KLS英語学習教室

英文法 ★中級レベルの定着問題[Intermediate20]

問題数全21題/15題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] Either he or I [has/have] to go there.

[2] What time [are you arriving/have you arrived] in Tokyo tomorrow?

[3] The skies grew [dark/darkness] and soon it began to rain.

[4] The plan has [carried/be carried/been carried] out several times before.

[5] If the drought continues, there's [able/about/going] to be a famine in a few months.

[6] May I borrow something to [write with/write with it]?

[7] Most of the local people have strongly objected to [construct/constructing] the new airport.

[8] The woman spoke about the event [on/to/with] tears in her eyes.

[9] The man [what/which/who] called yesterday wants to buy your house.

[10] She wants to get a job [what/which/where] she can take advantage of her language skills.

[11] There is a [hypothesis/hypotheses] about the function of dreams.

[12] She seems to know where he is now. = [It/That/What] seems that she knows where he is now.

[13] Five soldiers were killed and seven were [damaged/wounded] in the battle.

[14] Our baby is sleeping deeply upstairs. = Our baby is sound [a-] upstairs.

[15] They fought courageously to the end. = They fought [in/of/with] courage to the end.

[16] Material A is [twice stronger than/twice as strong as/as twice strong as] Material B.

[17] I’ve completed the initial plan [along/among/apart] with my colleagues.

[18] It remains to be seen [w-] or not his idea can be put into practice.

[19] There is very little danger of an earthquake in this country. = There is [h-] any danger of an earthquake in this country.

[20] If you [worked/have worked/had worked] harder then, you would have passed the final exams.

[21] Never [I saw/did I saw/did I see] her again after that.
































【解答と解説】

[1] Either he or I [has/have] to go there.
「彼か私のどちらかがそこに行かなければならない」
(答え)have
(either) A or B】=「A又はB」「ABのどちらか(一方)」が主語になる場合、動詞は、通例、“B”(動詞に近い方。本問では“I”)に呼応する。よって、単数扱い。

[2] What time [are you arriving/have you arrived] in Tokyo tomorrow?
「明日何時に東京に到着しますか」
(答え)are you arriving
「近い未来の予定」を表す場合に、【現在進行形】=【am[are, is]+現在分詞】が用いられることがある。特に「往来発着」を表す動詞でみられる用法である。

[3] The skies grew [dark/darkness] and soon it began to rain.
「空は暗くなり間もなく雨が降り始めた」
(答え)dark
grow+形容詞】で、「(次第に・だんだんと)~(形容詞の状態に)になる」(文型は【SVC】)という意味である。

[4] The plan has [carried/be carried/been carried] out several times before.
「その計画は以前何度か実行されたことがある」
(答え)been carried
「完了形」と「受動態」がいっしょに使われる場合は、【S(主語)+have[has]/had/will havebeen+過去分詞】で表す。

[5] If the drought continues, there's [able/about/going] to be a famine in a few months.
「干ばつが続けば、数か月後には飢餓が起こりそうだ」
(答え)going
be going to do】には、【(人の意志に関係なく起こると見込まれる)近い未来の予測】=「~しそうだ」「(もうすぐ)~しようとしている」という意味がある。

[6] May I borrow something to [write with/write with it]?
「何か書くものを借りてもいいですか」
(答え)write with
不定詞の「形容詞用法」である。“something”が“with”の目的語の関係になっているため、“something”を表す代名詞の“it”を“with”の後に重ねて続ける必要はない。

[7] Most of the local people have strongly objected to [construct/constructing] the new airport.
「地元住民のほとんどが新空港の建設(新空港を建設すること)に強く反対している」
(答え)constructing
object to ~(~に反対する)】の”to”は前置詞であるため「動名詞」を続ける。

[8] The woman spoke about the event [on/to/with] tears in her eyes.
「その女性は目に涙を浮かべてその出来事について語った」
(答え)with
with A 前置詞句】で、「Aが~の状態で」という意味の「付帯状況」を表す。

[9] The man [what/which/who] called yesterday wants to buy your house.
「昨日電話してきた男性があなたの家を買いたがっています」
(答え)who
[先行詞=人][関係代名詞=主格(”the man””he””who”]の関係を理解する。

[10] She wants to get a job [what/which/where] she can take advantage of her language skills.
「彼女は自身の言語能力が生かせる仕事に就くことを望んでいる」
(答え)where
[先行詞=「場所(状況)」に関わる語(”a job”][関係副詞(”in a job””where””in which”]の関係を理解する。

[11] There is a [hypothesis/hypotheses] about the function of dreams.
「夢の機能に関する仮説がある」
(答え)hypothesis
hypothesis】=「仮説」は、「可算名詞」であるが、【hypotheses】は、その「複数形」である。

[12] She seems to know where he is now. = [It/That/What] seems that she knows where he is now.
「彼女は彼が今どこにいるのか知っているようだ」
(答え)It
It seems that...】で、「…のようだ」「…らしい」という意味である。
(注)この表現中の”it”は「非人称のitと呼ばれるもので、「形式主語のit」とは違う。

[13] Five soldiers were killed and seven were [damaged/wounded] in the battle.
「その戦闘で5人が死亡し、7人が負傷した」
(答え)wounded
damage ~】は、通例、「~(物)に損害を与える」という意味で、「~(人)を害する(人に損害を与える)」という意味では使わない(もっとも「人の健康などを害する」という意味では使われる)。一方、【wound ~】は、通例、「(武器や凶器で)~(人)を負傷させる」という意味で用いる。

[14] Our baby is sleeping deeply upstairs. = Our baby is sound [a-] upstairs.
「赤ちゃんは二階でぐっすり寝ている」
(答え)asleep
asleep】=「眠って(いる)」は、通例、「叙述用法」のみで用いる点に注意する。
(注)”sound”は、ここでは、「ぐっすり(深く)」という意味の「副詞」である。

[15] They fought courageously to the end. = They fought [in/of/with] courage to the end.
「彼らは最後まで勇敢に戦った」
(答え)with
with+抽象名詞】は、実質的に「副詞句」に相当することが多い。つまり、【with courage】は、「勇敢に」という意味で、【courageously】に相当する。

[16] Material A is [twice stronger than/twice as strong as/as twice strong as] Material B.
「素材Aは素材Bより2倍強度がある」
(答え)twice as strong as
倍数表現の「の2倍だけ~」は、通例、【twice as ~ as…】の形を用いる(“twice”は、通例、比較級とは使わない)。
(注)ただし、two times”は原級・比較級の両方で使用が可能:〇...two times stronger than...

[17] I’ve completed the initial plan [along/among/apart] with my colleagues.
「私は同僚と協力して当初の計画を完遂した」
(答え)along
along with ~】には、①「~と一緒に」「~と協力して」という意味と、②「~に加えて」「~のほかに」という意味がある(本問は①の意味)。

[18] It remains to be seen [w-] or not his idea can be put into practice.
「彼の考えが実行できるかどうかはまだ分からない」
(答え)whether
whether or not…】は、「かそうでないか(ということ)」という意味の「名詞節」を導くことができる。本問では、whether節が文の「主語」になっている(文頭の”It”は形式主語)。

[19] There is very little danger of an earthquake in this country. = There is [h-] any danger of an earthquake in this country.
「この国では地震の危険はほとんどない」
(答え)hardly
hardly】=「ほとんど…ない」は、(準)否定語(否定の副詞)として扱われる。

[20] If you [worked/have worked/had worked] harder then, you would have passed the final exams.
「もしあなたがあの時もう少し懸命に勉強していたら、最終試験に合格していたでしょう」
(答え)had worked
If S+仮定法過去完了, Swould[could, might, should] have+p.p.】の形で、「(事実はそうではなかったが)もし・仮にだった(…した)ならば」又は「(そんなことはなかったと思うが)もし・仮に…だった(…した)ならば」という意味になる。

[21] Never [I saw/did I saw/did I see] her again after that.
「その後私が彼女と会うことは二度となかった」
(答え)did I see
「否定語」である“never”を「強調」のため文頭に出すと【倒置】が起こり、【Neverv[助動詞]SV(原形)】の語順となる(本問では”saw”(一般動詞の過去形)に呼応して「助動詞」の”did”が用いられる)。

ホームに戻る