KLS英語学習教室

英文法 ★中級レベルの定着問題[Intermediate18]

問題数全21題/15題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] There [has/have] never been a war between the two countries.

[2] [Did/Have/Had] they left before you got there?

[3] My grandparents make [me what I am today/what I am today for me].

[4] You will be made [comply/to comply] with these rules.

[5] When my parents were away, my grandmother [could/might/would] always take care of me.

[6] Is the room [enough large for the meeting/for the meeting large enough/large enough for the meeting] to be held?

[7] My wife can’t stand [things not being kept/not things being kept/things being not kept] in their proper places.

[8] [Judgment/Judged/Judging] from the look of the sky, it’s going to snow tonight.

[9] This natural disaster was a crisis for [that/which/what] we were totally unprepared.

[10] In our facilities, children can do [however/whatever/whenever] they like.

[11] There are a lot of [carp/carps] in this pond.

[12] Miki is [a his girlfriend/a girlfriend of him/a girlfriend of his].

[13] I'd like to have some time to [consider/consider about] your plan.

[14] I’ve read every [book/books] on the bookshelf in my grandfather’s study.

[15] She spoke [kind/kindly] to the children.

[16] My grandfather has as [many/much/little] as 10 English dictionaries.

[17] He found a letter from his ex-wife [among/between] these papers.

[18] Take a coat [at/in/on] case the weather turns cold.

[19] We have [not/no any/no] meetings this week.

[20] I’m sorry I cannot go there with you. = I wish I [can/could] go there with you.

[21] 「私たちは彼が私たちの計画を助けてくれないことに失望した」⇒We were disappointed by his [f-] to help us with our plan.
































【解答と解説】

[1] There [has/have] never been a war between the two countries.
「これまで両国間で戦争があったことはない」
(答え)has
Therehave[has] been[S(主語)]…】の構文では、“have”になるか”has”になるかは[S(主語)](本問では”a war”)に呼応する。よって、「単数」扱いとなる。

[2] [Did/Have/Had] they left before you got there?
「あなたがそこに到着する前に彼らは出発してしまっていましたか」
(答え)Had
「過去のある時点までに動作が完了したこと(~した・~してしまった)」は、「過去完了形」=【had+過去分詞】で表す。

[3] My grandparents make [me what I am today/what I am today for me].
「今の私があるのは祖父母のおかげだ」
(答え)me what I am today.
make A B(名詞)】は、通例、「ABを作ってやる」(文型は【SVIODO】)か、「ABにする」(文型は【SVOC】)のいずれかの意味になることが多い。ここでは、後者の意味である。

[4] You will be made [comply/to comply] with these rules.
「あなたはこれらの規則に従わされることになるでしょう」
(答え)to comply
make A do(原形不定詞)】=「(無理やり)Aに~させる」を受身にする文では、原形不定詞をto不定詞にする必要がある。つまり、【A be made to do】とする。

[5] When my parents were away, my grandmother [could/might/would] always take care of me.
「両親が外出しているときは、いつも祖母が私の世話をしてくれた」
(答え)would
would (often[usually]/always)+動詞の原形】は、「(よく/いつも)~したものだ」「(よく/いつも)~したことがあった」という意味で用いる。過去の習慣(的な動作)を回想ないし懐かしむ気持ちがにじむ表現である。

[6] Is the room [enough large for the meeting/for the meeting large enough/large enough for the meeting] to be held?
「その部屋は会議が開けるほどの大きさですか」
(答え)large enough for the meeting
【形容詞or副詞+enough (for A) to do】の語順で、「(Aが)~するのに十分に(形容詞)or(副詞)」という意味になる。「副詞」の”enough”(十分に)は、形容詞又は副詞の「後ろ」に置く点に注意する。なお、”for A”は、後ろに来る不定詞の「意味上の主語」を表している。

[7] My wife can’t stand [things not being kept/not things being kept/things being not kept] in their proper places.
「妻はものがちゃんとした場所に置かれていないと我慢できない」
(答え)things not being kept
受身の動名詞の否定に意味上の主語がついた形=【(意味上の主語)not being (p.p.)】である。語順に注意する。

[8] [Judgment/Judged/Judging] from the look of the sky, it’s going to snow tonight.
「空模様から判断すると、今夜は雪になりそうだ」
(答え)Judging
judging from[by] ~】で、「~から判断すると」という意味の慣用表現である。【to judge by[from] ~】ともいう。

[9] This natural disaster was a crisis for [that/which/what] we were totally unprepared.
「今回の自然災害は、私たちが全く準備(想定)をしていなかった危機だった」
(答え)which
[先行詞=人以外][関係代名詞=目的格(”for a crisis””for it””for which”]の関係を理解する。
This natural disaster was a crisis (which[that]) we were totally unprepared for.
(注)前置詞+that…”は不可。

[10] In our facilities, children can do [however/whatever/whenever] they like.
「私たちの施設では、子供たちは好きなことは何でもすることができます」
(答え)whatever
whatever...】は、ここでは、「するもの(こと)を何でも」=【anything[everything] that...】という意味の「名詞節」を導く。

[11] There are a lot of [carp/carps] in this pond.
「この池にはたくさんの鯉がいる」
(答え)carp
carp(鯉)】は、通例、可算名詞として複数形を持つが、その複数形は、通例、”carp”のままでよい。つまり、「単複同形」(単数形と複数形が同じ形)の名詞である。

[12] Miki is [a his girlfriend/a girlfriend of him/a girlfriend of his].
「ミキは彼のガールフレンド(の1人)だ」
(答え)a girlfriend of his
冠詞(a, an, the)その他の限定詞(these, those, some, noなど)と「所有格」は並置できないので、本問の場合、【a+名詞+of+所有代名詞】の形を用いる。

[13] I'd like to have some time to [consider/consider about] your plan.
「あなたの計画について考える時間を少しいただきたい」
(答え)consider
consider ~】=「~についてよく考える・熟慮する」は、自動詞の用法はあるが、通例、他動詞として用いる。よって、“consider about”とするのは誤り。

[14] I’ve read every [book/books] on the bookshelf in my grandfather’s study.
「私は祖父の書斎にある本棚のすべての本を読んだ」
(答え)book
every[]】=「どの~も」「すべての~」の[]には、可算名詞の「単数形」が続く。
Cf. I’ve read all the books on the bookshelf in my grandfather’s study.

[15] She spoke [kind/kindly] to the children.
「彼女は子供たちに優しく話しかけた」
(答え)kindly
動詞(本問では”spoke”)を修飾するのは「副詞」である。【kindly】は、ここでは、「親切に(も)」「優しく」という意味である。
(注)【kindly】には、「優しい」という意味の形容詞(主として限定用法)の用法もある。

[16] My grandfather has as [many/much/little] as 10 English dictionaries.
「祖父は10冊も英語の辞書を持っている」
(答え)many
as many as ~】は、”~”に数詞を伴った名詞(可算名詞の複数形)がくると、通例、その数の多さを強調した表現となる。「~も(多くの数の)」という意味。

[17] He found a letter from his ex-wife [among/between] these papers.
「彼はこれらの書類の中から前の妻からの手紙を見つけた」
(答え)among
among ~】は、「~(3つ・3人以上)に囲まれて」ないし「~(3つ・3人以上)の間で(に)」がその基本の意味である。これに対して、【between ~】の基本な意味は、「~(2つ・2人)の間で(に)」である。

[18] Take a coat [at/in/on] case the weather turns cold.
「寒くなるといけないのでコートを持って行きなさい」
(答え)in
(just) in case...】で、「もしなら」だといけないので」「の場合に備えて」という意味である(ここでは②の意味)。

[19] We have [not/no any/no] meetings this week.
「今週は会議が1つもありません」
(答え)no
no+名詞】で、「1つの(1人の・少しの)~も…ない」という意味で、文全体を否定する。
=We don’t have any meetings this week.

[20] I’m sorry I cannot go there with you. = I wish I [can/could] go there with you.
「あなたと一緒にそこに行くことができればよいのですが(行けなくて残念です)」
(答え)could
wish (that) S+仮定法過去】で、「その時(=“wish”が示す時→本文では現在)に実現する可能性がないか極めて低い願望」=「ならよいのだが(そうでなくて残念だ)」を表す。

[21] 「私たちは彼が私たちの計画を助けてくれないことに失望した」⇒We were disappointed by his [f-] to help us with our plan.
(答え)failure
「名詞構文」の1類型である。【S’ failure to do】で、「S’がしないこと(できない)こと」という意味である。この部分を「~するためのS’の失敗」などとするのは誤りである。"his failure to help us”の実質的な内容が“he failed to help us”であることに注意してほしい。

ホームに戻る