KLS英語学習教室

英文法 【時制】に関する確認問題[Basic]

問題数全20題/16題以上正答で確認完了!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] My grandmother usually [goes/went] to bed at ten.

[2] The earth [goes/went] around the sun.

[3] She [is/was] absent from school yesterday.

[4] My grandfather [dies/died] last month.

[5] I [am/was] in Paris two years ago.

[6] Maria [goes/went] to church on Sundays when she was a child.

[7] She [has been/was/will be] in New York next month.

[8] My daughter [has been/was/will be] seventeen years old this (coming) spring.

[9] He [is washing/was washing] his car in the garage now.

[10] She [is sleeping/was sleeping] in her bed then.

[11] It [rained/is raining/was raining] heavily when I got up this morning.

[12] They [were still staying/will still be staying] at the same hotel next week.

[13] He [just leaves/has just left] the office.

[14] They have [already/yet] left Tokyo.

[15] My mother is already back, but my sister has not returned [still/yet].

[16] We [live/lived/have lived] in Kyoto for ten years.

[17] She [stays/stayed/has stayed] in this hotel since last month.

[18] Have you ever [climb/climbing/climbed] Mt. Fuji?

[19] I [write/wrote/have written] her a letter yesterday.

[20] I [see/saw/have seen] her at the restaurant a week ago.
































【解答と解説】

[1] My grandmother usually [goes/went] to bed at ten.
「私の祖母はたいてい10時に床につきます」
(答え)goes
【現在の事柄(事実や状態や習慣的行為)】を表す場合は、【現在時制】(動詞・助動詞の現在形)が用いられる。【usually】は、「ふつう」「いつもは」という意味である。

[2] The earth [goes/went] around the sun.
「地球は太陽の周りをまわっている」
(答え)goes
【一般的真理】を表す場合は、【現在時制】(動詞・助動詞の現在形)が用いられる。

[3] She [is/was] absent from school yesterday.
「彼女はきのう学校を欠席しました」
(答え)was
【過去の事柄(事実や状態や習慣的行為)】を表す場合は、【過去時制】(動詞・助動詞の過去形)が用いられる。【yesterday】は、「昨日(は)」という意味を表し、通例、「過去時制」とともに用いる。

[4] My grandfather [dies/died] last month.
「私の祖父は先月亡くなりました」
(答え)died
【過去の事柄(事実や状態や習慣的行為)】を表す場合は、【過去時制】(動詞・助動詞の過去形)が用いられる。【last ~】は、「(時間的に)この前の~(に)」という意味だが、【last week/month/ year]】=「先週/先月/去年」などは、通例、「過去時制」とともに用いる。

[5] I [am/was] in Paris two years ago.
「私は2年前にパリにいました」
(答え)was
【過去の事柄(事実や状態や習慣的行為)】を表す場合は、【過去時制】(動詞・助動詞の過去形)が用いられる。【~ ago】は、「(今から)~前に」という意味を表し、通例、「過去時制」とともに用いる。

[6] Maria [goes/went] to church on Sundays when she was a child.
「マリアは子供のころ日曜日に教会に通っていました」
(答え)went
全体が【過去の事柄(事実や状態や習慣的行為)】を表す文なので(“when she was a child”に注目)、「過去時制」を用いるのが適切である。

[7] She [has been/was/will be] in New York next month.
「彼女は来月ニューヨークにいるでしょう」
(答え)will be
【未来の事柄】(単純未来・単なる未来)を表す場合は、【未来時制】すなわち【will+動詞の原形】が用いられる。【next ~】は、「(現在を基準に)次の~」という意味を表し、通例、「未来時制」とともに用いる。

[8] My daughter [has been/was/will be] seventeen years old this (coming) spring.
「私の娘はこの春に17歳になります」
(答え)will be
【未来の事柄】(単純未来・単なる未来)を表す場合は、【未来時制】すなわち【will+動詞の原形】が用いられる。【this (coming) ~】は、「この(次に来る)~」という意味を表し、通例、「未来時制」とともに用いる。

[9] He [is washing/was washing] his car in the garage now.
「彼は今ガレージで自分の車を洗っているところです」
(答え)is washing
【現在において進行中の動作】=「~している(ところだ)」は、【現在進行形】すなわち【am[are, is]+動詞の~ing形(現在分詞)】で表す。

[10] She [is sleeping/was sleeping] in her bed then.
「彼女はそのとき自分のベッドで寝ていた」
(答え)was sleeping
【過去において進行中の動作】=「~していた」は、【過去進行形】すなわち【was[were]+動詞の~ing形(現在分詞)】で表す。【then】は、「そのとき(そのころ・あのとき)」という意味である。

[11] It [rained/is raining/was raining] heavily when I got up this morning.
「今朝起きたとき、雨が激しく降っていました」
(答え)was raining
【過去において進行中の動作】=「~していた」は、【過去進行形】すなわち【was[were]+動詞の~ing形(現在分詞)】で表す(“when I got up...”に注目)。

[12] They [were still staying/will still be staying] at the same hotel next week.
「彼らは来週も同じホテルに滞在しているでしょう」
(答え)will still be staying
【未来において進行中の動作】=「~しているだろう」は、【未来進行形】すなわち【will be+動詞の~ing形(現在分詞)】で表す。ここで、【still】は、「(その時も)なお・依然として」という意味である。

[13] He [just leaves/has just left] the office.
「彼はちょうど事務所を出たところです」
(答え)has just left
「(今ちょうど)~した(ところだ)」=【完了(動作が現在の直前に完了したこと)】を表す場合は、通例、【現在完了形】すなわち【have[has]+過去分詞】が用いられる。ここで、【just】は、「ちょうど(今)」「つい今しがた」という意味を表し、「現在完了形」と相性が良い。ただし、<米国>では、この【完了】を「過去時制」で表すことも多い。つまり、“He just left the office.”も<米国>ではしばしば見られる。

[14] They have [already/yet] left Tokyo.
「彼らはもうすでに東京を出発した」
(答え)already
「(今は)もうすでに~した・~して(しまって)いる)」という場合、通例、【already】が【現在完了形】すなわち【have[has]+過去分詞】とともに用いられる。

[15] My mother is already back, but my sister has not returned [still/yet].
「母はもう戻っているが、妹[]はまだ戻っていない」
(答え)yet
「(今のところ)まだ~していない)」という場合、通例、【yet】が【現在完了形の否定文】すなわち【have[has] not+過去分詞】とともに用いられる。この際、【yet】は、通例、文末で用いる。

[16] We [live/lived/have lived] in Kyoto for ten years.
「私たちは京都で10年間暮らしている」
(答え)have lived
「(今までずっと)~である・~している」=【継続(現在まである事柄が継続していること)】を表す場合は、【現在完了形】すなわち【have[has]+過去分詞】が用いられる。ここで、【for ~】は、「~の間(ずっと)」という意味を表し、「現在完了形」と相性が良い。

[17] She [stays/stayed/has stayed] in this hotel since last month.
「彼女は先月からこのホテルに滞在している」
(答え)has stayed
「(今までずっと)~である・~している」=【継続(現在まである事柄が継続していること)】を表す場合は、【現在完了形】すなわち【have[has]+過去分詞】が用いられる。ここで、【since ~】は、「~以来」「~から」という意味を表し、通例、「現在完了形」とともに用いる。

[18] Have you ever [climb/climbing/climbed] Mt. Fuji?
「あなたは富士山に登ったことがありますか」
(答え)climbed
「(今までに)~したことがある」=【経験(現在までに経験したこと)】を表す場合は、【現在完了形】すなわち【have[has]+過去分詞】が用いられる(疑問文は、【Have[Has] + S(主語)+過去分詞...?】とする)。【ever】は、疑問文で用いられるときは「これまでに(今までに)」の意味を表し、この意味では、「現在完了形」とともに使われることが多い。

[19] I [write/wrote/have written] her a letter yesterday.
「私は昨日彼女に1通の手紙を書きました」
(答え)wrote
【現在完了形】=【have[has]+過去分詞】は、「はっきりと過去(の1時点)を明示する語句(副詞語句)」(本問では“yesterday”)とともに用いることはできない。

[20] I [see/saw/have seen] her at the restaurant a week ago.
「1週間前にそのレストランで彼女に会いました」
(答え)saw
【現在完了形】=【have[has]+過去分詞】は、「はっきりと過去(の1時点)を明示する語句(副詞語句)」(本問では“a week ago”)とともに用いることはできない。

ホームに戻る