KLS英語学習教室

英文法 ★初級レベルの定着問題[Basic15]

問題数全18題/14題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] Every student in this school [has/have] to wear a school uniform.

[2] I [see/saw/have seen] him in Osaka two years ago.

[3] The accident made [very sad them/them very sad].

[4] The floor was covered [on/over/with] blood.

[5] I’d like [meet/meeting/to meet] you during my stay in Tokyo.

[6] It is necessary [you/for you/of you] to leave here right away.

[7] You should be more careful while you’re driving a car. = You should be more careful [at/for/in] driving a car.

[8] Someone entered the house through the [breaking/broken] window.

[9] [That/What/Which] he said yesterday is not true.

[10] 「今日は何日ですか」-「57日です」⇒What [date/day] is it (today)? – May (the) seventh.

[11] One of my [friend/friends] lives in New York.

[12] I’m looking [after/at/for] a watch I left in the kitchen yesterday.

[13] He is [old my friend/my friend old/my old friend].

[14] She enjoyed the party [very/very much].

[15] More [and/or/with] more people begin to use smartphones.

[16] 「今までずっと彼女はいつも1人で暮らしてきた」⇒[U-] now she has always lived alone.

[17] The old lady spoke [as/so/such] quietly that I could hardly hear her.

[18] [How/What] a large house yours is!
































【解答と解説】

[1] Every student in this school [has/have] to wear a school uniform.
「この学校のすべての生徒は制服を身につけなければならない」
(答え)has
every+可算名詞の単数形】=「あらゆる・どの・すべての~」が主語になる場合、「単数」扱いとなる。次の文と比較せよ:All the students in this school have to wear school uniforms.

[2] I [see/saw/have seen] him in Osaka two years ago.
「私は2年前に大阪で彼に会いました」
(答え)saw
「現在完了形」=【have[has]+過去分詞】は、「はっきりと過去(の1時点)を明示する語句(副詞語句)」(本問では“two years ago”)とともに用いることはできない。

[3] The accident made [very sad them/them very sad].
「その事故は彼らをとても悲しくさせた」
(答え)them very sad
makeA+形容詞】で、「Aを~(形容詞の状態)にする」という意味である。

[4] The floor was covered [on/over/with] blood.
「床は血だらけだった」
(答え)with
be covered with[in, by] ~】で、「~で覆われる・覆われている」という意味である。

[5] I’d like [meet/meeting/to meet] you during my stay in Tokyo.
「東京に滞在している間にできればお会いしたいのですが」
(答え)to meet
I would[I’d] like to do】で、「私は(できれば)~したい(のですが)」という意味である。【I want to do】よりも丁寧で控えめな表現として用いられる。

[6] It is necessary [you/for you/of you] to leave here right away.
「あなたがすぐにここを出発することが必要だ」
(答え)for you
It is +形容詞+for A to do】で、「Aが~することは(形容詞)である」という意味である(この“It”は、「形式主語」と呼ばれるものである)。この表現中の【for A】は、不定詞の意味上の主語(不定詞が表す動作や状態の主体)を明示する。

[7] You should be more careful while you’re driving a car. = You should be more careful [at/for/in] driving a car.
「車を運転するときはもっと注意するべきです」
(答え)in
in ~ing】で、「~する際に(は)」「~しているときに(は)」という意味である。

[8] Someone entered the house through the [breaking/broken] window.
「誰かが壊れた窓からその家に侵入した」
(答え)broken
「分詞」は「形容詞」としての働きを持つが、その中で「過去分詞」(本問では”broken”)の意味は「受動的(又は完了的)」で、通例、「~される(いる)(~してしまった)」となる。

[9] [That/What/Which] he said yesterday is not true.
「昨日彼が言ったことは真実ではない」
(答え)What
「関係代名詞」の”what”は、そのなかに物・事柄を表す先行詞”thing(s)”を含んで、「(する・である)もの・こと」という意味で用いる。【what…the thing(s) which…】と理解する。

[10] 「今日は何日ですか」-「57日です」⇒What [date/day] is it (today)? – May (the) seventh.
(答え)date
What day is it (today)?】は、「今日は何曜日ですか」と、「曜日」を訊く表現である。
「日付」を尋ねる場合、次のようにしてもよい:
What is the date (today)?

[11] One of my [friend/friends] lives in New York.
「私の友人の1人はニューヨークで暮らしています」
(答え)friends
one of ~】=「~の1つ(1人)」の表現で名詞が続く場合、“~”には、通例、「複数名詞(可算名詞の複数形)」がくる。

[12] I’m looking [after/at/for] a watch I left in the kitchen yesterday.
「昨日台所に置き忘れた腕時計を探しているところです」
(答え)for
look for ~】で、「~を探す」という意味である。

[13] He is [old my friend/my friend old/my old friend].
「彼は私の古い友人だ」
(答え)my old friend
形容詞1語だけで名詞を修飾する場合、その形容詞を名詞の「前」に置くのが英語の大原則である。その際、「限定詞」(a, an, the, myなど)があるときは、【限定詞+形容詞1語→名詞】とする。

[14] She enjoyed the party [very/very much].
「彼女はそのパーティーを大いに楽しんだ」
(答え)very much
「とても」「非常に」という意味で「動詞」の意味を強めるのは、【very much】である。【very】は、通例、「形容詞」の意味を(前から)強める。

[15] More [and/or/with] more people begin to use smartphones.
「ますます多くの人がスマホを使い始めている」
(答え)and
more and more+(名)】で、「ますます・いっそう多くの(名)」という意味である。
(注)この”more”は、「多くの」の意味を表す”many”又は”much”の比較級である。

[16] 「今までずっと彼女はいつも1人で暮らしてきた」⇒[U-] now she has always lived alone.
(答え)Until
「~まで(ずっと)」という場合、【until】(又は【till】)を用いる。

[17] The old lady spoke [as/so/such] quietly that I could hardly hear her.
「老女はとても静かな声で話したので、ほとんど聞き取ることができなかった」
(答え)so
so ~ that...】で、「とても(非常に)~なので…」又は「…なほど(それほど)~」という「程度」「結果」の意味を表す。この表現中の“~”の直後には、「形容詞」か「副詞」がくる。
(注)口語では、この“that”はしばしば省略される。

[18] [How/What] a large house yours is!
「あなたの家はなんて大きいの」
(答え)What
【感嘆文】=「何と(なんて)…か」は、通例、“what”又は“how”ではじまる文で表現し、次のように使い分ける:
what+(a[an]+)(形容詞のついた)名詞(+SV!
How+形容詞又は副詞(+SV!

ホームに戻る