KLS英語学習教室

英文法 ★中級レベルの定着問題[Intermediate13]

問題数全21題/15題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] Ten kilograms [is/are] too heavy for a little girl to carry.

[2] I had dinner with my wife after she [comes/has come/had come] home.

[3] Could you spare [a few minutes me/a few minutes to me/me a few minutes]?

[4] He is often [looked down by/looked down on by] other employees for being slow at work.

[5] 「テレビの天気予報によると、今夜は雪が降るかもしれない」⇒According to the weather forecast on TV, it [can/may/must] snow tonight.

[6] Your question is difficult [to answer/to answer it].

[7] The man stopped [to smoke/smoking] and sat on the bench.

[8] The old lady was sitting in a chair, [read/reading] a book.

[9] The suspect [which/whose/whom] the police have been searching for for years works in this mine.

[10] This is the very reason [which/in which/why] Japan was defeated in the war.

[11] There are a lot of vending [machine/machines] around Japan.

[12] This appears (to be) the best way. = [It/That/What] appears that this is the best way.

[13] You should apologize [her/to her] for your rudeness at the party.

[14] [You are necessary/It is necessary for you] to carry out the plan immediately.

[15] We live in the suburbs, but my brother works [downtown/in downtown].

[16] How many times [large/larger/largest] than Japan is China?

[17] You can rent a car [at/by/with] the hour.

[18] We should insure this house [for/in/with] fear there would be a big earthquake.

[19] When and Where do you think [did the accident happen/the accident happened]?

[20] 「注意深い読者だったらその誤りに気付いていただろう」⇒A careful reader [must/will/would] have noticed the mistake.

[21] Why have you come here? = What has [b-] you here?
































【解答と解説】

[1] Ten kilograms [is/are] too heavy for a little girl to carry.
「10キロは小さな女の子が運ぶには重すぎる」
(答え)is
【数詞+可算名詞の複数形】で表される時間・距離・重さ・金額などが主語になる場合、その形が複数形でも、「1つのまとまった単位」とみられるときは、動詞は、通例、「単数」扱いとなる。

[2] I had dinner with my wife after she [comes/has come/had come] home.
「私は妻が帰ってきた後で彼女と夕食を取った」
(答え)had come
「大過去」(過去より前に起こったこと=「過去の過去」)を明示する場合(本問では、「食べた」より前に起こった「帰宅した」の方に)、「過去完了形」すなわち【had+過去分詞】を用いることがある。
(注)接続詞(本問では”after”)などから文脈上時間の前後関係が明白な場合にはそのまま過去形を使うこともある。すなわち、”…after she came home.”も可能。

[3] Could you spare [a few minutes me/a few minutes to me/me a few minutes]?
「私に少しの時間を割いてくれませんか」
(答え)me a few minutes
spare A B】で、「AB(時間など)を割く」「AB(金・物など)を分けてやる」「AのためにBを取っておく」(文型は【SVIODO】)という意味である。この文型では、BAを入れ替えることができる場合が多い。その際、上記の意味の“spare”では、【spare B for A】とする。

[4] He is often [looked down by/looked down on by] other employees for being slow at work.
「彼は作業が遅いことでしばしば他の従業員に見下されている」
(答え)looked down on by
look down on ~】=「~を見下す」の受身は、be looked down on  (by ~)】とする。“on”を落とさないように注意する。

[5] 「テレビの天気予報によると、今夜は雪が降るかもしれない」⇒According to the weather forecast on TV, it [can/may/must] snow tonight.
(答え)may
【実際的(現実的)な可能性】=「(実際に)~かもしれない」は、【may+動詞の原形】で表す。【一般的(理論的)な可能性】を表す【can+動詞の原形】と比較せよ。

[6] Your question is difficult [to answer/to answer it].
「あなたの質問は答えるのが難しい」
(答え)to answer
不定詞の「副詞用法」の1つ。この型の構文の特徴は、主語S“to do”以下の「意味上の目的語」になっていることである。つまり、文の構造上そのようになっているので、通例、動詞の目的語(本問では”it=your question”)は不要である。本文は、次のように書き換えることができる:It is difficult to answer your question.

[7] The man stopped [to smoke/smoking] and sat on the bench.
「その男はタバコを吸うために立ち止まり、そしてそのベンチに腰掛けた」
(答え)to smoke
stop to do】は、「~するために立ち止まる」(目的)又は「立ち止まって~する」(結果)という意味で使われる(この不定詞は「副詞用法」である)。一方、【stop ~ing】は、「~することを止める」という意味である(この意味で“stop to do”とするのは誤り)。

[8] The old lady was sitting in a chair, [read/reading] a book.
「その老婦人は本を読みながら椅子に座っていた」
(答え)reading
「付帯状況」の意味を表す【分詞構文】である。「付帯状況」は、通例、①「~しながら(する)」又は②「してそして~する」という関係性を意味する(ここでは①の意味で適当)。

[9] The suspect [which/whose/whom] the police have been searching for for years works in this mine.
「警察が長年捜している容疑者がこの鉱山で働いている」
(答え)whom
[先行詞=人][関係代名詞=目的格(”the suspect””him/her””whom”]の関係を理解する。
(注)口語では、「目的格」に”who”を使うことも可能。

[10] This is the very reason [which/in which/why] Japan was defeated in the war.
「これが日本がその戦争で負けたまさにその理由である」
(答え)why
[先行詞=「理由」に関わる語][関係副詞]の関係を理解する。
(注)[先行詞][関係副詞]は、[先行詞][前置詞+which]で書き換えることができる。本問では、”why”=”for which”の関係をとらえる。

[11] There are a lot of vending [machine/machines] around Japan.
「日本中に多くの自販機がある」
(答え)machines
machine(機械)】は「可算名詞」であり、よって、「複数形」にすることができる。

[12] This appears (to be) the best way. = [It/That/What] appears that this is the best way.
「これが最良の方法のように思える」
(答え)It
It appears that...】で、「…のようだ」「…らしい」という意味である。
(注)この表現中の”it”【非人称のit】と呼ばれるもので、「形式主語のit」とは違う。

[13] You should apologize [her/to her] for your rudeness at the party.
「きみはパーティーでの無礼について彼女に謝罪するべきだ」
(答え)to her
apologize】は、「自動詞」である。よって、「(Bのことで)Aに謝る・謝罪する」という場合には、【apologize to A (for B)】とする。“apologize ~”は誤り。

[14] [You are necessary/It is necessary for you] to carry out the plan immediately.
「あなたはその計画を直ちに実行する必要がある」
(答え)It is necessary for you
necessary(必要な)】は、「(人が)~することが必要である」という意味では、“人+be necessary to do”とすることはできない。同様の意味は、通例、形式主語のitを使って、【It is necessary for () to do】などと表現する。

[15] We live in the suburbs, but my brother works [downtown/in downtown].
「私たちは郊外に住んでいますが、兄(弟)は市街地で働いています」
(答え)downtown
「街の中心地(繁華街)」という意味を持つ【downtown】は、「副詞」としての用法(「街の中心地で」「繁華街で」という意味)がある。したがって、通例、“work in downtown”とするのは誤りである。

[16] How many times [large/larger/largest] than Japan is China?
「中国は日本の何倍の大きさか」
(答え)larger
- times ~(比較級)than...】で、「-倍だけ~」という意味の倍数表現である。
Cf. China is about 25 times larger than Japan.

[17] You can rent a car [at/by/with] the hour.
「時間単位で(1時間いくらで)車を借りることができます」
(答え)by
by the ~】で、「~単位で」という意味で使われる(“the”がつく点にも注意する)。

[18] We should insure this house [for/in/with] fear there would be a big earthquake.
「大きな地震に備えてこの家に保険をかけるべきだ」
(答え)for
for fear (that)...】で、「することを恐れて」「だといけないので」という意味である。

[19] When and Where do you think [did the accident happen/the accident happened]?
「その事故はいつどこで起こったと思いますか」
(答え)the accident happened
【疑問詞+do you think[suppose, guess]...?】型の文では、“do you think[suppose, guess]”を除いた“疑問詞...?”の中は、通例、「平叙文」(S+V...の語順となる文)である点に注意する。

[20] 「注意深い読者だったらその誤りに気付いていただろう」⇒A careful reader [must/will/would] have noticed the mistake.
(答え)would
”if S+仮定法に相当する語句が「主語」にある(含まれる)文である。その「仮定」(本問では「仮定法過去完了」)を受けて、述部では【助動詞の過去形+have (p.p.)】が使われる。

[21] Why have you come here? = What has [b-] you here?
「あなたはどうしてここに来たのか」(直訳は、何があなたをここに連れてきたのか
(答え)brought
bring】=「~を連れて来る(導く・もたらす)」を使った「無生物主語構文」である点に注意する。

ホームに戻る