KLS英語学習教室

英文法 ★中級レベルの定着問題[Intermediate17]

問題数全21題/15題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] Your children are all boys, but ours [is/are] all girls.

[2] My brother [has/had/will have] been repairing his motorcycle when I got home.

[3] The poor harvest has caused prices of vegetables [rise/to rise] sharply.

[4] The old lady had [to be helped sign/to be helped to sign/to helped to sign] her name on the document.

[5] You [don’t ought to/ought to not/ought not to] go to such a place alone after dark.

[6] The letter she wrote to me last month did not arrive. = The letter she wrote to me last month [f-] to arrive.

[7] My husband keeps putting off [go/going/to go] to the dentist.

[8] The old man sat reading, with his wife [wove/woven/weaving] a basket beside him.

[9] Though he used to live in Paris, my father lives with his family in Tokyo. = My father, [that/who/which] used to live in Paris, lives with his family in Tokyo.

[10] There is no rule [but/that/which] has some exceptions.

[11] The creature has two [foot/foots/feet].

[12] You might not believe [one/that/this], but she hasn’t loved you at all.

[13] This printer isn't [w-].

[14] Neither [story/stories] was true.

[15] There are some reasons for this. [First/At first], it costs too much.

[16] He was the [best/last/least] person she didn’t want to see at the party.

[17] The firemen put up a ladder [against/for/to] the wall.

[18] [W-] or not you like the manager, you have to do the work with him.

[19] Why didn’t you say anything to me about it? = How [c-] you didn’t say anything to me about it?

[20] He was sorry he had not set about the work earlier. He wished he [sets/set/had set] about the work earlier.

[21] Only in this way [we can/can we] explain the mysterious event.
































【解答と解説】

[1] Your children are all boys, but ours [is/are] all girls.
「あなたのお子さんはみな男の子ですが、うちはみな女の子です」
(答え)are
「所有代名詞」が主語になる場合、それを指すものが単数か複数かで単数扱いか複数扱いかが決まる。本問では、”ours = our children”なので、複数扱いとなる。

[2] My brother [has/had/will have] been repairing his motorcycle when I got home.
「私が家に着いたとき、兄(弟)はずっと自分のオートバイを修理していた」
(答え)had
「過去のある時点までの動作の進行(未完了)又は継続(~していた)」は、「過去完了進行形」=【hadbeen+現在分詞】で表す。その動作が過去のある時点まですっと継続していたことを強調する文脈で使われることが多い。

[3] The poor harvest has caused prices of vegetables [rise/to rise] sharply.
「不作が原因で野菜の価格が急激に上昇した」
(答え)to rise
cause A to do】で、「(結果的に)Aに~させる」「Aが~する原因となる」(文型は【SVOC】)という意味である。“cause A do”の型はない(誤り)。

[4] The old lady had [to be helped sign/to be helped to sign/to helped to sign] her name on the document.
「その年老いた女性は、書類に署名するのを手助けしてもらわなければならなかった」
(答え)to be helped to sign
helpA(to) do】=「Aが~するのを手伝う」では、”to”が省略されることが多いが、これを受身にする文では、to不定詞にする必要がある(”to”を省略できない)。

[5] You [don’t ought to/ought to not/ought not to] go to such a place alone after dark.
「暗くなってから1人でそんな所に行ってはいけません」
(答え)ought not to
ought to do】の「否定形」は、【ought not (to) do】である。ただし、口語では、否定文・疑問文で”to”を用いないことが多い。

[6] The letter she wrote to me last month did not arrive. = The letter she wrote to me last month [f-] to arrive.
「彼女が先月私に書いたその手紙は届かなかった」
(答え)failed
fail to do】にはいくつか意味があるが、ここでは、「(物事が)~しない・できない」という意味である。

[7] My husband keeps putting off [go/going/to go] to the dentist.
「夫は歯医者に行くことを延ばし続けている」
(答え)going
put off ing】で、「~することを延期する」という意味である。

[8] The old man sat reading, with his wife [wove/woven/weaving] a basket beside him.
「その老人は座って読書をし、その傍らで彼の妻が籠を編んでいた」
(答え)weaving
with A ~ing】で、「Aが~しながら」「Aが~している状態とともに」という意味の「付帯状況」を表す。

[9] Though he used to live in Paris, my father lives with his family in Tokyo. = My father, [that/who/which] used to live in Paris, lives with his family in Tokyo.
「父は以前パリで暮らしていたが、今は家族と東京で暮らしている」
(答え)who
関係代名詞の「非制限用法」である(この用法では、通例、関係代名詞の前にコンマが置かれる)。文脈に応じて、【and[but, because, though]...】などと書き換え可能なことが多い。

[10] There is no rule [but/that/which] has some exceptions.
「例外を持たない規則はない」
(答え)but
「関係代名詞(的用法)」の【but…】は、「…しない(ところの)」=that[who]...not...という意味で、否定文中の語を先行詞とし、通例、主格として用いられる。
(注)古風な用法だが、受験ではたまに見かける。現代英語では、次のようにするのが一般的:There is no rule that does not have any exceptions.

[11] The creature has two [foot/foots/feet].
「その生き物には2つの足がある」
(答え)feet
“foot”(足)の複数形は、【feet】である。

[12] You might not believe [one/that/this], but she hasn’t loved you at all.
「きみはこれから言うことを信じないかもしれないが、彼女はきみを全く愛していないのだ」
(答え)this
「指示代名詞」のthisには、その指示内容を後にしたがえて、「これから(次に)述べること」という意味で用いる用法がある。

[13] This printer isn't [w-].
「このプリンターはうまく動かない」
(答え)working
work】は、「(機械などが)機能する・うまく動く」という意味でも用いられる。

[14] Neither [story/stories] was true.
「どちらの話も本当ではなかった」
(答え)story
neither[]】=「(2つ・2人の)どちらの~も…ない」の[]には、可算名詞の「単数形」が続く。

[15] There are some reasons for this. [First/At first], it costs too much.
「これにはいくつかの理由があります。第一に、費用がかかり過ぎます」
(答え)First
at first】は、「最初のうちは」「はじめは」<at or in the beginning.>という意味で用い、「第一に」「まず最初に」の意味では使わない(後者の意味では、【first】又は【firstly】などを用いる)。

[16] He was the [best/last/least] person she didn’t want to see at the party.
「彼は彼女がそのパーティーで最も会いたくなかった男だった」
(答え)last
the last person/thing (that)…】で、「最も…でない人・もの」「最も…しそうにない人・もの」という意味である。

[17] The firemen put up a ladder [against/for/to] the wall.
「消防士たちは壁に梯子を立てかけた」
(答え)against
against ~】には、「~に立てかけて」(接触)という意味がある。“on”としてもよい。

[18] [W-] or not you like the manager, you have to do the work with him.
「あなたがマネージャー(責任者)を気に入ろうがそうでなかろうが、彼と一緒に仕事をしなければならない」
(答え)Whether
whether…or not】(【whether or not…】とすることがある)で、「しようがしまいが」「…するか否かを問わず」という意味の「副詞節」を導くことができる。

[19] Why didn’t you say anything to me about it? = How [c-] you didn’t say anything to me about it?
「それについてどうして私に何も言わなかったの?」
(答え)come
How come S+V...?】で、「どうして(なぜ)…か」という意味の口語表現である。

[20] He was sorry he had not set about the work earlier. He wished he [sets/set/had set] about the work earlier.
「もっと早くその仕事に取り掛かっていたらと彼は思った」
(答え)had set
wish (that) Shad(p.p.)】で、「その時以前(=“wish”が示す時以前→本問では大過去)に実現の可能性がなかったか極めて低かった願望」=「だったらよかったのだが(そうでなかったのが残念だ)」の意味を表す。

[21] Only in this way [we can/can we] explain the mysterious event.
「このような方法でしかその謎めいた出来事を説明できない」
(答え)can we
副詞の“only”を含んだ語句が文頭に出ると、通例、「倒置」が起こり、【Only…v[助動詞]SV(原形)】の語順となる。

ホームに戻る