KLS英語学習教室

英文法 ★中級レベルの定着問題[Intermediate05]

問題数全21題/15題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] The United Nations [do/does] an international peace keeping operation.

[2] Do you know if she [comes/will come] to Tokyo next month?

[3] She strongly believes him to be innocent of the crime. = She strongly believes [t-] he is innocent of the crime.

[4] The naughty boys often get [scold/scolding/scolded] by their teacher.

[5] There [would/used to] be a little church on the hill.

[6] He has decided [to be/being] a doctor in the future.

[7] The suspect admitted that he had committed the crime. = The suspect admitted [committing/having committed] the crime.

[8] [To look/Looking/Looked] down from the plane, I was able to see the west coast of the coral island.

[9] Professor Smith mentioned some works in his lecture [those titles/whose the titles/the titles of which] I have never heard of.

[10] There is no good reason [in which/what/why] they should reject our proposal.

[11] There were some [oasis/oases] in the desert.

[12] No one seems to know about the accident yet. = [It/That/What] seems that no one knows about the accident yet.

[13] We need to discuss [the matter/on the matter/about the matter].

[14] Look at that [asleep/sleeping] baby. What a cute baby!

[15] 「当社では、だんだんと、フレックスタイム制を活用する者が増えている」⇒[I-], people are making use of flextime at our company.

[16] I did [badly/worse/worst] on the math exam than I had expected.

[17] The man was leaning [against/for/to] the wall at the entrance.

[18] [Although/But/So] I hurried to the station, I missed the last train.

[19] I have [few/little] money with me now.

[20] What [will you do/would you do/would you have done] if the millionaire gave you a million dollars?

[21] My mother can’t drive a car, and my sister can’t, either. = My mother can’t drive a car, [neither my sister can/nor my sister can/neither can my sister].
































【解答と解説】

[1] The United Nations [do/does] an international peace keeping operation.
「国連は国際的な平野維持活動を行う」
(答え)does
「国家」や「国際機関」を表す名詞が主語になる場合、その形が複数形でも、動詞は、通例、「単数」扱いとなる(「1つのまとまり」と考えられるからである)。【the United Nations(国連)】も、通例、「単数」扱いである。

[2] Do you know if she [comes/will come] to Tokyo next month?
「彼女が来月東京にやって来るかご存知ですか」
(答え)will come
if…】が、「副詞節」ではなくて、「名詞節」を導いて「かどうか(ということ)」という意味で用いられる場合、原則どおり、未来の事柄は未来形を用いる。

[3] She strongly believes him to be innocent of the crime. = She strongly believes [t-] he is innocent of the crime.
「彼女は彼がその犯罪について潔白だと強く信じている」
(答え)that
believe (that)…】で、「だと信じる」という意味である。この”that…”は、後ろに「文」を率いて、「ということ」という意味の「名詞節」を導く(全体の文型は【S+V+O[that]】)。

[4] The naughty boys often get [scold/scolding/scolded] by their teacher.
「そのいたずらな少年たちはよく先生に叱られる」
(答え)scolded
【受身の動作】=「~される」を明示するために、助動詞のbeの代わりに“get”を用いて、【get+過去分詞】とすることがある。

[5] There [would/used to] be a little church on the hill.
「以前その丘に小さな教会があった」
(答え)used to
used to be ~】で、「(以前は)~だった」という意味である(「今はそうではない」を含意する場合が多い)。
(注)「過去の習慣(的な動作)」を表す”would”は、本文のような「過去の状態」を表す文には不適である。

[6] He has decided [to be/being] a doctor in the future.
「彼は将来医者になることを決めた」
(答え)to be
decide to do】で、「~することを決める」「~しようと決心する」という意味である。“decide ~ing”は誤り。

[7] The suspect admitted that he had committed the crime. = The suspect admitted [committing/having committed] the crime.
「容疑者はその犯罪を行ったことを認めた」
(答え)having committed
述語動詞(本問では“admitted過去)よりも「以前の時」(本問では“had committed大過去)のことを明示する場合には、【完了動名詞】=【having+過去分詞】を用いる。

[8] [To look/Looking/Looked] down from the plane, I was able to see the west coast of the coral island.
「飛行機から見下ろすと、そのサンゴの島の西岸が見えた」
(答え)Looking
「時」の意味を表す【分詞構文】である。実質的に、以下と同じ味意味になる:
= When I looked down from the plane, I was able to…

[9] Professor Smith mentioned some works in his lecture [those titles/whose the titles/the titles of which] I have never heard of.
「スミス教授は講義の中で私がタイトルを聞いたことがないいくつかの作品について言及した」
(答え)the titles of which
[先行詞=人以外][関係代名詞=所有格]の関係を理解する。
なお、”...whose titles...”とすれば正しい。

[10] There is no good reason [in which/what/why] they should reject our proposal.
「彼らが私たちの提案を拒むもっともな理由はない」
(答え)why
[先行詞=「理由」に関わる語][関係副詞]の関係を理解する。
(注)[先行詞][関係副詞]は、[先行詞][前置詞+which]で書き換えることができる。本問では、”why”=”for which”の関係をとらえる。

[11] There were some [oasis/oases] in the desert.
「その砂漠にはいくつかのオアシスがあった」
(答え)oases
oasis”(オアシス)は「可算名詞」として用いられ、よって「複数形」を持つが、その「複数形」は【oases】である。

[12] No one seems to know about the accident yet. = [It/That/What] seems that no one knows about the accident yet.
「その事故についてまだ誰も知らないようだ」
(答え)It
It seems[appears] that...】で、「…のようだ」「…らしい」という意味である。
(注)この表現中の”it”【非人称のit】と呼ばれるもので、「形式主語のit」とは違う。

[13] We need to discuss [the matter/on the matter/about the matter].
「私たちはその件について議論する必要がある」
(答え)the matter
discuss ~=「~について議論する」は「他動詞」であるため、“discuss about[on] ~”とするのは誤り。

[14] Look at that [asleep/sleeping] baby. What a cute baby!
「あの眠っている赤ちゃんを見て。なんて可愛いのでしょう」
(答え)sleeping
asleep】=「眠って(いる)」は、通例、「叙述用法」のみで用いる。「限定用法」の「眠っている」は、【sleeping】を用いる。

[15] 「当社では、だんだんと、フレックスタイム制を活用する者が増えている」⇒[I-], people are making use of flextime at our company.
(答え)Increasingly
increasingly】は、「文修飾」として、「(以前より)増して」「だんだんと」「いよいよ」という意味で用いることができる。

[16] I did [badly/worse/worst] on the math exam than I had expected.
「数学の試験が思っていたよりもできが悪かった」
(答え)worse
”badly”(悪く・まずく)の【比較級】は、【worse】である。

[17] The man was leaning [against/for/to] the wall at the entrance.
「その男は入り口の壁に寄りかかっていた」
(答え)against
against ~】には、「~に寄りかかって」(接触)という意味がある。“on”としてもよい。
(注)”lean”は、「傾く」「もたれる」という意味である。

[18] [Although/But/So] I hurried to the station, I missed the last train.
「駅に急いだが、終電に間に合わなかった」
(答え)Although
although…】は、「だけれども」「だが」という「譲歩」の意味を表す。【though…】と同義だが、【although…】の方がやや硬い表現である。

[19] I have [few/little] money with me now.
「今ほとんど現金を持ち合わせていない」
”a”のつかない)“few””little”は、ともに、形容詞として名詞について「ほとんどの~は…ない」という「否定的」な構文をつくるが、その際、「不可算名詞」(本問では”money”)には”little”を用いる。

[20] What [will you do/would you do/would you have done] if the millionaire gave you a million dollars?
「もしその富豪があなたに100万ドルをあげたらどうしますか」
(答え)would you do
If S+仮定法過去】の主節には、【Swould[could, might, should] do】の形を用いる(本文は疑問文になっているため、助動詞が主語の前に出ている)。

[21] My mother can’t drive a car, and my sister can’t, either. = My mother can’t drive a car, [neither my sister can/nor my sister can/neither can my sister].
「私の母は運転できません。姉(妹)もできません」
(答え)neither can my sister
neither”は、「否定文」を受けて、【neitherbe動詞+S】又は【neitherv[助動詞]S(V)】という【倒置】の形をとる。意味は、通例、「(そして)Sも…ない」となる。【nor】にも同様の用法がある。

ホームに戻る