KLS英語学習教室

英文法 ★初級レベルの定着問題[Basic04]

問題数全18題/14題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] Learning some foreign languages at once [is/are] not easy.

[2] I [am/was] usually in my office until five.

[3] This wine tastes too [sweet/sweetly] for me.

[4] The bridge here will [build/built/be built] soon.

[5] We [will can/can will/will be able to] go there next week.

[6] I want [to have/having] a cup of coffee.

[7] Ann’s dream is [become/becoming] a jazz singer.

[8] Do you have [boiling/boiled] shrimps?

[9] A person [who/whose/whom] job is to take care of patients is called a nurse.

[10] These days many [woman/womans/women] have their jobs.

[11] Have you ever seen [he/his/him]?

[12] He [said me/said to me] yesterday, “I’m going there this evening.”

[13] This is [favorite her watch/her favorite watch/her watch favorite].

[14] Shall we meet [next Saturday/on next Saturday]?

[15] She has a [good/better/best] plan than he (does).

[16] This can be used [as/in/on] a knife, too.

[17] Stop moving, [and/or] you’ll be shot!

[18] You [have not to/have to not/don’t have to] tell her the truth.
































【解答と解説】

[1] Learning some foreign languages at once [is/are] not easy.
「同時にいくつかの外国語を学ぶことは簡単なことではない」
(答え)is
【単一の名詞句】(本問では” Learning some foreign languages at once”(動名詞句))が主語になる場合、動詞は「単数」扱いとなる。

[2] I [am/was] usually in my office until five.
「私は普段は5時まで事務所にいます」
(答え)am
【現在の事柄(事実や状態や習慣的行為)】を表す場合は、【現在時制】(動詞・助動詞の現在形)が用いられる。【usually】は、「ふつう」「いつもは」という意味である。

[3] This wine tastes too [sweet/sweetly] for me.
「このワインは私には甘すぎる」
(答え)sweet
taste+形容詞】で、「~(形容詞)のような味がする」という意味である。“sweetly”は、「甘く」という意味の「副詞」である。

[4] The bridge here will [build/built/be built] soon.
「ここの橋はもうすぐ造られるだろう」
(答え)be built
「助動詞」と「受動態」がいっしょに使われる場合(本問では、「~されるだろう」)は、【助動詞+be+過去分詞】(本問では、“will be+過去分詞”)で表す。

[5] We [will can/can will/will be able to] go there next week.
「私たちは来週そこに行くことができるでしょう」
(答え)will be able to
can】を他の助動詞につけて用いることはできない。よって、【will be able to do(動詞の原形)】=「~することができるだろう」とする。

[6] I want [to have/having] a cup of coffee.
「コーヒーを1杯飲みたい」
(答え)to have
“want”は、「~することを望む」「~したいと思う」という意味では、「不定詞」を目的語にして、【want to do】の形をとる。“want ~ing(動名詞)”は誤り。

[7] Ann’s dream is [become/becoming] a jazz singer.
「アンの夢はジャズシンガーになることだ」
(答え)becoming
【動名詞(動詞の~ing形)】は、文中で「(主格)補語」になることができる。なお、「不定詞」(名詞用法)を使って、“Ann’s dream is to become…”としても意味は変わらない。

[8] Do you have [boiling/boiled] shrimps?
(レストランなどで)「ゆでたエビはありますか」
(答え)boiled
【分詞】は、「形容詞」としての働き(名詞を修飾する働き)を持つ。【過去分詞】の意味は「受動的(又は完了的)」で、通例、「~される(いる)(~してしまった)」となる。

[9] A person [who/whose/whom] job is to take care of patients is called a nurse.
「患者の世話をする人は看護師と呼ばれる」
(答え)whose
[先行詞=人][関係代名詞=所有格]の関係を理解する。

[10] These days many [woman/womans/women] have their jobs.
「最近では多くの女性が仕事を持っている」
(答え)women
“woman”(女性)は「可算名詞」であり、よって、「複数形」を持つが、その「複数形」は【women】である。

[11] Have you ever seen [he/his/him]?
「彼に会ったことがありますか」
(答え)him
【人称代名詞】である「彼」の【目的格】は、【him】である。

[12] He [said me/said to me] yesterday, “I’m going there this evening.”
「昨日彼は私に『今晩そこに行く予定だ』と言った」
(答え)said to me
say】は、「(人に)話す」という意味では「自動詞」である。よって、「~(人)に話す」という場合、【say to ~】とする必要がある。

[13] This is [favorite her watch/her favorite watch/her watch favorite].
「これは彼女のお気に入りの腕時計です」
(答え)her favorite watch
形容詞(1語)を名詞の「前」に置いて名詞を修飾する場合に、さらに、「限定詞」(a, an, the, herなど)があるときは、【限定詞+形容詞(1語)→名詞】とする。

[14] Shall we meet [next Saturday/on next Saturday]?
「次の土曜日に会いませんか」
(答え)next Saturday
next ~】=「次の~」は、通例、前置詞を伴わなくても【副詞句】になりうる。

[15] She has a [good/better/best] plan than he (does).
「彼女は彼よりもよい計画を持っている」
(答え)better
”good”(良い)の【比較級】(”than”に注目する)は、【better(より良い)】である。

[16] This can be used [as/in/on] a knife, too.
「これはナイフとしても使える」
(答え)as
「前置詞」の【as】には、「~として」という意味がある。

[17] Stop moving, [and/or] you’ll be shot!
「止まれ(動くのをやめろ)。さもないと撃つぞ!」
(答え)or
【命令文+or…】で、「~しなさい。そうでないと」という意味である。

[18] You [have not to/have to not/don’t have to] tell her the truth.
「あなたは彼女に真実を話す必要はありません」
(答え)don’t have to
have[has] to do】=「~しなければならない」の【否定文】=「~する必要はない」は、【do[does] not have to do】(過去形は【did not have to do】)とする。

ホームに戻る