KLS英語学習教室

英文法 ★中級レベルの定着問題[Intermediate11]

問題数全21題/15題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] Statistics [suggest/suggests] that the population of this city will double in five years.

[2] By the time you [arrive/will arrive] here, we will have finished setting up the tent.

[3] She got very [nervous/nervously/nervousness] when she entered the room for a job interview.

[4] Who was America discovered [as/by/with]?

[5] I [would not rather/would rather not] stay here by myself.

[6] My daughter wishes [to study/studying] in Paris someday.

[7] He is thoroughly ashamed of [to have/having] behaved so badly at the party yesterday.

[8] I want to have [an eggplant baked/a baked eggplant] with a cold glass of beer.

[9] The women [who/whose/whom] are quarreling with each other over there are Beth and Mika.

[10] If the agricultural technology is developed, the day may come [what/when/where] there is no starvation in this region.

[11] There are two different [analysis/analyses] of the political situation in this country.

[12] I will show you [my these rare stamps/these my rare stamps/these rare stamps of mine].

[13] There is a long pole [laying/lying] on your desk.

[14] Greek is [an alive/a living] language.

[15] The President [complete/completely] trusts what the secretary says.

[16] This lake is [as/more/very] mysterious as beautiful.

[17] Most of the employees are [above/against/among] working on Saturdays.

[18] Though the man apologized to the woman, she didn’t accept it. = The man apologized to the woman [and/but/or] she didn’t accept it.

[19] [Little child/Few child/Few children] were in the playground.

[20] Sara [came/would come/would have come] if you had invited her to the party last night.

[21] [Is/Was/Were] it not for protection given by human beings, these animals could not live in this forest any more.
































【解答と解説】

[1] Statistics [suggest/suggests] that the population of this city will double in five years.
「統計から推測すると、この市の人口は5年後に2倍になるだろう」
(答え)suggest
statistics】は、「学問名」としての「統計学」という意味では「単数」扱い(不可算名詞扱い)だが、「統計(の数値)」という意味では、動詞は、通例、「複数」扱いとなる。

[2] By the time you [arrive/will arrive] here, we will have finished setting up the tent.
「君がここに到着するときまでには、テントの設営を終えているだろう」
(答え)arrive
「時を表す副詞節」(本問では“by the time…”=「する時までに(は)」)が「未来」の内容を表す場合、通例、単純未来の“will”は用いず、「現在時制」を用いる。

[3] She got very [nervous/nervously/nervousness] when she entered the room for a job interview.
「就職面接でその部屋に入ったとき、彼女はとても緊張した」
(答え)nervous
get+形容詞】で、「~(形容詞の状態に)になる」(文型は【SVC】)という意味である。

[4] Who was America discovered [as/by/with]?
「アメリカは誰によって発見されたか」
(答え)by
Who(m) was[were]S+過去分詞+by?】=「S(主語)は誰によって~されたか」という形の受身の疑問文である。この【by】は、「~によって」という「行為の主体」を表す。

[5] I [would not rather/would rather not] stay here by myself.
「できれば一人でここにいたくありません」
(答え)would rather not
would rather do】=「むしろするほうがよい」「どちらかと言えば~したい」の否定形は、【would rather not do】とする。

[6] My daughter wishes [to study/studying] in Paris someday.
「私の娘はいつかパリで学びたいと思っている」
(答え)to study
wish to do】で、「(できれば)~したいと思う」という意味(”want to do”よりも丁寧な表現)である。“wish ~ing”は誤り。

[7] He is thoroughly ashamed of [to have/having] behaved so badly at the party yesterday.
「彼は昨日のパーティーであんなに無作法に振舞ったことを大いに恥じている」
(答え)having
「動名詞」は、文中で「前置詞」(本問では”of”)の目的語になることができる。【前置詞+~すること】という場合、通例、「不定詞」(名詞用法)を使うことができない点に注意する。なお、本文の動名詞は「完了動名詞」=【having+過去分詞】である。

[8] I want to have [an eggplant baked/a baked eggplant] with a cold glass of beer.
「冷えたビールと一緒に焼きナスが食べたい」
(答え)a baked eggplant
「分詞」が単独で(1語で)名詞を修飾する場合には、「分詞」を修飾したい名詞の「前」に置く。

[9] The women [who/whose/whom] are quarreling with each other over there are Beth and Mika.
「向こうで言い争っている女性は、ベスとミカだ」
(答え)who
[先行詞=人][関係代名詞=主格(”the women””they””who”]の関係を理解する。

[10] If the agricultural technology is developed, the day may come [what/when/where] there is no starvation in this region.
「その農業技術が開発されれば、この地域に飢餓のない日が来るかもしれない」
(答え)when
[先行詞=「時」に関わる語(”the day”][関係副詞(”on the day””when””on which”]の関係を理解する。

[11] There are two different [analysis/analyses] of the political situation in this country.
「この国の政治情勢に関する2つの異なった分析がある」
(答え)analyses
analysis”(分析)が「可算名詞」として用いられる場合「複数形」を持つが、その「複数形」は【analyses】である。

[12] I will show you [my these rare stamps/these my rare stamps/these rare stamps of mine].
「私のこれらの珍しい切手をお見せしましょう」
(答え)these rare stamps of mine
冠詞(a, an, the)その他の限定詞(these, those, some, noなど)と「所有格」は並置できないので、本問の場合、【these+(形容詞+)名詞+of+所有代名詞】の形を用いる。

[13] There is a long pole [laying/lying] on your desk.
「あなたの机の上に長い棒が置いてあります」
(答え)lying
「自動詞」の「横になる」「(横にして)置いてある」は、【lie】である。その現在分詞は【lying】である。
(注)【laying】は、「他動詞」の【lay】=「~を横たえる(横にする)」の現在分詞である。

[14] Greek is [an alive/a living] language.
「ギリシャ語は現在使われている言語である」
(答え)a living
alive】=「(生きて(いる))は、通例、「叙述用法」のみで用いる。本問では、「限定用法」にも使える【living】=「生きている」「現在使われている」を用いる。

[15] The President [complete/completely] trusts what the secretary says.
「大統領はその秘書官の言うことを全面的に信用している」
(答え)completely
動詞(本問では”trust”)を修飾するのは「副詞」である。【completely】は、「完全に」「すっかり」という意味である。

[16] This lake is [as/more/very] mysterious as beautiful.
「この湖は美しいのと同時に神秘的である」
(答え)as
as+原級+as…】で、「同等比較」=「…と同じくらい~」を表す。

[17] Most of the employees are [above/against/among] working on Saturdays.
「従業員のほとんどは土曜日に働くことに反対している」
(答え)against
against ~】には、「~に反対して」という意味がある。

[18] Though the man apologized to the woman, she didn’t accept it. = The man apologized to the woman [and/but/or] she didn’t accept it.
「その男は女性に謝罪したが、彼女は受け入れなかった」
(答え)but
(...)but ~】は、「(だが)しかし~」という意味で、前後の語・句・節を「対立的」「対比的」に結びつける。

[19] [Little child/Few child/Few children] were in the playground.
「運動場にはほとんど子供がいなかった」
(答え)Few children
”a”のつかない)“few””little”は、ともに、形容詞として名詞について「ほとんどの~は…ない」という「否定的」な構文をつくるが、その際、「可算名詞の複数形」(本問では”children”)には”few”を用いる。
few+可算名詞の複数形】の形に注意する。

[20] Sara [came/would come/would have come] if you had invited her to the party last night.
「昨夜のパーティーにサラを招待していたら、彼女は来ただろうに」
(答え)would have come
「仮定法過去完了」の文である。この場合、主節は、【Swould[could, might, should] have+p.p.】の形を用いる

[21] [Is/Was/Were] it not for protection given by human beings, these animals could not live in this forest any more.
「人間による保護がなければ、これら動物はこの森でもはや暮らしていくことはできない」
(答え)Were
If S+仮定法過去...】では、“if”を省略できる場合がある(動詞が“were”の場合にはifの省略可能)。そして、“if”を省略できる場合に“if”を省略すると「倒置」を起こす点に注意する。【if it were not for ~】=「もし~がなければ」では、“if”を省略して、【Were it not for ~】とすることができる。

ホームに戻る