KLS英語学習教室

英文法 ★中級レベルの定着問題[Intermediate06]

問題数全21題/15題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] What storekeepers need most [is/are] immediate financial help.

[2] I will go to your house after the party [is/will be/will have been] over.

[3] Get [me a Coke/a Coke to me], Dad.

[4] When I visited there last year, the church was [rebuilding/be rebuilt/being rebuilt].

[5] 「そのうわさはいったい本当だろうか」⇒[Can/May/Must] the rumor be true?

[6] I didn’t expect [to be/being] invited to your party.

[7] My wife is always complaining about [the kitchen/the kitchen’s] being too small.

[8] [To live/Living/Lived] near my office, I usually walk there.

[9] There are some words [which/whose/that] meanings are not clear in your paper.

[10] [The way how/The way in that/The way] oil prices keep rising these days is unusual.

[11] If you pay cash, we will give you a 10 [percent/percents] discount.

[12] The typhoon appears to have calmed down. = [It/That/What] appears that the typhoon has calmed down.

[13] The injured soldier was [laid/lay/lied] on the stretcher.

[14] The [extreme/extremely] rich were gathering at the party.

[15] She was dancing [wonderful/wonderfully] well on the stage.

[16] She has as [a beautiful voice/beautiful a voice/a voice beautiful] as her elder sister.

[17] There is always a level of social and political unrest [among/between] the people in the country.

[18] [As/Though/Whether] (he is) a president or not, he is to be blamed for the accident.

[19] This hot spring is [few/little] known among people except the locals.

[20] If you [came/had come/should come] near my office, you must drop in.

[21] [It/That/What] is our efforts which can be relied on in the long run.
































【解答と解説】

[1] What storekeepers need most [is/are] immediate financial help.
「商店主たちが最も必要としているのは、迅速な財政支援である」
(答え)is
「単一の名詞節」(本問では”What storekeepers need most”(関係詞節))が主語になる場合、動詞は「単数」扱いとなる。

[2] I will go to your house after the party [is/will be/will have been] over.
「パーティーが終わった後にあなた家に行きます」
(答え)is
「時を表す副詞節」(本問では“after…”=「した後に」)が「未来」の内容を表す場合、通例、単純未来の“will”は用いず、【現在時制】を用いる。

[3] Get [me a Coke/a Coke to me], Dad.
「お父さん、ぼくにコーラを買ってくれよ」
(答え)me a Coke
get A B】で、「ABを手に入れてやる・買ってやる」(文型は【SVIODO】)という意味である。この文型は、【get B for A】とすることができる。

[4] When I visited there last year, the church was [rebuilding/be rebuilt/being rebuilt].
「私が去年そこを訪れたとき、その教会はちょうど改築されているところでした」
(答え)being rebuilt
【過去進行形+受動態】(~されているところだった)は、【was[were]being+過去分詞】で表す。

[5] 「そのうわさはいったい本当だろうか」⇒[Can/May/Must] the rumor be true?
(答え)Can
疑問文で「いったい~であるだろうか」(強い疑念や驚き、いらだちなどの気持ち)は、【Can S(主語) be ~?】で表す。

[6] I didn’t expect [to be/being] invited to your party.
「あなたのパーティーに招待されるとは思っていなかった」
(答え)to be
expect to do】で、「~することを期待する(予測する)」「多分~するだろうと考える」「~するつもりである」という意味である。“expect ~ing”は誤り。

[7] My wife is always complaining about [the kitchen/the kitchen’s] being too small.
「妻はいつも台所が狭すぎることに不満を言っている」
(答え)the kitchen
「動名詞の意味上の主語」を明示するためには、原則として、【所有格+~ing】とするが、動名詞の意味上の主語が「無生物(人や動物以外)」を表す名詞の場合には、通例、(所有格がないので)「目的格」(「主格」と考えても同じ)を使って、【目的格(主格)+~ing】とする。

[8] [To live/Living/Lived] near my office, I usually walk there.
「事務所の近くに住んでいるので、私はたいてい歩いて通勤しています」
(答え)Living
「原因・理由」の意味を表す【分詞構文】である。実質的に、以下と同じ味意味になる:
= Because[As, Since] I live near the office, I...

[9] There are some words [which/whose/that] meanings are not clear in your paper.
「あなたのレポートの中には意味があいまいな単語がいくつかあります」
(答え)whose
[先行詞=人以外][関係代名詞=所有格]の関係を理解する。
(注)「関係代名詞」のthatには「所有格」はない。

[10] [The way how/The way in that/The way] oil prices keep rising these days is unusual.
「最近の原油価格の上がり方は尋常ではない」
(答え)The way
the way (in which)…】で、「…する方法/様子(ありさま)」という意味である。“the way how...”と言わない点に注意する。

[11] If you pay cash, we will give you a 10 [percent/percents] discount.
「現金でお支払いなら、10%の割引が受けられます」
(答え)percent
“percent”(パーセント)は、前に数詞(two, threeなど)を伴う場合でも複数語尾の“-s”をつけない。【数詞+percent】とする。

[12] The typhoon appears to have calmed down. = [It/That/What] appears that the typhoon has calmed down.
「台風が収まったようだ」
(答え)It
It appears that...で、「…のようだ」「…らしい」という意味である。【It seems that...】と同義である。
(注)この表現中の”it”【非人称のit】と呼ばれるもので、「形式主語のit」とは違う。

[13] The injured soldier was [laid/lay/lied] on the stretcher.
「その負傷した兵士は担架に寝かされた」
(答え)laid
「受け身」の文なので、「他動詞」である「~を横たえる(横にする)」の「過去分詞」を選択する。【lay ~】(~を横たえる・横にする)の語形変化【lay-laid-laid-laying】は頻出事項である。

[14] The [extreme/extremely] rich were gathering at the party.
「パーティーにはかなりの金持ち連中が集まっていた」
(答え)extremely
the+形容詞】で、通例、「~な人たち」という意味で用いる(つまり、“the rich=rich people”を表す)。そうすると、”rich”は「形容詞」であるため、これを修飾するのは「副詞」ということになる。

[15] She was dancing [wonderful/wonderfully] well on the stage.
「彼女は舞台の上ですばらしく上手に踊っていた」
(答え)wonderfully
(他の)副詞(本問では“well”)を修飾するのは【副詞】である。【副詞】には、形容詞語尾に【-ly】をつけて終わるものが多い。

[16] She has as [a beautiful voice/beautiful a voice/a voice beautiful] as her elder sister.
「彼女は姉さんと同じくらい美しい声をしている」
(答え)beautiful a voice
as ~ as...】の”~”中に“a[an]+形容詞+名詞”が入る場合、【as+形容詞+a[an]+名詞+as...】の語順とする(“a[an]”の位置に注目)。

[17] There is always a level of social and political unrest [among/between] the people in the country.
「その国の人たちの間には常にあるレベル(水準)の社会的政治的不安がある」
(答え)among
among ~】は、「~(3つ・3人以上)に囲まれて」ないし「~(3つ・3人以上)の間で(に)」がその基本の意味である。これに対して、【between ~】の基本な意味は、「~(2つ・2人)の間で(に)」である。

[18] [As/Though/Whether] (he is) a president or not, he is to be blamed for the accident.
「社長であろうがなかろうが、彼はその事故について非難されて当然だ」
(答え)Whether
whether…or not】は、「であろうとなかろうと」「しようがしまいが」という意味の「副詞節」を導くことができる。

[19] This hot spring is [few/little] known among people except the locals.
「この温泉は地元の人を除いて人々にほとんど知られていない」
(答え)little
”a”のつかない)”little”には、「ほとんど…ない」という意味の「副詞」の用法がある(fewにこのような用法はない)。

[20] If you [came/had come/should come] near my office, you must drop in.
「私の事務所の近くに来るようなことがあれば、ぜひ立ち寄ってください」
(答え)should come
if S should do】で、【実現可能性が低い未来の事柄】=「(将来)万一…ならば」「万一…でも」の意味を表す。
(注)主節は「直説法現在」を使った文(普通の現在形の文)にしてもよい。

[21] [It/That/What] is our efforts which can be relied on in the long run.
「最終的に頼りになるのは自分たちの努力である」
(答え)It
It is [A] that…】で、[A]を強調する構文(いわゆる【強調構文】)となる。[A]に「物事」を表す名詞がくる場合、”that”の代わりに”which”を使うこともできる。
(注)強調構文を使わない素の文:Our efforts can be relied on in the long run.

ホームに戻る