KLS英語学習教室

英文法 ★中級レベルの定着問題[Intermediate03]

問題数全21題/15題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] Economics [is/are] a difficult subject for me.

[2] I don’t know when my husband [finds/will find] a new job in this town.

[3] The government should give [enough water and food for refugees/refugees to enough water and food/refugees enough water and food].

[4] More than one hundred were killed [by/in] the plane crash.

[5] 「このびんのふたがどうしてもはずれない」⇒The top of this bottle [can’t/may not/won’t] come off.

[6] He studied very hard, only [to fail/failing] the entrance examination.

[7] She is always afraid of [to hurt/hurting] his feelings.

[8] Anyone [wishes/is wishing/wishing] to visit this temple is required to apply for it in advance.

[9] The woman [which/whose/whom] Mike is going to marry works for this company.

[10] July 4th is the day [in which/at which/when] the US declared independence from Britain.

[11] 「アジアとアフリカの多くの民族が第二次大戦後に独立を勝ち取った」⇒Many [people/peoples] of Asia and Africa have won independence after the Second World War.

[12] I still remember [her that bracelet/that bracelet of her/that bracelet of hers].

[13] Our plane is approaching [the island/to the island].

[14] What you’re asking for is a [difficulty/difficult] job for them.

[15] It is [absolute/absolutely] impossible to carry out this plan in a week.

[16] Her salary is about four times as large as his. = Her salary is about four times [large/larger/largest] than his.

[17] Most of the Diet members will vote [above/against/among] the bill.

[18] Did they succeed [and/or] fail in the project?

[19] You may [be not/not be] able to get in contact with him even if you go there.

[20] He [won’t be/wouldn’t be/wouldn’t have been] in such trouble now if he had listened to our advice.

[21] Seldom [we have seen/have we seen/have seen we] such a terrible sight!
































【解答と解説】

[1] Economics [is/are] a difficult subject for me.
「経済学は私にとって難しい科目だ」
(答え)is
「学問名」を表す名詞が主語になる場合、その形が複数形でも、動詞は、通例、「単数」扱いとなる(不可算名詞として扱われる)。

[2] I don’t know when my husband [finds/will find] a new job in this town.
「この町で旦那にいつ新しい仕事が見つかるかわからない」
(答え)will find
when…】が、「副詞節」ではなくて、「名詞節」を導く場合、原則どおり、未来の事柄は未来形を用いる。

[3] The government should give [enough water and food for refugees/refugees to enough water and food/refugees enough water and food].
「政府は難民に十分な水と食料を与えるべきだ」
(答え)refugees enough water and food
giveAB】で、「ABを与える」という意味である。この文型では、BAを入れ替えることができる場合が多い。その際、“give”では、【give B to A】とする。

[4] More than one hundred were killed [by/in] the plane crash.
「その飛行機事故で100人を超える人が亡くなった」
(答え)in
「(人が)~(事故・戦争・災害など)で亡くなる」という場合、通例、【人+be killed in ~】とする。

[5] 「このびんのふたがどうしてもはずれない」⇒The top of this bottle [can’t/may not/won’t] come off.
(答え)won’t
【拒絶】=(否定文で)「どうしても~しようとしない」は、【will not[won’t]+動詞の原形】で表す。これは「無生物主語」にも使える。

[6] He studied very hard, only [to fail/failing] the entrance examination.
「彼は懸命に勉強したが、残念ながら入学試験に落ちた」
(答え)to fail
only to do】で、「(しかし結局・残念ながら)~するだけのことだ」「~するということになる」という意味である。この不定詞の用法は、「副詞用法」の【結果】であることを押さえておいてほしい。

[7] She is always afraid of [to hurt/hurting] his feelings.
「彼女はいつも彼の感情を傷つけるのではないかと恐れている」
(答え)hurting
【動名詞】は、文中で「前置詞」(本問では”of”)の目的語になることができる。【前置詞+~すること】という場合、通例、「不定詞」(名詞用法)を使うことができない点に注意する。
(注)”be afraid to do”とすると、通例、「怖くて~することができない(~する勇気がない)」という意味になる。

[8] Anyone [wishes/is wishing/wishing] to visit this temple is required to apply for it in advance.
「この寺を訪れたい人は事前に申し込む必要があります」
(答え)wishing
“wish”は、通例、進行形にしない動詞だが、(現在)分詞の限定用法では、“wishing”として形容詞として使うことができる。
(注)本文を「関係代名詞」を使って表現すると次のようになる:Anyone who wishes to visit this temple is required to apply for it in advance.

[9] The woman [which/whose/whom] Mike is going to marry works for this company.
「マイクが結婚する予定の女性はこの会社で働いています」
(答え)whom
[先行詞=人][関係代名詞=目的格]の関係を理解する。
(注)口語では、「目的格」に”who”を使うことも可能。

[10] July 4th is the day [in which/at which/when] the US declared independence from Britain.
74日はアメリカがイギリスから独立を宣言した日である」
(答え)when
[先行詞=「時」に関わる語][関係副詞]の関係を理解する。
(注)[先行詞][関係副詞]は、[先行詞][前置詞+which]で書き換えることができる。本問では、”when”=”on which”の関係をとらえる。

[11] 「アジアとアフリカの多くの民族が第二次大戦後に独立を勝ち取った」⇒Many [people/peoples] of Asia and Africa have won independence after the Second World War.
(答え)peoples
“people”は、「民族」「国民」<all the people who live in a particular place or belong to a particular country, race, etc.>という意味では、一般の可算名詞と同様に、「複数」を表す場合には、複数語尾の【-s】をつける。

[12] I still remember [her that bracelet/that bracelet of her/that bracelet of hers].
「彼女のあのブレスレットを今でも覚えている」
(答え)that bracelet of hers
冠詞(a, an, the)その他の限定詞(this, that, noなど)と「所有格」は並置できないので、【a/this/that/no+名詞+of+所有代名詞】の形を用いる。

[13] Our plane is approaching [the island/to the island].
「私たちの飛行機は今その島に接近しているところだ」
(答え)the island
approach】は、「(乗り物が)~に近づく」という意味では「他動詞」である。よって、“approach to[toward] ~”は誤り。

[14] What you’re asking for is a [difficulty/difficult] job for them.
「あなたが求めていることは彼らにとっては難しい仕事だ」
(答え)difficult
「名詞」(本問では“job”)を修飾するのは【形容詞】である。【difficulty】は、「困難(難しさ)」という意味の「名詞」である。

[15] It is [absolute/absolutely] impossible to carry out this plan in a week.
「この計画を1週間後に実行することは全く不可能だ」
(答え)absolutely
形容詞(本問では“impossible”)を修飾するのは【副詞】である。【absolutely】は、「完全に」「まったく」という意味。

[16] Her salary is about four times as large as his. = Her salary is about four times [large/larger/largest] than his.
「彼女の給料は彼の約4倍だ」
(答え)larger
- times as ~(原級) as…】=【- times ~(比較級)than...】で、「-倍だけ~」という意味の倍数表現である。

[17] Most of the Diet members will vote [above/against/among] the bill.
「国会議員のほとんどはその法案に反対票を投じるだろう」
(答え)against
against ~】には、「~に反対して」という意味がある。

[18] Did they succeed [and/or] fail in the project?
「彼らはそのプロジェクトに成功したのですか、それとも失敗したのですか」
(答え)or
A or B】は、「AまたはB」という意味で、語・句・節を「選択的」に結びつける。

[19] You may [be not/not be] able to get in contact with him even if you go there.
「たとえあなたがそこに行ったとしても彼と接触できないかもしれない」
(答え)not be
mayなどの助動詞を伴う文を【否定文】にするには、“not”を(最初の)助動詞の直後に置く。本問では、【may not be able to do】とする。

[20] He [won’t be/wouldn’t be/wouldn’t have been] in such trouble now if he had listened to our advice.
「彼が私たちの忠告に耳を傾けていたら、今ころそんな面倒にはなっていないだろうに」
(答え)wouldn’t be
いわゆる「混合型」=「もし(過去に)したならば、(今は)だろう」の文である。この場合、次の形をとる:【If S+仮定法過去完了(hadp.p., Swould[could, might, should] do

[21] Seldom [we have seen/have we seen/have seen we] such a terrible sight!
「そんなひどい光景を目にすることはめったにない」
(答え)have we seen
「否定語」である“seldom”を「強調」のため文頭に出すと【倒置】が起こり、【Seldomv[助動詞]SV】の語順となる。

ホームに戻る