closed] when I came here.
「私がここに来たとき、この部屋のドアは閉まっていた(閉められていた)」
(答え)closed
be+過去分詞】で、【受動態(受身形)】=「~される」「~されている】を表す。【close(~を閉める・閉じる)】の「過去分詞」は、【closed】である。

[5] 「5月に2週間仕事の休みを取るつもりです」⇒[I’m able/I’m going/I have] to take a two-week vacation from work in May.
(答え)I’m going
あらかじめ考えていた近い未来の計画・予定・意志】=「~するつもりだ」「~しようと思っている」は、【be going to do(動詞の原形)】で表す。

[6] [Communicate/To communicate] with each other in a foreign language is not so easy.
「外国語でお互いコミュニケーションをとることはそんなに簡単なことではない」
(答え)To communicate
【不定詞(to+動詞の原形)】は、「~すること」という意味(名詞的用法)で、文中で主語になることができる。なお、「動名詞」を使って、“Communicating...is not so easy.”としても意味は変わらない。

[7] He got out of her room without [to say/saying] goodbye.
「彼はさよならを言わないで彼女の部屋を出て行った」
(答え)saying
without ~ing】で、「~しないで」「~せずに」という意味である。この“without”は「前置詞」である。よって、“without to do”とするのは誤り。

[8] The man [reads/is reading/reading] a newspaper over there is my grandfather.
「あそこで新聞を読んでいる男性が私の祖父です」
(答え)reading
【分詞】に他の語句がついて(2語以上で)名詞を修飾する場合には、【分詞+他の語句】を修飾したい名詞の「後」にまとめて置く。【名詞←現在分詞+他の語句】
(注)本文は、「関係代名詞」を使って同じ意味を表現できる:The man who is reading a newspaper over there is my grandfather.

[9] Do you know the woman [what/which/who] is playing the piano over there?
「あそこでピアノを弾いている女性を知っていますか」
(答え)who
[先行詞=人][関係代名詞=主格]の関係を理解する。

[10] The little girl had some wild [flower/flowers] in her hands.
「少女は両手に何本かの野花を握っていました」
(答え)flowers
「可算名詞」(本問では”flower”)の「複数形」を表現する場合、【複数語尾の-s】をつけるのが英語の原則である。

[11] Last winter was very cold. = [It/That/This] was very cold last winter.
「去年の冬は非常に寒かった」
(答え)It
英語では「天候」「寒暖」「時間」「距離」「明暗」などを表す文の主語として【非人称のit】(「それ」というように日本語に訳さない。)を用いることがよくある。

[12] How can I get [in/on/to] the station?
「その駅にはどうやって行けばよいのでしょうか」
(答え)to
「~に着く」「~に達する」は、【get to ~】である。

[13] There are [different/differently] ways to solve this problem.
「この問題を解くためのさまざまな方法がある」
(答え)different
名詞」(本問では“ways”)を修飾するのは【形容詞】である。【differently】は、「それとは違って」「それぞれに」という意味の「副詞」である。

[14] The nurse took care of my grandmother very [kind/kindly].
「その看護師はとても優しく私の祖母の世話をした」
(答え)kindly
「動詞」(本問では“take care of”)を修飾するのは【副詞】である。【kindly】は、「親切に」「優しく」という意味である。なお、【副詞】には、形容詞語尾に【-ly】をつけて終わるものが多い。

[15] I am as [old/older/oldest] as your brother.
「私はあなたの兄(弟)さんと同じくらいの年です」
(答え)old
as ~ as...】=「と同じくらい~」の表現中の“~”には、必ず形容詞又は副詞の【原級】(形容詞又は副詞の基本となる形=辞書の見出し語として表記される形)がくる。

[16] The moon rose [above/below/between] the mountain.
「月がその山の上に昇った」
(答え)above
above】は、「空間的位置」について用いる場合、「(表面から離れて)~の上に・上の方に」を意味する。

[17] Study hard, [and/or] you’ll pass the examination.
「一生懸命勉強しなさい。そうすればその試験に合格しますよ」
(答え)and
【命令文+and…】で、「~しなさい。そうすれば」という意味である。

[18] He [doesn’t will/not will/will not] succeed in business.
「彼は商売で成功しないでしょう」
(答え)will not
willなどの助動詞を伴う文を【否定文】にするには、“not”を助動詞の直後に置いて、【助動詞+not+動詞の原形】とする。なお、【will not】の短縮形=【won’t】も覚えておく。

ホームに戻る