KLS英語学習教室

英文法 ★初級レベルの定着問題[Basic07]

問題数全18題/14題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] One of the students [was/were] late for the English class.

[2] Her husband [comes/came] home when she was cooking in the kitchen.

[3] Masao gave [a diamond ring Saki/a diamond ring for Saki/Saki a diamond ring] last night.

[4] What must [do/be doing/be done] to stop such a bad accident?

[5] 「ルーシー、知らない人からお菓子をもらってはいけません」⇒Lucy, you [can’t/mustn’t/don’t have to] accept candy from strangers.

[6] I want him [do/to do] his best.

[7] He stopped [to drive/driving] the car suddenly.

[8] This bridge was [building/built] by my uncle’s construction company.

[9] This is a watch [what/which/whom] my father gave me as a birthday present.

[10] I have [a work/a lot of works/a lot of work] to do today.

[11] [We/Our/Us] are the best friends.

[12] Would you like to [come/come to] the party?

[13] The student is a [slow/slowly] speaker.

[14] I’m [very/very much] glad to see you again.

[15] Mont Blanc is the [high/higher/highest] mountain in Europe.

[16] We talked about the same problem [during/while] the meeting.

[17] That cat will come [because/but/if] you call it.

[18] Where [you went/did you go/did you went] while you were staying in Kyoto?
































【解答と解説】

[1] One of the students [was/were] late for the English class.
「生徒の一人が英語の授業に遅れた」
(答え)was
one of ~】=「~の1つ・1人」が主語になる場合、動詞は「単数」扱いとなる。

[2] Her husband [comes/came] home when she was cooking in the kitchen.
「台所で料理をしていた時に彼女の夫が帰宅した」
(答え)came
全体が「過去の事柄(事実や状態や習慣的行為)」を表す文なので(“when she was cooking in the kitchen”に注目)、「過去時制」を用いるのが適切である。

[3] Masao gave [a diamond ring Saki/a diamond ring for Saki/Saki a diamond ring] last night.
「昨夜マサオはサキにダイアモンドの指輪をあげた」
(答え)Saki a diamond ring
giveAB】で、「ABを与える」という意味である。この文型では、BAを入れ替えることができる場合が多い。その際、“give”では、【give B to A】とする。

[4] What must [do/be doing/be done] to stop such a bad accident?
「そのようなひどい事故を止めるために何がなされるべきか」
(答え)be done
「助動詞」と「受動態」がいっしょに使われる場合(本問では、「~されなければならない」)は、【助動詞+be+過去分詞】(本問では、“must be+過去分詞”)で表す。

[5] 「ルーシー、知らない人からお菓子をもらってはいけません」⇒Lucy, you [can’t/mustn’t/don’t have to] accept candy from strangers.
(答え)mustn’t
must not[mustn’t]+動詞の原形】は、(否定文で)【禁止】=「~してはいけない」を表す。

[6] I want him [do/to do] his best.
「彼には全力を尽くして欲しい」
(答え)to do
“want”は、「Aが~することを(主語が)欲する」「Aに~して欲しいと(主語が)思う」という意味では、一般的には、【want A to do】の形をとる(この不定詞は「名詞用法」である)。

[7] He stopped [to drive/driving] the car suddenly.
「彼は突然車の運転を止めた」
(答え)driving
stop ~ing】で、「~することを止める」という意味である。この意味で“stop to do”とするのは誤り。

[8] This bridge was [building/built] by my uncle’s construction company.
「この橋はおじの建設会社によってつくられました」
(答え)built
be+現在分詞】は、「進行形」を表す。一方、【be+過去分詞】は、「受動態」(受身)を表す。本問では、「つくられた」と解釈するべきだから、「受動態」を用いる。

[9] This is a watch [what/which/whom] my father gave me as a birthday present.
「これは父が誕生日プレゼントに私にくれた腕時計です」
(答え)which
[先行詞=人以外][関係代名詞=目的格]の関係を理解する。
(注)口語では、「目的格」の”which”はよく省略される。

[10] I have [a work/a lot of works/a lot of work] to do today.
「今日はやらなければいけない仕事がたくさんある」
(答え)a lot of work
“work”は、「仕事」という意味では「不可算名詞」であり、よって、【不定冠詞a/an】を伴わず、「複数形」もない(複数語尾の-sはつかない)。

[11] [We/Our/Us] are the best friends.
「私たちは親友です」
(答え)We
人称代名詞である「私たち」の「主格」=「私たちは(が)」は、【we】である。

[12] Would you like to [come/come to] the party?
「パーティーにいらっしゃいますか」
(答え)come to
“come”(来る)は「自動詞」である。よって、「~に来る」という場合、“come ~”とは言えず、【come to ~】とする必要がある。

[13] The student is a [slow/slowly] speaker.
「その生徒は話すのが遅い」
(答え)slow

「名詞」(本問では“speaker”)を修飾するのは【形容詞】である。【slowly】は、「遅く(ゆっくりと)」という意味の「副詞」である。
(注)本文は、実質的に次の文と等しい:The student speaks slowly.

[14] I’m [very/very much] glad to see you again.
「再びお会いできてとても嬉しいです」
(答え)very
「とても」「非常に」という意味の「副詞」の【very】は、通例、「形容詞」の意味を(前から)強める。一方、同様の意味で「動詞」の意味を強めるのが【very much】である。

[15] Mont Blanc is the [high/higher/highest] mountain in Europe.
「モンブランはヨーロッパで最も高い山である」
(答え)highest
本問では、「最上級」を用いる。”high”(高い)の「最上級」は、【highest(一番高い)】である。
(注)「最上級」は、通例、“the”をつけて用いる。

[16] We talked about the same problem [during/while] the meeting.
「私たちは会議の間ずっと同じ問題について話し合った」
(答え)during
during】は、「~(特定の期間)の間ずっと」を意味する「前置詞」である。【while】は、「している間に」を意味する「接続詞」である。

[17] That cat will come [because/but/if] you call it.
「あの猫は呼べば来ますよ」
(答え)If
if…】は、「節」の構造を備えた語の集まり(主語+動詞…を備えた「文」と考えて差し支えない)を導いて、「もし(である・する)ならば」という「条件」「仮定」の意味を表す。

[18] Where [you went/did you go/did you went] while you were staying in Kyoto?
「京都に滞在している間どこに行きましたか」
(答え)did you go
「疑問詞」(本問では”where”)がついた疑問文は、疑問詞を文頭に出して、その後ろを疑問文の語順とする、のが原則である。本問では、【疑問詞+did+主語+一般動詞(の原形)...?】とする

ホームに戻る