KLS英語学習教室

英文法 ★中級レベルの定着問題[Intermediate14]

問題数全21題/15題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1]  [Have/Has] there been any complaints about it so far?

[2] 「私は友人を見送りに上野駅に行ってきたところです」⇒I’ve [been/gone] to Ueno Station to see a friend of mine off.

[3] Will you explain [us the rule/the rule to us]?

[4] What must [do/be doing/be done] to prevent such a terrible accident?

[5] 「何度試してもエンジンがかからない」⇒Even if I try many times, the engine [can’t/mustn’t/won’t] run.

[6] My boss won’t allow me [take/to take] a week’s vacation.

[7] The local government has suggested [giving not/not giving] any financial help to the company.

[8] Radium is an element [to discover/discovering/discovered] in 1898.

[9] This is a project [what/which/how] must be completed within a year.

[10] This is [the way how/the way in that/how] Columbus reached America.

[11] Our sales have increased 7 [percent/percents] compared with the same period last year.

[12] I happened to be in London when there was a big earthquake in Japan. = [It/That/What] happened that I was in London when there was a big earthquake in Japan.

[13] 「このホテルはおじによって運営(経営)されています」⇒This hotel is [r-] by my uncle.

[14] [Are we possible/Is it possible for us] to get to the destination in time?

[15] She wasn’t there last night, and I wasn’t, [too/either].

[16] The more beautiful her performance was, [the audience was more excited/the more the audience was excited/the more excited the audience was].

[17] 「彼女の過去に関するうわさは全くの誤りだった」⇒The rumor [c-] her past was sheer false.

[18] Interest rates are very low at present, [given/providing/so] that there is little incentive to save.

[19] [How/What] foolish things you have done!

[20] The man speaks [as/even/like] if he knew everything about the accident.

[21] [Can we see only in this zoo/Only in this zoo can we see] the rare animals in Japan.
































【解答と解説】

[1]  [Have/Has] there been any complaints about it so far?
「今までのところその件で何か苦情がありますか」
(答え)Have
Therehave[has] been[S(主語)]…】の構文(本問はその疑問文)では、“have”になるか”has”になるかは[S(主語)](本問では”complaints”)に呼応する。よって、「複数」扱いとなる。

[2] 「私は友人を見送りに上野駅に行ってきたところです」⇒I’ve [been/gone] to Ueno Station to see a friend of mine off.
(答え)been
have been to ~】は、通例、①「~に行ったことがある」(経験)又は②「~に行ってきたところだ」(完了)の意味を表す。一方、【have gone to ~】は、①「~に行っている(行っていてここにいない)」(結果)又は②「~に行ったことがある」(経験)の意味を表す。

[3] Will you explain [us the rule/the rule to us]?
「私たちにそのルールを説明してもらえませんか」
(答え)the rule to us
“explain”を用いて、「ABを説明する」という場合、“explain A B”とすることはできない。【explain B to A】とする。

[4] What must [do/be doing/be done] to prevent such a terrible accident?
「そのようなひどい事故を防止するために何がなされるべきか」
(答え)be done
「助動詞」と「受動態」がいっしょに使われる場合(本問では、「~されなければならない」)は、【助動詞+be+過去分詞】(本問では、“must be+過去分詞”)で表す。

[5] 「何度試してもエンジンがかからない」⇒Even if I try many times, the engine [can’t/mustn’t/won’t] run.
(答え)won’t
(否定文で)「どうしても~しようとしない」は、【will not[won’t]+動詞の原形】で表す。これは「無生物主語」にも使える。

[6] My boss won’t allow me [take/to take] a week’s vacation.
「上司は私が1週間の休暇を取ることを許さないだろう」
(答え)to take
allow A to do】で、「Aが~することを許す・許可する」という意味である。

[7] The local government has suggested [giving not/not giving] any financial help to the company.
「地方政府はその会社にいかなる財政支援もしないことを示唆している」
(答え)not giving
「動名詞(動詞の~ing形)」の「否定形」は、否定語(notnever)を、通例、”~ing”の直前に置く。

[8] Radium is an element [to discover/discovering/discovered] in 1898.
「ラジウムは1898年に発見された元素である」
(答え)discovered
本問では、「発見された元素」と解釈するべきだから、「過去分詞」を用いる。なお、分詞に他の語句がついて(2語以上で)名詞を修飾する場合には、名詞の「後」にまとめて置く点にも注意する。

[9] This is a project [what/which/how] must be completed within a year.
「これは1年以内に完成させなければならないプロジェクトである」
(答え)which
[先行詞=人以外][関係代名詞=主格(”a project””it””which”]の関係を理解する。

[10] This is [the way how/the way in that/how] Columbus reached America.
「このようにしてコロンブスはアメリカ大陸に到達した」
(答え)how
「関係副詞」の【how…】は、「方法」「態様」を表す先行詞(the way)を含んで、「…する方法/様子(ありさま)」の意味の名詞節として用いられる。ただし、“the way how...”と言わない点に注意する。もっとも、”how”を省略して、the way...】としても同様の意味になる。
★【how…】=【the way…】=【the way in which…】=【the way that…

[11] Our sales have increased 7 [percent/percents] compared with the same period last year.
「当社の売り上げは、昨年の同期に比べて、7%(分だけ)伸びた」
(答え)percent
“percent”(パーセント)は、前に数詞(two, threeなど)を伴う場合でも複数語尾の“-s”をつけない。【数詞+percent】とする。
(注)【数詞+percent】が「副詞的」な意味=「~パーセント分だけ」で用いられることがある。

[12] I happened to be in London when there was a big earthquake in Japan. = [It/That/What] happened that I was in London when there was a big earthquake in Japan.
「日本で大地震があったとき私はたまたまロンドンにいた」
(答え)It
S happen to do】=「Sはたまたな(偶然)~する」は、【It happens that [S]...】で言い換えることができる。
(注)この表現中の”it”は「非人称のitと呼ばれるもので、「形式主語のit」とは違う。

[13] 「このホテルはおじによって運営(経営)されています」⇒This hotel is [r-] by my uncle.
(答え)run
run ~】には、「~(会社・組織など)を経営する(運営する)」という意味の他動詞用法がある。

[14] [Are we possible/Is it possible for us] to get to the destination in time?
「私たちは時間通りに目的地に到着できるだろうか」
(答え)Is it possible for us
possible(実行可能な)】は、「(人が)~することができる」という意味では、“人+be possible to do”とすることはできない。同様の意味は、通例、【It is possible for () to do】(このitは形式主語)又は【人+be able to do】などと表現する。

[15] She wasn’t there last night, and I wasn’t, [too/either].
「昨晩彼女はそこにいなかったし、私もいなかった」
(答え)either
too】が、「~(も)また」の意味で用いられる場合、否定語(not)の後では用いない。
(注)”I, too, wasn’t there.”とすれば可能。

[16] The more beautiful her performance was, [the audience was more excited/the more the audience was excited/the more excited the audience was].
「彼女の実演が美しくなればなるほど、聴衆はますます興奮した」
(答え)the more excited the audience was
the+比較級+SV..., the+比較級+SV~】で、「すればそれだけ(ますます)~」という意味である。

[17] 「彼女の過去に関するうわさは全くの誤りだった」⇒The rumor [c-] her past was sheer false.
(答え)concerning
concerning ~】で、「~に関して」(=about)という意味である。

[18] Interest rates are very low at present, [given/providing/so] that there is little incentive to save.
「現在金利が非常に低いため、貯蓄への誘因がほとんどない」
(答え)so
, so (that)...】で、「それで(そのため・その結果)…」という「結果」の意味を表す(この意味では、通例、前にコンマ<,>がある)。

[19] [How/What] foolish things you have done!
「きみたちは何とばかなことをしてしまったのか」
(答え)What
【感嘆文】=「何と(なんて)か」は、通例、“what”又は“how”ではじまる文で表現し、次のように使い分ける:
what+(a[an]+)(形容詞のついた)名詞(+SV!
How+形容詞又は副詞(+SV!

[20] The man speaks [as/even/like] if he knew everything about the accident.
「その男はまるでその事故についてすべてを知っているかのように話す」
(答え)as
as if...】で、「まるで・あたかも…のように」という意味である。この表現では、通例、「仮定法(仮定法過去又は仮定法過去完了)」が続く。

[21] [Can we see only in this zoo/Only in this zoo can we see] the rare animals in Japan.
「その希少な動物が見られるのは日本ではこの動物園だけです(この動物園しかありません)」
(答え)Only in this zoo can we see
副詞の“only”を含んだ語句が文頭に出ると、しばしば「倒置」が起こり、【Only…v[助動詞]SV(原形)】の語順となる。
(注)副詞の“only”は「ただ~だけ(しかない)」というように否定的に解されることが多いため、「準否定語」として捉えることができる。

ホームに戻る