KLS英語学習教室

英文法 ★中級レベルの定着問題[Intermediate08]

問題数全21題/15題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] His shoes are clean, but mine [is/are] dirty.

[2] The ship [arrived/has arrived/is arriving] in port tomorrow afternoon.

[3] On-line shopping will save [you a few dollars/a few dollars to you].

[4] A person wearing a mask was seen [break/to break] into the bank.

[5] Tomorrow [is able/is going/has] to be another hot day.

[6] My grandmother lived [to be/being] ninety.

[7] The little boy barely escaped [to be hit/being hit] by a truck.

[8] [To like/Liking/Liked] the shape of this car, I don’t like its color.

[9] Where are the brochures [that/those/what] were sent yesterday?

[10] I went into the house, [that/what/where] I found a man lying on the floor.

[11] There is little evidence to support these [hypothesis/hypotheses].

[12] Mastering a foreign language in just a year or so is difficult. = [It/That/What] is difficult to master a foreign language in just a year or so.

[13] My elder sister is [resembling/resembling to] my mother more and more.

[14] If [you are not inconvenient/it is not inconvenient to you], I’d like to call on you this evening.

[15] Now that she is a team leader, we should treat her [accordance/according/accordingly].

[16] A senior manager is inferior [against/than/to] a general manager in this company.

[17] 「原油価格が最近2割落ち込んだ」⇒Oil prices have decreased [at/by/in] 20 percent recently.

[18] [During/Before/While] you were out, a Mr. Sato came to see you.

[19] We have seldom come across such a scene here, [have/haven’t] we?

[20] We arrived at the theater thirty minutes earlier, otherwise we could not have got good seats.
= If we [didn’t arrive/haven’t arrived/hadn’t arrived] at the theater thirty minutes earlier, we could not have got good seats.

[21] 「この靴をはけば楽に山登りができるでしょう」⇒These shoes will [a-] you to climb mountains with ease.
































【解答と解説】

[1] His shoes are clean, but mine [is/are] dirty.
「彼のシューズがきれいだが、私のは汚れている」
(答え)are
「所有代名詞」が主語になる場合、それを指すものが単数か複数かで単数扱いか複数扱いかが決まる。本問では、”mine = my shoes”なので、複数扱いとなる。

[2] The ship [arrived/has arrived/is arriving] in port tomorrow afternoon.
「その船は明日の午後に港に到着する予定です」
(答え)is arriving
「近い未来の予定」を表す場合に、【現在進行形】=【am[are, is]+現在分詞】が用いられることがある。特に「往来発着」を表す動詞でみられる用法である。なお、未来の事柄なので、“...will arrive...”としてもよい。

[3] On-line shopping will save [you a few dollars/a few dollars to you].
「ネットショッピングを使えば数ドルの節約になるでしょう」
(答え)you a few dollars
save A B】で、「AB(金額・時間・労力など)を節約させる・省く」(文型は【SVIODO】)という意味である。“save B to A”とは言わない。

[4] A person wearing a mask was seen [break/to break] into the bank.
「マスクをつけた人物が銀行に押し入るのが目撃された」
(答え)to break
【知覚動詞+Ado(原形不定詞)】型の文を受身にする文では、原形不定詞をto不定詞にする必要がある。つまり、本問では、【A be seen to do】とする。

[5] Tomorrow [is able/is going/has] to be another hot day.
「明日はまた暑い一日になりそうだ」
(答え)is going
be going to do】には、【(人の意志に関係なく起こると見込まれる)近い未来の予測】=「~しそうだ」「(もうすぐ)~しようとしている」という意味がある。

[6] My grandmother lived [to be/being] ninety.
「私の祖母は90歳まで生きました」
(答え)to be
live to be ~】で、「~歳まで生きる」という意味である。この表現中の不定詞が「副詞用法」の1つである「結果」であることを押さえる。

[7] The little boy barely escaped [to be hit/being hit] by a truck.
「その少年はかろうじてトラックにひかれるところを免れた」
(答え)being hit
escape ~ing】で、「~することを(うまく)逃れる」という意味である。escape”は「不定詞」を目的語にできない点に注意する。

[8] [To like/Liking/Liked] the shape of this car, I don’t like its color.
「この車の形は好きだが、色が気に入らない」
(答え)Liking
「譲歩」の意味を表す【分詞構文】である。実質的に、以下と同じ味意味になる:
= Though I like the shape of this car, I don’t...

[9] Where are the brochures [that/those/what] were sent yesterday?
「昨日送られてきたパンフレットはどこにありますか」
(答え)that
[先行詞=人以外][関係代名詞=主格]の関係を理解する。
(注)本文は、(主格の関係代名詞の)whichと交換可能である。

[10] I went into the house, [that/what/where] I found a man lying on the floor.
「私はその家に入っていったが、そこで1人の男が床に倒れているのに気付いた」
(答え)where
「関係副詞」の”where”の「非制限用法」で、通例、【..., and[but, because] there...】を意味する。
(注)関係副詞のthatは、非制限用法で使うことはできない。

[11] There is little evidence to support these [hypothesis/hypotheses].
「これらの仮説を裏付ける証拠はほとんどない」
(答え)hypotheses
hypothesis”(仮説)は「可算名詞」であり、よって「複数形」を持つが、その「複数形」は【hypotheses】である。

[12] Mastering a foreign language in just a year or so is difficult. = [It/That/What] is difficult to master a foreign language in just a year or so.
「外国語を1年かそこらで習得することは困難だ」
(答え)It
【形式主語のit】である。これは後に続く「真主語」(本問では“to master...”以下の不定詞句)を受ける。

[13] My elder sister is [resembling/resembling to] my mother more and more.
「姉はますます母に似てきている」
(答え)resembling
resemble ~】=「~に似ている」は「他動詞」である。よって、“resemble to ~”とするのは誤り。
(注)「だんだん似てくる」という含みがある場合には進行形を使うことがある。

[14] If [you are not inconvenient/it is not inconvenient to you], I’d like to call on you this evening.
「ご迷惑でなければ、今夜伺いたいのですが」
(答え)it is not inconvenient to you
inconvenient】は、「(物事や場所が人にとって)不便な・都合の悪い」という意味であり、人」を主語にしない形容詞である。
(注)本文中の“it”は事情や状況を漠然と示している。

[15] Now that she is a team leader, we should treat her [accordance/according/accordingly].
「今や彼女はチームリーダーなのだから、私たちは彼女を相応に扱うべきだ」
(答え)accordingly
accordingly】は、(前文に呼応して)「それに応じて(相応に)」という意味を表す「副詞」である。
(注)この意味では、(文頭ではなく)動詞の後に置く。

[16] A senior manager is inferior [against/than/to] a general manager in this company.
「この会社では、シニアマネージャーはゼネラルマネージャーよりも下位である」
(答え) to
A is inferior to B】で、「ABより劣っている(下位である)」という意味である。この表現で、“than”を用いるのは誤り。

[17] 「原油価格が最近2割落ち込んだ」⇒Oil prices have decreased [at/by/in] 20 percent recently.
(答え)by
by ~】には、「~分だけ」「~の差で」(程度差)という意味がある。

[18] [During/Before/While] you were out, a Mr. Sato came to see you.
「あなたが外出中に、佐藤さんという方があなたを訪ねて来ました」
(答え)While
while…】は、「接続詞」として「している間に」という意味がその基本である。
(注)【during ~=「~の間に」は、「前置詞」であって、「接続詞」ではない。

[19] We have seldom come across such a scene here, [have/haven’t] we?
「ここでそんな場面に出くわすことはめったにありませんよね」
(答え)have
seldom】=「めったに…ない」(=rarely)は、(準)否定語(否定の副詞)として扱われるため、【付加疑問】では、通例、肯定形をとる。

[20] We arrived at the theater thirty minutes earlier, otherwise we could not have got good seats.
= If we [didn’t arrive/haven’t arrived/hadn’t arrived] at the theater thirty minutes earlier, we could not have got good seats.
「劇場に30分早く着いていなかったら、良い席を取れなかっただろう」
(答え)hadn’t arrived
otherwise】には、前文を受けて「(過去に)もしそうでなかったら」(=if not)という意味の用法があり、この用法では、述部に【助動詞の過去形+have(p.p.)】が使える。したがって、これと同等の意味は、【if+S+仮定法過去完了】で表す。

[21] 「この靴をはけば楽に山登りができるでしょう」⇒These shoes will [a-] you to climb mountains with ease.
(答え)allow
allow A to do】=「Aが~するのを許す・可能にする」を使った【無生物主語構文】である。直訳(「この靴はあなたが容易に山を登るのを可能するだろう」)と比較せよ。

ホームに戻る