KLS英語学習教室

英文法 ★中級レベルの定着問題[Intermediate19]

問題数全21題/15題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] The way she spoke to us [was/were] suspicious.

[2] Water [freezes/froze/has frozen] at 0°C(= zero degrees Celsius).

[3] She fell [ill/illness] soon after and did not recover.

[4] The bridge in front of my house is now [constructing/be constructed/being constructed].

[5] We’re eating out more often than we [ought to/used to/were used to].

[6] It was foolish [for/of] him to tell a lie to the police.

[7] Her parents won’t approve of [she/her] marring the man.

[8] [To want/Wanting/Wanted] to travel abroad, I have no time to do so.

[9] The author [what/which/whom] you criticized in the review has made no response to it.

[10] Sunday is the only day [at which/on when/when] I can relax.

[11] She jabbed me in [a/my/the] back with her elbow.

[12] I own a BMW and a Volve, but the former is German and the [later/latter/latest] is Swedish.

[13] 「反乱軍は停戦に従うだろうか」⇒Will the rebels [observe/reserve/serve] the ceasefire?

[14] Here is [famous a region for wine production/famous for wine production a region/a region famous for wine production].

[15] Professor Doe is [great/greatly] admired for his unique lectures by all the students.

[16] This is not as [an easy question/easy a question/a question easy] to solve as that one.

[17] We moved here in 2009. [By/Since/Until] then we'd always been in London.

[18] 「仮に社長が明日の会議を欠席したら、その場合私たちはどうするべきか」⇒[S-] our president is absent from the tomorrow’s meeting, what should we do then?

[19] We can hardly believe such a rumor, [can/can’t] we?

[20] If she were to ask him for some advice, he [may help/may have helped/might help] her.

[21] 「あなたが本当の状況を知らないということは、何の言い訳にもならない」⇒Your [i-] of the true situation is no excuse.
































【解答と解説】

[1] The way she spoke to us [was/were] suspicious.
「彼女の私たちに対する口のきき方は疑い深げであった」
(答え)was
「単一の名詞節」(本問では”The way she spoke to us”(関係詞節))が主語になる場合、動詞は「単数」扱いとなる。

[2] Water [freezes/froze/has frozen] at 0°C(= zero degrees Celsius).
「水は摂氏0度で凍る」
(答え)freezes
「一般的真理」を述べる場合は、「現在時制」が用いられる。

[3] She fell [ill/illness] soon after and did not recover.
「彼女はその後すぐに病気になって回復しなかった」
(答え)ill
fall+形容詞】で、「(急に)~(形容詞の状態に)になる」(文型は【SVC】)という意味である。

[4] The bridge in front of my house is now [constructing/be constructed/being constructed].
「自宅の前の橋は現在建設されているところだ」
(答え)being constructed
【進行形+受動態】(~されているところだった)は、【bebeing+過去分詞】で表す。

[5] We’re eating out more often than we [ought to/used to/were used to].
「私たちは以前よりも頻繁に外食している」
(答え)used to
used to do】は、過去の継続的な動作として「(以前は)~した」という意味の助動詞類似の表現である。

[6] It was foolish [for/of] him to tell a lie to the police.
「警察に嘘をつくとは彼は愚かだった」
(答え)of
It is[人の性格を表す形容詞]of S’ to do】で、「~するとはS’だ」という意味になる。この構文では、不定詞の直前に【of S’】を置き、[S’]が事実上後ろの不定詞の意味上の主語を兼ねている点に注意する。

[7] Her parents won’t approve of [she/her] marring the man.
「彼女の両親は彼女がその男と結婚することを認めないだろう」
(答え)her
「動名詞の意味上の主語」を明示するためには、原則として、(代)名詞の「所有格」を動名詞の直前につけて、【所有格+~ing】とする。

[8] [To want/Wanting/Wanted] to travel abroad, I have no time to do so.
「海外旅行がしたいのだが、そうする時間がまったくない」
(答え)Wanting
「譲歩」を表す「分詞構文」である。実質的に次の文と同じ:= While I want to travel abroad, I have...

[9] The author [what/which/whom] you criticized in the review has made no response to it.
「あなたがその論評記事の中で批判した作家は、それに対して全く反応していない」
(答え)whom
[先行詞=人][関係代名詞=目的格(”the author””him/her””whom”]の関係を理解する。
(注)口語では、「目的格」に”who”を使うことも可能。

[10] Sunday is the only day [at which/on when/when] I can relax.
「日曜日は私がリラックスできる唯一の日だ」
(答え)when
[先行詞=「時」に関わる語(”the (only) day”][関係副詞(”on the (only) day””when””on which”]の関係を理解する。

[11] She jabbed me in [a/my/the] back with her elbow.
「彼女は肘で私の背中をつついた」
(答え)the
V+人+前置詞+the+人の体の部分】の形をとる構文。定冠詞のtheを使うのがポイントである。

[12] I own a BMW and a Volve, but the former is German and the [later/latter/latest] is Swedish.
「私はBMWとボルボを所有しているが、前者はドイツ車で、後者はスウェーデン製である」
(答え)latter
the latter】で、「(2つ・2人についての)後者」という意味である。

[13] 「反乱軍は停戦に従うだろうか」⇒Will the rebels [observe/reserve/serve] the ceasefire?
(答え)observe
observe】には、「~(規則など)に従う」「~(法律など)を守る」という意味がある。

[14] Here is [famous a region for wine production/famous for wine production a region/a region famous for wine production].
「ここはワインの生産で有名な地域です」
(答え)a region famous for wine production
形容詞(本文では”famous”)に他の語句がついて1つの(意味の)まとまりとして(本文では”famous for wine production”)名詞(本文では”a region”)を修飾する場合、【名詞←形容詞+他の語句】の語順とする。

[15] Professor Doe is [great/greatly] admired for his unique lectures by all the students.
「ドウ教授はその独特の講義ですべての生徒に大いに称賛されている」
(答え)greatly
分詞(本問では“admired”)を修飾するのは「副詞」である。【greatly】は、「(程度が)非常に」「大いに」という意味である。

[16] This is not as [an easy question/easy a question/a question easy] to solve as that one.
「これはさっきの問題ほど解くのに簡単な問題ではない」
(答え)easy a question
as ~ as...】の”~”中に“a[an]+形容詞+名詞”が入る場合、【as+形容詞+a[an]+名詞+as...】の語順とする。

[17] We moved here in 2009. [By/Since/Until] then we'd always been in London.
「私たちは2009年にここに移って来た。それまでは常にロンドンにいた」
(答え)Until
until】は、「~まで(ずっと)」という意味である。

[18] 「仮に社長が明日の会議を欠席したら、その場合私たちはどうするべきか」⇒[S-] our president is absent from the tomorrow’s meeting, what should we do then?
(答え)Suppose[Supposing]
suppose[supposing] (that)…】は、文頭で「仮に…だとすると」(=if)という意味で用いることができる。

[19] We can hardly believe such a rumor, [can/can’t] we?
「そんな噂なんてとても信じられませんよね」
(答え)can
hardly(ほとんど…ない)】は否定の副詞なので、「肯定」の付加疑問を受ける。

[20] If she were to ask him for some advice, he [may help/may have helped/might help] her.
「もし彼女が彼に助言を求めれば、彼は彼女を助けるかもしれないが…」
(答え)might help
if S were to do】で、「実現可能性がないか極めて低い未来の事柄」=「(将来)もし・仮に~ならば」「たとえ…でも」の意味を表す。この場合の主節は、【Swould[could, might, should] do】となる。

[21] 「あなたが本当の状況を知らないということは、何の言い訳にもならない」⇒Your [i-] of the true situation is no excuse.
(答え)ignorance
one’s ignorance of[about] ~】で、「(人)が~を知らないこと」という意味である(「名詞構文」の類型)。本文を「本当の状況のあなたの無知」などとした場合と比較して欲しい。

ホームに戻る