KLS英語学習教室

英文法 ★初級レベルの定着問題[Basic11]

問題数全18題/14題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] Mr. Suzuki always [speak/speaks] loud.

[2] The earth [is/was] round.

[3] The little girl [became/got] a famous actress later.

[4] This novel is [write/wrote/written] by my grandmother.

[5] [May/Must/Shall] we go to drink tonight?No, let’s not.

[6] [Master/To master/to mastering] a language in a year is difficult.

[7] His only hope was [live/living] with her in this town.

[8] I’d like to eat [an apple baked/a baked apple].

[9] The gentleman [who/whose/whom] is reading a newspaper on the bench is her uncle.

[10] The man had two [knife/knifes/knives] in both his hands.

[11] You can see a large house over there, can’t you? [It/It’s/Its/] owner is Mr. Gate.

[12] I will [say/speak/talk/tell] her about our plan.

[13] It’s hot here, so I want [cold something/something cold] to drink.

[14] Please speak [quiet/quietly] here.

[15] I can’t speak French [as better/so better/as well] as Liz.

[16] 「あなたのこの川を渡って(横切って)泳ぐことができますか」⇒Can you swim  [above/across/along] this river?

[17] Take the subway, [and/or] you’ll get there on time.

[18] The library [not is/is not/does not be] open on Mondays.
































【解答と解説】

[1] Mr. Suzuki always [speak/speaks] loud.
「スズキさんはいつも大きな声で話す」
(答え)speaks
「三人称単数」(”Mr. Suzuki””He”)が主語になる場合、「一般動詞」について、現在形ではいわゆる「三単現のs」をつける。

[2] The earth [is/was] round.
「地球は丸い」
(答え)is
「一般的真理」を述べる場合は、「現在時制」が用いられる。

[3] The little girl [became/got] a famous actress later.
「その少女は後に有名な女優になった」
(答え)became
become+名詞】で、「~(名詞)になる」という意味である。同じ意味で“get+名詞”とするのは誤り。

[4] This novel is [write/wrote/written] by my grandmother.
「この小説は祖母によって書かれたものです」
(答え)written
be+過去分詞】で、「受動態」(受身形)=「~される」「~されている」を表す。”write”(~を書く)の「過去分詞」は、【written】である。

[5] [May/Must/Shall] we go to drink tonight?No, let’s not.
「今夜いっしょに飲みに行きませんか」-「いいえ、やめておきましょう」
(答え)Shall
Shall we+動詞の原形?】で、「(私たちが)~しましょうか」「いっしょに~しませんか」という意味になる。

[6] [Master/To master/to mastering] a language in a year is difficult.
「ある言語を1年で習得することは難しい」
(答え)To master
「不定詞」は、【to+動詞の原形】の形をとり、「~すること」という意味(名詞用法)で、文中で「主語」になることができる。なお、「動名詞」を使って、“Mastering English in a year is …”としても意味は変わらない。

[7] His only hope was [live/living] with her in this town.
「彼の唯一の望みは、この町で彼女と暮らすことだった」
(答え)living
「動名詞」は、【動詞の~ing形】の形をとり、文中で「(主格)補語」になることができる。なお、「不定詞」(名詞用法)を使って、“His only hope was to live…”としても意味は変わらない。

[8] I’d like to eat [an apple baked/a baked apple].
「焼きリンゴが食べたいです」
(答え)a baked apple
「分詞」(本問では「過去分詞」の”baked”)が単独で(1語で)名詞を修飾する場合には、「分詞」を修飾したい名詞の「前」に置く。

[9] The gentleman [who/whose/whom] is reading a newspaper on the bench is her uncle.
「ベンチで新聞を読んでいる紳士は、彼女のおじさんです」
(答え)who
[先行詞=人][関係代名詞=主格(”the gentleman””he””who”]の関係を理解する。

[10] The man had two [knife/knifes/knives] in both his hands.
「その男は両手に2本のナイフを持っていた」
(答え)knives
“knife”(ナイフ)は「可算名詞」であり、よって、「複数形」を持つが、その「複数形」は【knives】である。

[11] You can see a large house over there, can’t you? [It/It’s/Its/] owner is Mr. Gate.
「向こうに大きな家が見えるでしょ。その持ち主はゲート氏です」
(答え)Its
「人称代名詞」の“it”=「それ」の「所有格」=「その」「それの」は、【its】である。
(注)【it’s】は、“it is”又は“it has”の短縮形である。

[12] I will [say/speak/talk/tell] her about our plan.
「私が彼女にわれわれの計画について話しましょう」
(答え)tell
選択肢の動詞の中で「~(人)に話す」という意味で「他動詞」で使えるのは【tell ~】だけである。あとはいずれも適当な前置詞は必要(【say to ~】【speak to ~】【talk to[with] ~】)。

[13] It’s hot here, so I want [cold something/something cold] to drink.
「ここは暑いので、何か冷たい飲み物が欲しい」
(答え)something cold
形容詞が「-ingで終わる不定代名詞」(本問では”something”)を修飾する場合、例外的に、形容詞1語でも後ろから修飾する点に注意する。つまり、【something←形容詞1語】とする。

[14] Please speak [quiet/quietly] here.
「ここでは静かに話してください」
(答え)quietly
「動詞」(本問では“speak”)を修飾するのは「副詞」である。【quietly】は、「静かに」という意味である。なお、「副詞」には、形容詞語尾に【-ly】をつけて終わるものが多い。

[15] I can’t speak French [as better/so better/as well] as Liz.
「私はリズほどフランス語を上手に話せない」
(答え)as well
as ~ as...=と同じくらい~」の否定形である【not as[so] ~ as...】は、「(と同じ)ほど~ではない」という意味を表す。この表現中の“~”には、形容詞又は副詞の「原級」がくる。

[16] 「あなたのこの川を渡って(横切って)泳ぐことができますか」⇒Can you swim  [above/across/along] this river?
(答え)across
across】は、「~を横切って(横断して)」がその基本的な意味である。

[17] Take the subway, [and/or] you’ll get there on time.
「地下鉄を使いなさい。そうすれば定刻にそこに着きます」
(答え)and
【命令文+and…】で、「~しなさい。そうすれば」という意味である。

[18] The library [not is/is not/does not be] open on Mondays.
「図書館は月曜は開いていません」
(答え)is not
述語として“be”を含む文(助動詞を伴わない場合)を「否定文」にするには、“not”“be”の直後に置く。なお、【is not】の短縮形は、【isn’t】である。

ホームに戻る