KLS英語学習教室

英文法 【受動態】に関する確認問題[Basic2]

問題数全10題/8題以上正答で確認完了!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] What language is [speaking/spoke/spoken] in your country?

[2] These dishes [are not cooking/not are cooked/are not cooked] by my mother.

[3] [Did/Were] you introduced to him at the party?

[4] What [be done should/should be doing/should be done] to stop drunk driving?

[5] I [gave/was given/was giving] this watch by my uncle.

[6] This old ring [gave/was given/was giving] my mother by my grandmother.

[7] Their son [named/was naming/was named] Edward.

[8] Our sick grandmother was [looking after/looked after/looked after by] the nurse.

[9] He’s interested [at/in/to] studying Chinese history.

[10] The truth is not known [as/for/to] anybody.
































【解答と解説】

[1] What language is [speaking/spoke/spoken] in your country?
「あなたの国では何語が話されていますか」
(答え)spoken
【受動態】(受身形)=「される」「されている」は、【be+過去分詞】で表す。“speak”(~を話す)の「過去分詞」は、【spoken】である。

[2] These dishes [are not cooking/not are cooked/are not cooked] by my mother.
「これらの料理は母によって作られたものではありません」
(答え)are not cooked
【受動態】の「否定文」は、【be not+過去分詞】とする。

[3] [Did/Were] you introduced to him at the party?
「あなたはそのパーティーで彼に紹介されましたか(彼と引き合わされましたか)」
(答え)Were
【受動態】の「疑問文」は、(過去時制の場合は)“was”又は“were”を主語の前に出して、【Was[Were]S(主語)+過去分詞...?】とする。

[4] What [be done should/should be doing/should be done] to stop drunk driving?
「飲酒運転を止めるために何がなされるべきか」
(答え)should be done
【助動詞】と【受動態】がいっしょに使われる場合は、【助動詞+be+過去分詞】の形をとる。

[5] I [gave/was given/was giving] this watch by my uncle.
「私はこの時計をおじからもらいました」
(答え)was given
give A B】=「ABを与える」では、”A”を主語にした受身の文が可能である:
A be+過去分詞 B=ABを与えられる」

[6] This old ring [gave/was given/was giving] my mother by my grandmother.
「この古い指輪は祖母から母に渡されたものです」
(答え)was given
give A B】=「ABを与える」では、”B”を主語にした受身の文も可能である:
B be+過去分詞 (to) A=BAに与えられる」※”to”の省略が可能。

[7] Their son [named/was naming/was named] Edward.
「彼らの息子はエドワードと名づけられた」
(答え)was named
name A B】=「ABと名づける」を受身にして「Aは(~によって)Bと名づけられる」という場合、【A be named B (by ~】とする。

[8] Our sick grandmother was [looking after/looked after/looked after by] the nurse.
「病気の祖母はその看護師に世話してもらった」
(答え)looked after by
look after ~】=「~を世話する」「~の面倒を見る」の受身は、【be looked after (by ~)】とする。

[9] He’s interested [at/in/to] studying Chinese history.
「彼は中国の歴史を勉強することに関心がある」
(答え)in
be interested in ~】で、「(人が)~に興味関心を抱いている」という意味である。(”by”ではなく”in”を使うと)あるこの(もの)に対する興味関心がある程度長く続いているというニュアンスがある。

[10] The truth is not known [as/for/to] anybody.
「本当のことは誰にも知られていない」
(答え)to
be known to ~】で、「~(人)に知られている」という意味である。一方、【be known for ~】は、「~で知られている」、【be known as ~】は、「~として知られている」という意味である。

ホームに戻る