KLS英語学習教室

英文法 ★中級レベルの定着問題[Intermediate12]

問題数全21題/15題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] A child whose parents are dead [is/are] called an orphan.

[2] School [begins/began/has begun] next week.

[3] The students fell [silence/silent/silently] when the teacher entered the classroom.

[4] She got [marry/marrying/married] to her former boss last year.

[5] She [won’t/isn’t going to] be at her office now.

[6] Political leaders desire [to recover/recovering] the peace and order at once.

[7] It was a fantastic experience [work/working] together with strangers in a strange land.

[8] The suspect began to confess his crime with his [trembling/trembled] voice.

[9] I have a friend [who/whose/whom] sister works for an international institution in NY. It’s Taro.

[10] There are some exceptional cases [when/where/which] this principle doesn’t work.

[11] Tokyo has a population of about fourteen [million/millions].

[12] Our business partner seems to have agreed to our proposal. = [It/That/Which] seems that our business partner agreed to our proposal.

[13] My daughter [marries to/marries with/marries] an American doctor next month.

[14] The [mental/mentally] young enjoy life.

[15] I was [great/greatly] impressed by their hospitality.

[16] The new project will need about twice the amount of money compared with our former one. = The new project will need about twice [more money than/as much money as/as more money as] our former one.

[17] This old piece of furniture looks best when set [above/against/along] a white curtain.

[18] We’re still doubtful as to [it/that/whether] the suspect is really the murderer or not.

[19] How much wine [does there/there is/is there] in the bottle?

[20] He [will be/would be/would have been] a senor now if my son had gone to college after he left high school.

[21] Be sure to give this letter to him [could/should/Would] you see Jonny in the port.
































【解答と解説】

[1] A child whose parents are dead [is/are] called an orphan.
「両親を亡くした子は孤児と呼ばれる」
(答え)is
本文の「主語」は”a child”である。よって、動詞は「単数」扱いとなる。

[2] School [begins/began/has begun] next week.
「学校は来週から始まります」
(答え)begins
「確定的な未来の予定」を表す場合、「現在時制」が用いられることがある。
(注)未来の事柄なので、“...will begin...”としてもよい。

[3] The students fell [silence/silent/silently] when the teacher entered the classroom.
「先生が教室に入ってくると、生徒たちは(急に)静かになった」
(答え)silent
fall+形容詞】で、「(急に)~(形容詞の状態に)になる」(文型は【SVC】)という意味である。【become+形容詞】とほとんど同じ意味である。

[4] She got [marry/marrying/married] to her former boss last year.
「彼女は昨年、前の上司と結婚した」
(答え)married
「受身の動作」=「~される」を明示するために、助動詞のbeの代わりに“get”を用いて、【get+過去分詞】とすることがある。
(注)本文は、【marry A to B】=「ABと結婚させる」を(動作の)受身の文にしたものである。

[5] She [won’t/isn’t going to] be at her office now.
「彼女は今事務所にいないだろう」
(答え)will
will+動詞の原形】には、「話者の現在の推量」=「(今たぶん・きっと)~だろう」という用法がある。この意味(用法)は、“be going to”で代用できない。

[6] Political leaders desire [to recover/recovering] the peace and order at once.
「政治指導者たちは直ちに治安を回復することを望んでいる」
(答え)to recover
desire to do】で、「~することを(強く)望む」という意味である。“desire ~ing”は誤り。

[7] It was a fantastic experience [work/working] together with strangers in a strange land.
「知らない土地で知らない人たちと一緒に働くことは素晴らしい経験だった」
(答え)working
「動名詞」は文中で「主語」になることができるが、これは、「形式主語」の文であっても変わらない。なお、「不定詞」(名詞用法)を使って、“It was a fantastic experience to work…”としても意味は変わらない。

[8] The suspect began to confess his crime with his [trembling/trembled] voice.
「容疑者は震える声で自分の犯罪を自白し始めた」
(答え)trembling
「分詞」は「形容詞」としての働きを持つが、このうち、「現在分詞」の意味は「進行的(又は能動的)」で、通例、「~している(~する)」となる。

[9] I have a friend [who/whose/whom] sister works for an international institution in NY. It’s Taro.
「私には、姉(妹)がニューヨークの国際機関で働いている友人がいます。それ(その友人)はタロウです」
(答え)whose
[先行詞=人][関係代名詞=所有格(”a friend’s (sister)””his (sister)””whose (sister)”]の関係を理解する。

[10] There are some exceptional cases [when/where/which] this principle doesn’t work.
「この原則が機能しないいくつかの例外的な場合があります」
(答え)where
[先行詞=「場合」に関わる語(”some cases”][関係副詞(”in some cases””where””in which”]の関係を理解する。

[11] Tokyo has a population of about fourteen [million/millions].
「東京の人口はおよそ1,400万人である」
(答え)million
”million”(百万)は、前に数詞(two, threeなど)又は数量形容詞(several, manyなど)を伴う場合でも「複数語尾の-s」をつけない。

[12] Our business partner seems to have agreed to our proposal. = [It/That/Which] seems that our business partner agreed to our proposal.
「われわれのビジネスパートナーは、当方の提案に同意したようだ」
(答え)It
It seems that...】で、「…のようだ」「…らしい」という意味である。
(注)この表現中の”it”は「非人称のitと呼ばれるもので、「形式主語のit」とは違う。

[13] My daughter [marries to/marries with/marries] an American doctor next month.
「私の娘は来月アメリカ人医師と結婚します」
(答え)marries
marry】は、「~と結婚する」という意味では「他動詞」である。よって、“marry with[to] ~”とするのは誤り。

[14] The [mental/mentally] young enjoy life.
「精神的に若い人が人生を楽しむ」
(答え)mentally
the+形容詞】で、通例、「~な人たち」という意味で用いる(つまり、“the young=young people”を表す)。そうすると、”young”は「形容詞」であるため、これを修飾するのは「副詞」ということになる。

[15] I was [great/greatly] impressed by their hospitality.
「私は彼らのもてなしに大いに感銘を受けました」
(答え)greatly
分詞(本問では“impressed”)を修飾するのは「副詞」である。【greatly】は、「(程度が)非常に」「大いに」という意味である。

[16] The new project will need about twice the amount of money compared with our former one. = The new project will need about twice [more money than/as much money as/as more money as] our former one.
「以前のプロジェクトに比べて新規プロジェクトには約2倍の資金が必要になるだろう」
(答え)as much money as
倍数表現の「の2倍だけ~」は、通例、【twice as ~ as…】の形を用いる(“twice”は、通例、比較級とは使わない)。また、“~”には、形容詞又は副詞の「原級」がくる。

[17] This old piece of furniture looks best when set [above/against/along] a white curtain.
「この古い家具は、白のカーテンを背景に置かれると一番見栄えが良い」
(答え)against
against ~】には、「~を背景として」という意味がある。

[18] We’re still doubtful as to [it/that/whether] the suspect is really the murderer or not.
「その容疑者が本当に殺人犯なのかどうかについて私たちは今でも懐疑的である」
(答え)whether
whether…or not】は、「かそうでないか(ということ)」という意味の「名詞節」を導くことができる。本問では、名詞節としてのwhether節が“as to”の「目的語」になっている。

[19] How much wine [does there/there is/is there] in the bottle?
「そのボトルにどのくらい(の量の)ワインがありますか」
(答え)is there
「疑問詞がついた語句」(本問では”how much wine”)を含む疑問文は、「疑問詞がついた語句」を文頭に出して、その後ろを疑問文の語順とする、のが原則である。本問では、【疑問詞がついた語句+is there...?】とする必要がある。

[20] He [will be/would be/would have been] a senor now if my son had gone to college after he left high school.
「もし私の息子が高校を卒業した後で大学に行っていたら、今は大学4年になっているのだが」
(答え)would be
いわゆる「混合型」=「もし(過去に)したならば、(今は)だろう」の文である。この場合、次の形をとる:【If S+仮定法過去完了(hadp.p., Swould[could, might, should] do

[21] Be sure to give this letter to him [could/should/Would] you see Jonny in the port.
「万一その港でジョニーに会うことがあれば、必ずこの手紙を彼に渡してください」
(答え)should
「仮定法未来」を表す【if [S] should do】では、“if”を省略して、【Should [S] do】と「倒置」とすることができる。

ホームに戻る