KLS英語学習教室

英文法 ★中級レベルの定着問題[Intermediate01]

問題数全21題/15題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] Most of the passengers [was/were] killed in the accident.

[2] I will finish it before you [come/will come] to my office.

[3] Lucy promised [me/to me] that she would wait till we came.

[4] 「あなたの家のガレージから何が盗まれたのですか」⇒What was [stolen/stealing] from your garage?

[5] 「彼がこの事件の全容を知っているはずがない」⇒He [can’t/may not/mustn’t] know the whole truth about this case.

[6] He has a large family to [support/support it].

[7] They seem confident of [my not being/not my being/my being not] elected chairman.

[8] She opened the envelop with her [trembling/trembled] hands.

[9] A child [who/whose/whom] parents are dead is called an orphan.

[10] My grandparents lived in the age [what/when/where] there was a worldwide war.

[11] Several [thousand/thousands] of the refugees came to the country over the border.

[12] This is one of the greatest mine [disaster/disasters] of this century.

[13] This is a very comfortable sofa to [lay/lain/lie] on.

[14] All [alive/living] things are made up of cells.

[15] I [entire/entirely/entirety] agree with you.

[16] The narrator has as [a good voice/good a voice/a voice good] as you.

[17] We called our son Dick [after/before/on] Grandfather.

[18] [It/That/Whether] she still lives there or she has gone somewhere doesn’t matter to me.

[19] How [it has decided/it has been decided/has it been decided]?

[20] If I [have/had] more money now, I could buy the new car.

[21] [Has/Had/Will have] it not been for the typhoon, we could have arrived at the island on time.
































【解答と解説】

[1] Most of the passengers [was/were] killed in the accident.
「乗客のほとんどがその事故で亡くなった」
(答え)were
most of ~】=「~のほとんど・大部分」が主語になる場合、動詞は“~”に呼応する(つまり、“~”が単数形なら単数扱い、“~”が複数形なら複数扱いとなる)。

[2] I will finish it before you [come/will come] to my office.
「あなたが私の事務所に来る前にそれを済ませておきます」
(答え)come
【時を表す副詞節】(本問では“before…”(する前に)が「未来」の内容を表す場合、通例、単純未来の“will”は用いず、【現在時制】を用いる。

[3] Lucy promised [me/to me] that she would wait till we came.
「ルーシーは私に私たちが来るまで待っていると約束した」
(答え)me
promise A that…】で、「Aに…ということを約束する」という意味である(文型は【SVIODO】)。

[4] 「あなたの家のガレージから何が盗まれたのですか」⇒What was [stolen/stealing] from your garage?
(答え)stolen
【受動態】=「~される」「~されている」は、【be+過去分詞】で表す。
(注)本問では、疑問詞の”what”が文の「主語」になっている。

[5] 「彼がこの事件の全容を知っているはずがない」⇒He [can’t/may not/mustn’t] know the whole truth about this case.
(答え)can’t
「~するはずがない」は、【cannot do】で表す。

[6] He has a large family to [support/support it].
「彼には扶養しなければいけない大家族がある」
(答え)support
【不定詞】の「形容詞用法」では、【to+動詞の原形】を(代)名詞の「後」に置いて、その(代)名詞の意味を限定する(修飾する)が、本問では、“a large family”が“support”の目的語の関係になっているため、“a large family”を表す代名詞の“it”を“support”の後に重ねて続ける必要はない。

[7] They seem confident of [my not being/not my being/my being not] elected chairman.
「彼らは私が議長に撰ばれないことに自信があるようだ」
(答え)my not being
「動名詞の意味上の主語」を明示するためには、原則として、(代)名詞の「所有格」を動名詞の直前につけて、【所有格+~ing】とする。また、動名詞の「否定形」は、否定語(notnever)を、通例、~ingの直前に置く。この両者が合わさると、通例、【所有格+not~ing】の形をとる。

[8] She opened the envelop with her [trembling/trembled] hands.
「彼女は震える手でその封筒を開けた」
(答え)trembling
【分詞】は、「形容詞」としての働き(名詞を修飾する働き)を持つ。【現在分詞】の意味は「進行的(又は能動的)」で、通例、「~している(~する)」となる。

[9] A child [who/whose/whom] parents are dead is called an orphan.
「親のいない子供は孤児と呼ばれる」
(答え)whose
[先行詞=人][関係代名詞=所有格]の関係を理解する。

[10] My grandparents lived in the age [what/when/where] there was a worldwide war.
「私の祖父母は世界規模の戦争があった時代に生きた」
(答え)when
[先行詞=「時」に関わる語][関係副詞]の関係を理解する。
(注)[先行詞][関係副詞]は、[先行詞][前置詞+which]で書き換えることができる。本問では、”when”=”in which”の関係をとらえる。

[11] Several [thousand/thousands] of the refugees came to the country over the border.
「避難者のうちの数千人が国境を越えてその国にやって来た」
(答え)thousand
”thousand”(千)は、前に数詞(two, threeなど)又は数量形容詞(several, manyなど)を伴う場合でも複数語尾の-sをつけない。

[12] This is one of the greatest mine [disaster/disasters] of this century.
「これは今世紀最大の鉱山災害の1である」
(答え)disasters
one of ~】=「~の1つ(1人)」の表現では、“~”には、通例、「限定複数名詞」(themなどの複数代名詞又はtheなどがついた可算名詞の複数形)がくる。つまり、【one of+限定複数名詞】の形をとる。

[13] This is a very comfortable sofa to [lay/lain/lie] on.
「これは横になるにはとても快適なソファーだ」
(答え)lie
「自動詞」の「横になる」は、【lie】である。その語形変化【lie-lay-lain-lying】も頻出事項なので必ず覚えておくこと。

[14] All [alive/living] things are made up of cells.
「すべての生き物は細胞でできている」
(答え)living
alive】=「(生きて(いる))は、通例、「叙述用法」のみで用いる。「限定用法」の「生きている」は、【living】又は【live】を用いる。

[15] I [entire/entirely/entirety] agree with you.
「私は全面的にあなたに同意します」
(答え)entirely
動詞(本問では”agree with”)を修飾するのは【副詞】である。【entirely】は、「まったく」「すっかり」「完全に」という意味である。

[16] The narrator has as [a good voice/good a voice/a voice good] as you.
「そのナレーターはあなたと同じくらいよい声をしている」
(答え)good a voice
as ~ as...】の”~”中に“a[an]+形容詞+名詞”が入る場合、【as+形容詞+a[an]+名詞+as...】の語順とする(“a[an]”の位置に注目)。

[17] We called our son Dick [after/before/on] Grandfather.
「私たちは祖父にちなんで息子をディックと名付けた」
(答え)after
after ~】には、「~の名をとって」「~にちなんで」という意味がある。

[18] [It/That/Whether] she still lives there or she has gone somewhere doesn’t matter to me.
「彼女がまだそこで暮らしているのか、それともどこかに行ってしまったのかは、私には関係ない」
(答え)Whether
whether…or…】は、「かそれとも…か(ということ)」という意味の「名詞節」を導くことができる。本問では、名詞節としてのwhether節が文の「主語」になっている。

[19] How [it has decided/it has been decided/has it been decided]?
「それはどのように決定されたのか」
(答え)has it been decided
「疑問詞」(本問では”how”)がついた疑問文は、疑問詞を文頭に出して、その後ろを疑問文の語順とする、のが原則である。【疑問詞+have[has]+主語+been+過去分詞...?】(本文は「現在完了の受け身」の文にする必要がある)。

[20] If I [have/had] more money now, I could buy the new car.
「今もっとお金があれば、その新車を買えるのだが」
(答え)had
If S+仮定法過去, Swould[could, might, should] do】の形で、「(事実はそうではないが)もし・仮にならば」又は「(そんなことはないと思うが)もし・仮に…ならば」という意味になる。【仮定法過去】の動詞は「過去形」である。

[21] [Has/Had/Will have] it not been for the typhoon, we could have arrived at the island on time.
「台風がなかったら、私たちは定刻にその島についていたのだが」
(答え)Had
if S+仮定法過去完了(hadp.p.】では常に“if”を省略することができ、その場合、【Had [S] p.p.】と【倒置】にする。 【if it had not been for ~】(もし~がなかったら)では、“if”を省略して、【Had it not been for ~】とすることができる。

ホームに戻る