KLS英語学習教室

英文法 ★初級レベルの定着問題[Basic14]

問題数全18題/14題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] There [was/were] a lot of young people in this park last night.

[2] There [is/was/will be] an earthquake when we were driving around the lake.

[3] The air here feels [fresh/freshly/freshness].

[4] This plan should [change/be changing/be changed] as soon as possible.

[5] 「彼はこの川を横切って泳ぐことができる」⇒He [has /is able/is going] to swim across this river.

[6] I’m very sad [hearing/to hearing/to hear] that she said such a thing.

[7] You can’t play with your friends without [to finish/finishing] your homework.

[8] Do you know the name of that mountain [to cover/covering/covered] with snow?

[9] This is a detective novel [what/which/who] was written about a century ago.

[10] We have [a news/a lot of news/many newses] about the earthquake today.

[11] To solve this problem is very difficult. = [It/That/What] is very difficult to solve this problem.

[12] 「そのコンサートはいつ行われるのですか」⇒When will the concert be [h-]?

[13] My mother is a very [careful/carefully] driver.

[14] [Recent/Recently] there was a major fire in this village.

[15] I think she is the [good/better/best] mystery writer in Japan.

[16] Who did you go to the zoo [by/together/with] yesterday?

[17] My brother studied painting [during/until/while] he was in Paris.

[18] It’s cool outside, so [take/took/taking] a sweater.
































【解答と解説】

[1] There [was/were] a lot of young people in this park last night.
「昨晩はこの公園にたくさんの若者がいた」
(答え)were
Therebe動詞+[S(主語)]...】=「(…に)Sがある・いる」の構文では、“be動詞は、その後ろにくる[S(主語)]に呼応する。よって、”young people“=「若い人たち」に呼応して、「複数」扱いとなる。

[2] There [is/was/will be] an earthquake when we were driving around the lake.
「その湖の周りをドライブしていた時に地震があった」
(答え)was
全体が「過去の事柄」を表す文なので(“when we were driving around the lake”に注目)、「過去時制」を用いるのが適切である。

[3] The air here feels [fresh/freshly/freshness].
「ここの空気はさわやかな感じがする」
(答え)fresh
feel+形容詞】で、「~(形容詞)のように感じる」という意味である。“freshly”は、「新鮮に」という意味の「副詞」であり、”freshness”は、「新鮮さ」という意味の「名詞」である。

[4] This plan should [change/be changing/be changed] as soon as possible.
「この計画はできるだけ早く変更されるべきだ」
(答え)be changed
「助動詞」と「受動態」がいっしょに使われる場合(本問では、「~されるべきだ」)は、【助動詞+be+過去分詞】(本問では、“should be+過去分詞”)で表す。

[5] 「彼はこの川を横切って泳ぐことができる」⇒He [has /is able/is going] to swim across this river.
(答え)is able
「(実際に)~することができる」は、【be able to do(動詞の原形)】で表す。

[6] I’m very sad [hearing/to hearing/to hear] that she said such a thing.
「私は彼女がそんなことを言ったということを聞いてとても悲しい」
(答え)to hear
be sad to do】で、「~して悲しい」という意味である。この「不定詞(to+動詞の原形)」は、「感情の原因(~して)」を表す(用法は「副詞用法」)。

[7] You can’t play with your friends without [to finish/finishing] your homework.
「宿題を済ませないで友達と遊ぶことはできません」
(答え)finishing
without ~ing】で、「~しないで」「~せずに」という意味である。この“without”は「前置詞」である。よって、“without to do”とするのは誤り。

[8] Do you know the name of that mountain [to cover/covering/covered] with snow?
「雪に覆われたあの山の名前を知っていますか」
(答え)covered
本問では、「覆われた山」と解釈するべきだから、「過去分詞」を用いる。なお、分詞に他の語句がついて(2語以上で)名詞を修飾する場合には、名詞の「後」にまとめて置く点にも注意する。
[(that) mountain]←[covered][with snow]

[9] This is a detective novel [what/which/who] was written about a century ago.
「これは約100年前に書かれた探偵小説である」
(答え)which
[先行詞=人以外][関係代名詞=主格(”a detective novel””it””which”]の関係を理解する。

[10] We have [a news/a lot of news/many newses] about the earthquake today.
「本日はその地震に関するたくさんのニュースがあります」
(答え)a lot of news
news】=「ニュース」「知らせ」は、「不可算名詞」である。よって、「不定冠詞(a/an)」を伴わず、「複数形」にもしない。

[11] To solve this problem is very difficult. = [It/That/What] is very difficult to solve this problem.
「この問題を解くことは非常に難しい」
(答え)It
「形式主語」の”it”を含んだ文である。ここで、”It”は、不定詞以下(”to solve this problem”)をさしている。

[12] 「そのコンサートはいつ行われるのですか」⇒When will the concert be [h-]?
(答え)held
hold ~】には、「~(会・式・コンサートなど)を開く(催す・行う)」という意味がある。
(注)本文は、「未来形の受身」(will be held)である。

[13] My mother is a very [careful/carefully] driver.
「母はとても慎重に運転する人だ」
(答え)careful
「名詞」(本問では“driver”)を修飾するのは「形容詞」である。【careful】は「慎重な」、【carefully】は「慎重に」という意味である。
(注)本文は、実質的に次の文と等しい:My mother drives (a car) very carefully.

[14] [Recent/Recently] there was a major fire in this village.
「最近この村で大きな火事がありました」
(答え)recently
recently】は、「最近」「近頃」「この前」という意味の「副詞」である。「副詞」には、形容詞語尾に【-ly】をつけて終わるものが多い。
(注)”recently”は、現在完了だけでなく、過去の文にも使われる(現在の文では使えない)。

[15] I think she is the [good/better/best] mystery writer in Japan.
「私は彼女が日本は一番のミステリー作家だと思う」
(答え)best
本問では、「最上級」を用いる(”the””in Japan”に注目)。”good”(良い)の「最上級」(一番良い)は、【best】である。

[16] Who did you go to the zoo [by/together/with] yesterday?
「あなたは昨日その動物園に誰と行ったのですか」
(答え)with
with】は、「~とともに(一緒に)」がその基本的な意味である。
(注)”With whom did you go to the zoo yesterday?”という言い方もできる。

[17] My brother studied painting [during/until/while] he was in Paris.
「兄(弟)はパリにいる間に絵画を学んだ」
(答え)while
while…】は、「節」の構造を備えた語の集まり(主語+動詞…を備えた「文」と考えて差し支えない)を導いて、ここでは、「している間に」という意味を表す。なお、【during ~=「~の間に」は「前置詞」であって「接続詞」ではない(後ろに「文」を導くことができない)点に注意する。

[18] It’s cool outside, so [take/took/taking] a sweater.
「外は寒いので、セーターを持っていきなさい」
(答え)take
【命令文】=「~しなさい」には、常に動詞の「原形」が使われる。

ホームに戻る