KLS英語学習教室

英文法 ★中級レベルの定着問題[Intermediate24]

問題数全21題/15題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] Every student [has/have] to hand in the report by Friday.

[2] I was introduced to Mr. Doe at the party, but I [met/have met/had met] him two weeks before.

[3] There is a new plan to enlarge the runway to enable jumbo jets [land/to land].

[4] Great care should be [taken/taken of] the sick and the aged.

[5] 「今日はその道はあまり混んでいないはずだ」⇒The roads [can/may/should] be less crowded today.

[6] He often does not keep his promise. = He often [f-] to keep his promises.

[7] All my family members say they’re looking forward to [meet/meeting] you.

[8] When [speaks/speaking/spoken] English, he often makes grammatical mistakes.

[9] This kind of fuel is very efficient. And [that/what/which] is more, it’s clean.

[10] Anyone that is responsible for this wrongdoing will be punished. = [W-] is responsible for this wrongdoing will be punished.

[11] 「その不法労働者は本国に送還される危険を冒したくはなかった」⇒The illegal worker didn’t want to [r-] the risk of being deported to his own country.

[12] What’s [it/that/this] like being a sailor?

[13] 「昨日これらの写真を現像してもらいました」⇒I got these pictures [d-] yesterday.

[14] It is very likely that she will win the election. = There's a [g-] chance that she will win the election.

[15] Nowadays many people [travel/traveled/have traveled] abroad.

[16] 「馬が魚でないのと同様に、くじらだって魚じゃない」⇒A whale is no more a fish than a horse [is/is not].

[17] They will leave this village [at/in/on] Monday morning.

[18] We whispered to each other [as/so/such] that no one else could hear.

[19] [How/Such/What] beautiful this Japanese doll is!

[20] It is necessary that every employee [be/will be/was] informed of the new working rules immediately.

[21] 「彼女は正直なので嘘がつけなかった」⇒Her honesty didn’t [a-] her to tell a lie.
































【解答と解説】

[1] Every student [has/have] to hand in the report by Friday.
「すべての生徒が金曜までにレポートを提出しなければならない」
(答え)has
every+可算名詞の単数形】=「あらゆる・どの・すべての~」が主語になる場合、「単数」扱いとなる。次の文と比較せよ:All the students have to hand in the report by Friday.

[2] I was introduced to Mr. Doe at the party, but I [met/have met/had met] him two weeks before.
「私はそのパーティーでドウ氏に紹介されたが、その2週間前に彼に会っていた」
(答え)had met
「過去のある時点までに動作が完了又は経験したこと(~した・~したことがあった)」は、「過去完了形」=【had+過去分詞】で表す。

[3] There is a new plan to enlarge the runway to enable jumbo jets [land/to land].
「ジャンボジェット機が着陸できるよう、滑走路を拡大する新たな計画がある」
(答え)to land
enable A to do】で、「Aが~することを可能にする」「Aが~できるようにする」(文型は【SVOC】)という意味である。“enable A do”の型はない(誤り)。

[4] Great care should be [taken/taken of] the sick and the aged.
「病人と高齢者に十分なケア(世話)がなされるべきだ」
(答え)taken of
【動詞+名詞+前置詞】で1つの他動詞のように扱われる句動詞(群動詞:本問では”take care of ~”)では、「名詞」を主語とする受身も可能である。この場合、「名詞」に修飾語(形容詞)がついていることが多い。
(注)次の受身も可能である:The sick and the aged should be taken great care of.

[5] 「今日はその道はあまり混んでいないはずだ」⇒The roads [can/may/should] be less crowded today.
(答え)should
助動詞の【should】には、「見込み」「推量」=「きっと~だろう」「おそらく~するはずだ」という意味がある。

[6] He often does not keep his promise. = He often [f-] to keep his promises.
「彼はしばしば約束を守らない」
(答え)fails
fail to do】にはいくつか意味があるが、ここでは、「~することを怠る」「~しない」という意味である。

[7] All my family members say they’re looking forward to [meet/meeting] you.
「家族全員があなたに会うことを楽しみにしていると言っています」
(答え)meeting
look forward to ~ing】で、「~することを楽しみに待つ」という意味である。この“to”は前置詞である。よって、“look forward to do”とするのは誤り。

[8] When [speaks/speaking/spoken] English, he often makes grammatical mistakes.
「英語を話すとき、彼はよく文法的な間違いする」
(答え)speaking
【分詞構文】を用いると意味が不明確になる恐れがあるため、意味をはっきりさせるために分詞に接続詞を添えることがある。本問は、その例である。
上の文を、【接続詞+分詞構文】を使わないで表現すると次のようになる:
= When he speaks English/When he is speaking English, he often makes grammatical mistakes.

[9] This kind of fuel is very efficient. And [that/what/which] is more, it’s clean.
「この種の燃料は非常の効率的だ。さらに、クリーンでもある」
(答え)what
(and) what is more】で、「さらに」「その上」という意味である。

[10] Anyone that is responsible for this wrongdoing will be punished. = [W-] is responsible for this wrongdoing will be punished.
「今回の非行に責任のある者はすべて処罰されるだろう」
(答え)Whoever
ここで、【whoever...】は、「する人は誰でも」=【anyone who...】という意味の「名詞節」である。

[11] 「その不法労働者は本国に送還される危険を冒したくはなかった」⇒The illegal worker didn’t want to [r-] the risk of being deported to his own country.
(答え)run
run the risk of ~ing】で、「(結果的に)~する危険を冒す」という意味である。
(注)【take the risk of ~ing】は、「(承知の上で、覚悟して)~する危険を冒す」というニュアンスである。

[12] What’s [it/that/this] like being a sailor?
「船乗りである(船乗りになる)というのはどんな感じですか」
(答え)it
この“it”は、【形式主語】である。本文では、「真主語(本当の主語)」である“being a sailor”(beingは動名詞)を受けている。

[13] 「昨日これらの写真を現像してもらいました」⇒I got these pictures [d-] yesterday.
(答え)developed
develop】には、「~(フィルム・写真)を現像する」という意味がある。
(注)【get A (p.p.)】は、「Aを~してもらう」という意味である。

[14] It is very likely that she will win the election. = There's a [g-] chance that she will win the election.
「彼女がその選挙に勝つ可能性は大いにある」
(答え)good
a good ~】で、「十分な[かなりの・相当な・たっぷりの(数の・量の・程度の)~」という意味で使われる。

[15] Nowadays many people [travel/traveled/have traveled] abroad.
「近頃では多くの人が海外に旅行する」
(答え)travel
nowadays】=「目下」「このごろ」「最近」は、「現在形」又は「現在進行形」と共に用いる(現在完了形とは使わない)。

[16] 「馬が魚でないのと同様に、くじらだって魚じゃない」⇒A whale is no more a fish than a horse [is/is not].
(答え)is
no more A than…】は、通例、「でないのと同様にS(主語)はAでない」という意味で捉える。(形は肯定文でも)“than...”以下を「否定」に捉えた上で、「S(主語)がAでない」ことを強調する表現である。

[17] They will leave this village [at/in/on] Monday morning.
「彼らは月曜の朝にこの村を出発するだろう」
(答え)on
「(特定の日又は曜日の)~(朝・午後・夕方)に」という場合、“in”ではなくて、【on】を用いる。

[18] We whispered to each other [as/so/such] that no one else could hear.
「誰にも聞かれないように私たちはお互いにひそひそと話した」
(答え)so
so that [S] can[may]...】で、「S(できるように)するために」という「目的」の意味を表す。

[19] [How/Such/What] beautiful this Japanese doll is!
「この日本人形はすばらしく美しい」
(答え)How
【感嘆文】=「何と(なんて)か」は、通例、“how”又は“what”ではじまる文で表現し、次のように使い分ける:
How+形容詞又は副詞(+SV!
what+(a[an]+)(形容詞のついた)名詞(+SV!
= What a beautiful Japanese doll this is!

[20] It is necessary that every employee [be/will be/was] informed of the new working rules immediately.
「すべての従業員に新しい労働規則を直ちに通知することが必要だ」
(答え)be
「必要」「重要」「妥当」などの意味を表す形容詞に続くthat節中では、通例、【仮定法現在(動詞の原形)】か 【should+原形】(主に<>の用法) を用いる。
(注)<英(口語)>では直説法も使われるが、文法問題としては、正答として選択しない方がよい。

[21] 「彼女は正直なので嘘がつけなかった」⇒Her honesty didn’t [a-] her to tell a lie.
(答え)allow
allow A to do】=「Aが~するのを許す・可能にする」を使った【無生物主語構文】である。直訳(「彼女の正直さは彼女が嘘をつくのを許さなかった」)と比較せよ。

ホームに戻る