KLS英語学習教室

英文法 【代名詞】に関する確認問題[Basic]

問題数全14題/11題以上正答で確認完了!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] [He/His/Him] is an old friend of mine.

[2] [They/Their/Them] are in the waiting room.

[3] [We/Our/Us] daughter lives in New York.

[4] She often helps her sisters with [they/their/them] homework.

[5] I dropped your cup and broke [it/it’s/its] handle.

[6] Lucy introduced [I/my/me] to her father.

[7] Father bought a new PC for [we/our/us].

[8] You have a lot of pictures of Mt. Fuji. Can I see some of [they/their/them]?

[9] If you can’t find your umbrella, you can take [my/me/mine].

[10] His car is expensive, but [our/ours/us] is cheap.

[11] Her house is much larger than [he/his/him].

[12] Whose dictionary is this? ― It’s [she/her/hers].

[13] [It/That/This] was raining this morning.

[14] To master a foreign language is not easy. [It/That/This] is not easy to master a foreign language.
































【解答と解説】

[1] [He/His/Him] is an old friend of mine.
「彼は私の古い友人です」
(答え)He
名詞や代名詞が節の「主語」になるときの語形を【主格】というが、【人称代名詞】である「彼」の【主格(彼は・彼が)】は、【he】である。

[2] [They/Their/Them] are in the waiting room.
「彼らは待合室にいます」
(答え)They
名詞や代名詞が節の「主語」になるときの語形を【主格】というが、【人称代名詞】である「彼ら」の【主格(彼らは・彼らが)】は、【they】である。

[3] [We/Our/Us] daughter lives in New York.
「私たちの娘はニューヨークで暮らしています」
(答え)Our
名詞や代名詞が「~の」という意味を表すときの語形を【所有格】というが、【人称代名詞】である「私たち」の【所有格(私たちの)】は、【our】である。

[4] She often helps her sisters with [they/their/them] homework.
「彼女はよく妹たちの宿題を手伝います」
(答え)their
名詞や代名詞が「~の」という意味を表すときの語形を【所有格】というが、【人称代名詞】である「彼女たち」の【所有格(彼女たちの)】は、【their】である。

[5] I dropped your cup and broke [it/it’s/its] handle.
「私はあなたのカップを落として、その取手を壊してしまった」
(答え)its
名詞や代名詞が「~の」という意味を表すときの語形を【所有格】というが、【人称代名詞】である「それ」の【所有格(それの・その)】は、【its】である。
(注)【it’s】は、“it is”又は“it has”の短縮形である。

[6] Lucy introduced [I/my/me] to her father.
「ルーシーは私を彼女の父親に紹介した」
(答え)me
名詞や代名詞が他動詞の「目的語」になるときの語形を【目的格】というが、【人称代名詞】である「私」の【目的格(私を)】は、【me】である。

[7] Father bought a new PC for [we/our/us].
「父は私たちのために新しいPCを買ってくれた」
(答え)us
名詞や代名詞が前置詞の「目的語」になるときの語形を【目的格】というが、【人称代名詞】である「私たち」の【目的格】は、【us】である。

[8] You have a lot of pictures of Mt. Fuji. Can I see some of [they/their/them]?
「富士山の写真をたくさん持っていますね。それらのいくつかを見てもいいですか」
(答え)them
名詞や代名詞が前置詞の「目的語」になるときの語形を【目的格】というが、【人称代名詞】である「それら」の【目的格】は、【them】である。

[9] If you can’t find your umbrella, you can take [my/me/mine].
「あなたの傘が見つからないのなら、わたしのを持って行っていいですよ」
(答え)mine
mine】は、「私のもの」という意味で、通例、名詞の繰り返しを避けるため(先行名詞の代用として)用いる。本問では“my umbrella”の代用である。

[10] His car is expensive, but [our/ours/us] is cheap.
「彼のクルマは高級だが、私たちのは安物だ」
(答え)ours
ours】は、「私たちのもの」という意味で、通例、名詞の繰り返しを避けるため(先行名詞の代用として)用いる。本問では“our car”の代用である。

[11] Her house is much larger than [he/his/him].
「彼女の家は彼のよりもずっと大きい」
(答え)his
his】は、「彼のもの」という意味で、通例、名詞の繰り返しを避けるため(先行名詞の代用として)用いる。本問では“his house”の代用である。
(注)【his】は、「彼の」(「彼」の所有格)という意味にもなる。

[12] Whose dictionary is this? ― It’s [she/her/hers].
「これは誰の辞書ですか」「彼女のものです」
(答え)hers
hers】は、「彼女のもの」という意味で、通例、名詞の繰り返しを避けるため(先行名詞の代用として)用いる。本問では“her dictionary”の代用である。

[13] [It/That/This] was raining this morning.
「今朝は雨が降っていました」
(答え)It
英語では「天候」「寒暖」「時間」「距離」「明暗」などを表す文の主語として【非人称のit】(「それ」というように日本語に訳さない。)を用いることがよくある。

[14] To master a foreign language is not easy. [It/That/This] is not easy to master a foreign language.
「外国語を習得することは簡単なことではない」
(答え)It
後に続く真主語(本当の主語)(本問では“to master...”以下)を受けて文法的に主語として扱われるものを【形式主語】(又は仮主語)と呼ぶ。この【形式主語】は、人称代名詞の【it】を用いる。

ホームに戻る