KLS英語学習教室

英文法 ★中級レベルの定着問題[Intermediate02]

問題数全21題/15題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] There [is/are] plenty of fish in this lake.

[2] Will I get there on time if I [take/took/will take] this train?

[3] The custom has now [become/got] the rule accepted by everyone.

[4] This car accident should [report/reported/be reported] to the police at once.

[5] My mother [could/should/would] usually read me the story when I was a child.

[6] [Maintain/To maintain/Maintenance] friendly diplomatic relations with neighboring countries is very important for our nation.

[7] He wrapped himself around a pillar to avoid [being/to be] swept away by the tsunami.

[8] The little girl held a big basket [to fill/filling/filled] with beautiful flowers.

[9] I’d like to talk with a clerk [who/which/whom] can speak Japanese.

[10] Our school is not very far from the castle [what/where/which] the feudal lord used to live.

[11] My son caught five [fish/fishes] in the river.

[12] This is a genuine Picasso, and [it/it’s/its] owner is our parent company.

[13] My cousin [married with/got married to] a French woman last month.

[14] There was [surprising nothing/nothing surprising] about the matter.

[15] It is becoming [increasing/increasingly] difficult for many people to live within their income.

[16] The new tunnel is [twice longer than/twice as long as/twice as longer as] the old one.

[17] The main bridge [above/across/along] the river was destroyed by the enemy.

[18] Although I may be too optimistic, I believe this problem can be solved. = I may be too optimistic, [because/but/if] I believe this problem can be solved. 

[19] Why [did his promise to you broken/his promise to you was broken/was his promise to you broken]?

[20] If he [tries/tried/had tried] a little harder, he might have succeeded in business.

[21] Never [the man returned/did the man returned/did the man return] to this village.
































【解答と解説】

[1] There [is/are] plenty of fish in this lake.
「この湖には魚が多い」
(答え)are
fish(魚)】は、「単複同形」(単数形と複数形が同じ形)である。本問では”plenty of”(たくさんの)があるため「複数の魚」を意味する。よって、動詞は、「複数」扱い。

[2] Will I get there on time if I [take/took/will take] this train?
「この列車に乗ればそこに期間どおりに着けるだろうか」
(答え)take
【条件を表す副詞節】(本問では“if…”(もしなら))が「未来」の内容を表す場合、通例、単純未来の“will”は用いず、【現在時制】を用いる。

[3] The custom has now [become/got] the rule accepted by everyone.
「その慣習は今ではみんなに受け入れられる規則になっている」
(答え)became
become+名詞】で、「~(名詞)になる」という意味である。同じ意味で“get+名詞”とするのは誤りである。

[4] This car accident should [report/reported/be reported] to the police at once.
「この自動車事故は直ちに警察に報告されるべきだ」
(答え)be reported
「助動詞」と「受動態」がいっしょに使われる場合(本問では、「~される(されている)べきだ」)は、【助動詞+be+過去分詞】(本問では、“should be+過去分詞”)で表す。

[5] My mother [could/should/would] usually read me the story when I was a child.
「子供のころ母はよくその話を読んでくれたものだ」
(答え)would
would (often[usually])+動詞の原形】は、「(よく)~したものだ」「(よく)~したことがあった」という意味で用いる。過去の習慣(的な動作)を回想ないし懐かしむ気持ちがにじむ表現である。

[6] [Maintain/To maintain/Maintenance] friendly diplomatic relations with neighboring countries is very important for our nation.
「近隣諸国と良好な外交関係を維持することは、わが国にとって非常に重要である」
(答え)To maintain
【不定詞(to+動詞の原形)】は、「~すること」という意味(名詞的用法)で、文中で主語になることができる。なお、「動名詞」を使って、“Maintaining...is...”としても意味は変わらない。
(注)「名詞」である“maintenance”を使うのであれば、“(the) maintenance of ~”と続ければ、文法的に正しく、同じ意味になる。

[7] He wrapped himself around a pillar to avoid [being/to be] swept away by the tsunami.
「彼は津波にさらわれないように柱にしがみついていた」
(答え)being
【avoid ~ing】で、「~することを避ける」「~しないようにする」という意味である(不定詞を目的語にしない)。

[8] The little girl held a big basket [to fill/filling/filled] with beautiful flowers.
「その少女は美しい花でいっぱいの大きなかごを抱えていた」
(答え)filled
本問では、「満たされたかご」と解釈するべきだから、「過去分詞」を用いる。
なお、分詞に他の語句がついて(2語以上で)名詞を修飾する場合には、名詞の「後」にまとめて置く:
[(a big) basket]←[filled][with beautiful flowers]

[9] I’d like to talk with a clerk [who/which/whom] can speak Japanese.
「できれば日本語の話せるクラーク(事務員)と話したいのですが」
(答え)who
[先行詞=人][関係代名詞=主格]の関係を理解する。

[10] Our school is not very far from the castle [what/where/which] the feudal lord used to live.
「私たちの学校はその大名がかつて住んでいた城からあまり離れていない場所にあります」
(答え)where
[先行詞=「場所」に関わる語][関係副詞]の関係を理解する。
(注)[先行詞][関係副詞]は、[先行詞][前置詞+which]で書き換えることができる。本問では、”where”=”in which”の関係をとらえる。

[11] My son caught five [fish/fishes] in the river.
「私の息子はその川で5匹の魚を捕まえた」
(答え)fish
fish】(魚)は「可算名詞」であるが、「単複同形」(単数形と複数形が同じ形)の名詞である。よって、通例、複数形でも「複数語尾の-(e)s」をつける必要はなく、”fish”のままでよい。

[12] This is a genuine Picasso, and [it/it’s/its] owner is our parent company.
「これは本物のピカソの作品で、その所有者は当方の親会社です」
(答え)its
「人称代名詞」の”it”の【所有格(それの・その)】は、【its】である。
(注)【it’s】は、“it is”又は“it has”の短縮形である。

[13] My cousin [married with/got married to] a French woman last month.
「私のいとこは先月フランス人女性と結婚しました」
(答え)got married to
marry】は、「~と結婚する」という意味では「他動詞」である。よって、“marry with[to] ~”とするのは誤り。一方、【get married to ~】で、「~と結婚する」(=marry)という意味である。

[14] There was [surprising nothing/nothing surprising] about the matter.
「その件に関しては驚くべきものが一つもなかった」
(答え)nothing surprising
形容詞が「-ingで終わる不定代名詞」(本問では”nothing”)を修飾する場合、例外的に、形容詞1語でも後ろから修飾する点に注意する。つまり、【something/anything/nothing←形容詞1語】とする。

[15] It is becoming [increasing/increasingly] difficult for many people to live within their income.
「多くの人にとって収入内で暮らすことがますます難しくなっている」
(答え)increasingly
形容詞(本問では“difficult”)を修飾するのは【副詞】である。【increasingly】は、「ますます」という意味。

[16] The new tunnel is [twice longer than/twice as long as/twice as longer as] the old one.
「新トンネルは旧トンネルの2倍の長さがある」
(答え)twice as long as
倍数表現の「の2倍だけ~」は、通例、【twice as ~ as…】の形を用いる(“twice”は、通例、比較級とは使わない)。なお、“~”には、形容詞又は副詞の【原級】がくる。

[17] The main bridge [above/across/along] the river was destroyed by the enemy.
「その川に渡した主要な橋は敵に破壊された」
(答え)across
across】は、「~を横切って(横断して)」がその基本的な意味である。

[18] Although I may be too optimistic, I believe this problem can be solved. = I may be too optimistic, [because/but/if] I believe this problem can be solved. 
「楽観過ぎるかも知れないが、私はこの問題は解決できると信じている」
(答え)but
(...)but ~】は、「(だが)しかし~」という意味で、前後の語・句・節を「対立的」「対比的」に結びつける。

[19] Why [did his promise to you broken/his promise to you was broken/was his promise to you broken]?
「彼のあなたとの約束はなぜ破られたのですか」
(答え)was his promise to you broken
「疑問詞」(本問では”why”)がついた疑問文は、疑問詞を文頭に出して、その後ろを疑問文の語順とする、のが原則である。【疑問詞+am[is, are]/was[were]+主語+過去分詞...?】(本文は「受け身」の文にする必要がある)。

[20] If he [tries/tried/had tried] a little harder, he might have succeeded in business.
「もう少しがんばっていたら、彼はビジネスで成功していたかもしれない」
(答え)had tried
If S+仮定法過去完了, Swould[could, might, should] have+p.p.】の形で、「(事実はそうではなかったが)もし・仮にだった(…した)ならば」又は「(そんなことはなかったと思うが)もし・仮に…だった(…した)ならば」という意味になる。【仮定法過去完了】の動詞は「過去完了形」である。

[21] Never [the man returned/did the man returned/did the man return] to this village.
「その男は二度とこの村に戻ってこなかった」
(答え)did the man return
「否定語」である“never”を「強調」のため文頭に出すと【倒置】が起こり、【Neverv[助動詞]SV(原形)】の語順となる。

ホームに戻る