KLS英語学習教室

英文法 ★中級レベルの定着問題[Intermediate10]

問題数全21題/15題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] It is said that in general the young [is/are] not much interested in politics.

[2] I will stay in my office until you [finish/will finish] your work.

[3] I’d like to have this PC [repair/repairing/repaired].

[4] People say that the politician is suffering from a serious disease.
= The politician is said [to be/that he is] suffering from a serious disease.

[5] It [can/may/must] well rain tonight.

[6] We took a taxi so as [not to/to not] be late for the meeting.

[7] We cannot possibly know what they will do next. = [T-] is no knowing what they will do next.

[8] Anyone [wants/wanted/wanting] to participate in this event is welcome.

[9] This PC, [that/which/of which] I bought five years ago, is now old-fashioned.

[10] They did whatever is necessary to save the child’s life. = They did [something/anything/nothing] that is necessary to save the child’s life.

[11] The police officer caught the man by [an/his/the] arm.

[12] His children are all boys, while [that/these/those] of his younger sister are all girls.

[13] 「きみたちの計画性のなさでハチャメチャな結果になった」⇒Your lack of planning resulted [from/in] total confusion.

[14] I will give you [special something/something special] for your coming birthday.

[15] The last night’s game was [very/very much] exciting.

[16] Ms. Baker is not [so/such/very] old as she looks.

[17] She is still [among/beneath/under] twenty.

[18] She was so [a young teacher/young a teacher] that she couldn’t deal with the difficult student.

[19] How come [didn’t you/you didn’t] take me there?

[20] If it [were not /had not been /has not been] for your advice at that time, we would be in trouble now.

[21] 「ひどい頭痛のせいで私は会議に出席できなかった」⇒A bad headache [p-] me from attending the meeting.
































【解答と解説】

[1] It is said that in general the young [is/are] not much interested in politics.
「若者は概して政治にあまり関心がないと言われている」
(答え)are
the+形容詞】=「~(形容詞)な人たち」が主語になる場合、動詞は、通例、「複数」扱いとなる(“the young=young people”)。

[2] I will stay in my office until you [finish/will finish] your work.
「君がその仕事を終えるまで私は事務所にいます」
(答え)finish
「時を表す副詞節」(本問では“until…”(までずっと))が「未来」の内容を表す場合、通例、単純未来の“will”は用いず、「現在時制」を用いる。

[3] I’d like to have this PC [repair/repairing/repaired].
「このパソコンを修理して欲しいのですが」
(答え)repaired
have A B(過去分詞)】で、ここでは、「ABさせる・してもらう」という意味である。これは、【ShaveOC】の文型で、「[O]が~される状態を(主語が)持つ」と考えればよい。

[4] People say that the politician is suffering from a serious disease.
= The politician is said [to be/that he is] suffering from a serious disease.
「人の話では、その政治家は深刻な病気を患っているそうだ」
(答え)to be
be said to be ~】で、「~であるという話(うわさ)だ」=【People[They] say (that)…】という意味である。

[5] It [can/may/must] well rain tonight.
「今夜はたぶん雨だろう」
(答え)may
may[might] well do】は、通例、①「~するのももっともだ(当然だ)」又は②「多分(おそらく)~だろう」のいずれかの意味を表す(ここでは②の意味)。

[6] We took a taxi so as [not to/to not] be late for the meeting.
「会議に遅れないように私たちはタクシーを使った」
(答え)not to
so as not to do】で、「~しないように(するために)」=【in order not to do】という意味である。

[7] We cannot possibly know what they will do next. = [T-] is no knowing what they will do next.
「彼らが次に何をするかなんてとても知れたものじゃない」
(答え)There
there is no ~ing】で、「とても~することはできない」「~することはとても難しい」という意味である。
(注)【cannot possibly do】は、「どうあっても(とても)~することはできない」という意味である。

[8] Anyone [wants/wanted/wanting] to participate in this event is welcome.
「このイベントに参加したい人は誰でも歓迎されます」
(答え)wanting
本問では、「参加したい人(誰でも)」と解釈するべきだから、「現在分詞」を用いる。なお、”want”は、通例、進行形にしない動詞だが、(現在)分詞の限定用法では、“wanting”として形容詞として使うことができる。
(注)本文を「関係代名詞」を使って表現すると次のようになる:Anyone who wants to participate in this event is welcome.

[9] This PC, [that/which/of which] I bought five years ago, is now old-fashioned.
「このPC(パソコン)は5年前に買ったものだが、今では旧式である」
(答え)which
関係代名詞の「非制限用法」では、通例、関係代名詞の前にコンマが置かれ、【..., and[but, because]...】と書き換え可能なことが多い。
(注)関係代名詞のthatは、非制限用法で使うことはできない。

[10] They did whatever is necessary to save the child’s life. = They did [something/anything/nothing] that is necessary to save the child’s life.
「彼らはその子の命を救うために必要なことをすべてした」
(答え)anything
「複合関係(代名)詞」の【whatever...】は、「するもの(こと)を何でも」=【anything that...】という意味の「名詞節」を導く。

[11] The police officer caught the man by [an/his/the] arm.
「警官は男の腕をつかんだ」
(答え)the
V+人+前置詞+the+人の体の部分】の形をとる構文で、定冠詞のtheを使うのがポイントである。”The police officer caught the man’s arm.”としても日本語にすれば同じだが、前者の表現では、しばしば、主語がその「人」に対して何らかの感情を伴ってその行為をするというニュアンスがある。

[12] His children are all boys, while [that/these/those] of his younger sister are all girls.
「彼の子供はみんな男の子だが、彼の妹の子供はみんな女の子だ」
(答え)those
「指示代名詞」のthose(それら・彼ら)には、前出の(先行する)複数名詞(「人」を表す名詞は含む。)の繰り返しを避ける用法がある。ここでは、those = the childrenである。

[13] 「きみたちの計画性のなさでハチャメチャな結果になった」⇒Your lack of planning resulted [from/in] total confusion.
(答え)in
A result in B】は、「Aは(結果として)Bに終わる・Bの結果になる」という意味である。一方、【A result from B】は、「Aは(結果として)Bから生じる(Bによって起こる)」という意味である。

[14] I will give you [special something/something special] for your coming birthday.
「今度のきみの誕生日に特別な物を贈ります」
(答え)something special
形容詞が「-ingで終わる不定代名詞」(本問では”something”)を修飾する場合、例外的に、形容詞1語でも後ろから修飾する点に注意する。

[15] The last night’s game was [very/very much] exciting.
「昨夜の試合は非常にワクワクするものだった」
(答え)very
(形容詞化した)「現在分詞」の意味を強めるには、【very(とても・非常に)】を用いる。この場合、【very→現在分詞】とする。
(注)【very much】は、通例、「動詞」の意味を強める。

[16] Ms. Baker is not [so/such/very] old as she looks.
「ベーカーさんは見かけほどの年ではありません」
(答え)so
as+原級+as...】(同等比較)の否定形は、【not as[so]+原級+as...】=「(と同じ)ほど~ではない」である。

[17] She is still [among/beneath/under] twenty.
「彼女はまだ20歳になっていません」
(答え)under
under ~】には、「(数量が)~未満で(の)」という意味がある。

[18] She was so [a young teacher/young a teacher] that she couldn’t deal with the difficult student.
「彼女は教師として若すぎて、その難しい生徒に対処することができなかった」
(答え)young a teacher
so ~ that...=「とても(非常に)~なので…」「…なほど(それほど)~」”~”中に“a[an]+形容詞+名詞”が入る場合、【so+形容詞+a[an]+名詞+that...】の語順とする(“a[an]”の位置に注目)。
= She is such a young teacher that…

[19] How come [didn’t you/you didn’t] take me there?
「どうして私をそこに連れていってくれなかったのか」
(答え)you didn’t
How come...?”は、「どうして(なぜ)…か」という意味の口語表現であるが、【How come+平叙文(S+V...の語順をとる文)?】である点に注意する。同じ意味を“Why...?”で表現すると、Why didn’t you take me there? となる。

[20] If it [were not /had not been /has not been] for your advice at that time, we would be in trouble now.
「あの時あなたの助言がなかったら、今頃私たちは面倒なことになっているだろう」
(答え)had not been
if it had not been for ~】で、「(過去に)もし~がなかったら」(=but for ~, without ~)という意味である。本問は、いわゆる「混合型」(過去に~だったら、今は…だろう)の仮定法の文である。

[21] 「ひどい頭痛のせいで私は会議に出席できなかった」⇒A bad headache [p-] me from attending the meeting.
(答え)prevented
prevent A from ~ing】=「Aが~するのを妨げる・妨害する」を使った「無生物主語構文」である。直訳(「ひどい頭痛は私が会議に出席するのを妨げた」)と比較せよ。

ホームに戻る