KLS英語学習教室

英文法 ★初級レベルの定着問題[Basic06]

問題数全18題/14題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] Some languages [is/are] officially spoken in this country.

[2] There [is/was] a big earthquake last night.

[3] I don’t think [because/if/that] he is an honest man.

[4] I [gave/was given/was giving] a PC as a birthday present by my father.

[5] 「彼女は大学を卒業したら小学校の先生になるつもりだ」⇒She [is able/is going/has] to be a teacher at elementary school when she graduates from university.

[6] The man said to us, “Please stay here.” = The man asked us [to stay/staying] there.

[7] I have already finished [to write/writing] the report.

[8] The students are [checking/checked] the results of their tests.

[9] Can you see that building [which/that/whose] walls are painted yellow?

[10] The baby wants [milk/a milk/milks].

[11] To keep regular hours is good for our health. = [It/That/This] is good for our health to keep regular hours.

[12] My daughter never [speaks/speaks to] a stranger.

[13] It’s cold here, so I want [hot something/something hot] to drink.

[14] You must do your work more [careful/carefully].

[15] He is collecting as [many/more/most] old coins as she (does).

[16] I’m going to Kyoto [by/in/with] car tomorrow.

[17] I could not sleep well [because/but/though] I was so excited last night.

[18] [Did you have/Have you] ever been to Hawaii?
































【解答と解説】

[1] Some languages [is/are] officially spoken in this country.
「この国ではいくつかの言語が公式に話されている」
(答え)are
可算名詞(数えられる名詞)の「複数形」が主語になる場合(本問では“languages”)、動詞は「複数」扱いとなる。

[2] There [is/was] a big earthquake last night.
「昨夜大きな地震があった」
(答え)was
「過去の事柄」を表す場合は、【過去時制】(動詞・助動詞の過去形)が用いられる。【last ~】は、「(時間的に)この前の~(に)」という意味で、通例、「過去時制」とともに用いる。

[3] I don’t think [because/if/that] he is an honest man.
「彼は正直な男ではないと思う」
(答え)that
think (that)…】で、「だと思う」という意味である。この“that…”は、後ろに「文」を率いて、「ということ」という意味の「名詞節」を導く。
(注)英語では、”I think that he is not an honest man.”というより、上の文の方が一般的である。

[4] I [gave/was given/was giving] a PC as a birthday present by my father.
「私は誕生日プレゼントとして父からパソコンをもらいました」
(答え)was given
give A B】=「ABを与える」では、”A”を主語にした受身の文が可能である。
A be+過去分詞 B=ABを与えられる」
(注)”B”を主語にした受身の文も可能である。【B be+過去分詞 (to) A=BAに与えられる」

[5] 「彼女は大学を卒業したら小学校の先生になるつもりだ」⇒She [is able/is going/has] to be a teacher at elementary school when she graduates from university.
(答え)is going
あらかじめ考えていた近い未来の計画・予定・意志】=「~するつもりだ」「~しようと思っている」は、【be going to do(動詞の原形)】で表す。

[6] The man said to us, “Please stay here.” = The man asked us [to stay/staying] there.
「その男性は私たちにそこにいるように求めた」
(答え)to stay
ask A to do】で「Aに(Aが)~するように(主語が)頼む」という意味である。“ask A ~ing”は誤り。

[7] I have already finished [to write/writing] the report.
「わたしはすでにレポートを書き終えた」
(答え)writing
finish ~ing】で、「~することを終える」「~し終える」という意味である。“finish to do”は誤り。

[8] The students are [checking/checked] the results of their tests.
「生徒たちはテストの結果をチェックしているところです」
(答え)checking
be+現在分詞】は、「進行形」を表す。一方、【be+過去分詞】は、「受動態」(受身)を表す。本問では、「チェックしている」と解釈するべきだから、「進行形」を用いる。

[9] Can you see that building [which/that/whose] walls are painted yellow?
「壁が黄色に塗られているあの建物が見えますか」
(答え)whose
[先行詞=人以外][関係代名詞=所有格]の関係を理解する。
(注)「関係代名詞」のthatには「所有格」はない。

[10] The baby wants [milk/a milk/milks].
「赤ちゃんがミルクを欲しがっています」
(答え)milk
”milk”(ミルク・牛乳)は「不可算名詞」である。不可算名詞は、【不定冠詞a/an】を伴わず、「複数形」がない(複数語尾の”-s”をつけない)のが英語の原則である。

[11] To keep regular hours is good for our health. = [It/That/This] is good for our health to keep regular hours.
「早寝早起き(規則正しい生活をすること)は私たちの健康にとってよい」
(答え)It
【形式主語(又は仮主語)のit】を含んだ文である。ここで、”It”は、不定詞以下(”to keep regular hours”)をさしている。

[12] My daughter never [speaks/speaks to] a stranger.
「私の娘は知らない人とは決して話をしない」
(答え)speaks to
speak】は、「(人と)話す」という意味では「自動詞」である。よって、「~(人)と話す」という場合、【speak to ~】とする必要がある。

[13] It’s cold here, so I want [hot something/something hot] to drink.
「ここは寒いので、何か暖かい飲み物が欲しい」
(答え)something hot
形容詞が“something”(何かあるもの)を修飾する場合、例外的に、形容詞1語でも後ろから修飾する。
something←形容詞1語】の語順に注意。

[14] You must do your work more [careful/carefully].
「もっと注意して作業をしなさい」
(答え)carefully
「動詞」(本問では“do”)を修飾するのは【副詞】である。【carefully】は、「注意深く」「慎重に」という意味である。なお、【副詞】には、形容詞語尾に【-ly】をつけて終わるものが多い。

[15] He is collecting as [many/more/most] old coins as she (does).
「彼は彼女と同じくらい多くの古いコインを集めている」
(答え)many
as ~ as...】=「と同じくらい~」の表現中の“~”には、必ず形容詞又は副詞の【原級】がくる。本文では【as+形容詞(原級)+名詞+as】となっている。

[16] I’m going to Kyoto [by/in/with] car tomorrow.
「私は明日車で京都に行く予定です」
(答え)by
by+乗り物】で、「~(ある乗り物)で」「~(ある乗り物)を使って」という意味である。この表現では、「乗り物」には原則として冠詞をつけない(無冠詞で用いる)点に注意する。

[17] I could not sleep well [because/but/though] I was so excited last night.
「昨夜はとても興奮していたのでよく眠れなかった」
(答え)because
because…】は、「(なぜなら)…(である・する)から(である)」という「理由」「原因」の意味を表す。

[18] [Did you have/Have you] ever been to Hawaii?
「ハワイに行ったことがありますか」
(答え)Have you
「現在完了形」の文を【疑問文】にするには、“have”又は“has”を主語の前に出して、【Have[Has]+主語+過去分詞...?】とする。

ホームに戻る