KLS英語学習教室

英文法 ★中級レベルの定着問題[Intermediate26]

問題数全21題/15題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] Not only these resources but also access to the secret databases [is/are] given to the executive directors.

[2] How about going out for lunch when we [finished/have finished/will have finished] the work?

[3] The old man strongly advised [to me/me] to leave the village soon.

[4] She was made [drink/to drink/drinking] a brandy by her boyfriend.

[5] You look pale. You [cannot/must] be ill.

[6] This is the best course of action [your/for you/of you] to take.

[7] To get a job in this city is becoming more and more difficult. = [G-] a job in this city is becoming more and more difficult.

[8] [Seeing/Seen/To see] from a distance, the mountain looks like Mt. Fuji.

[9] It is my father who has made this company [that/what/where] it is today.

[10] The information which I was given by him turned out to be worthless later. = [S-] information as I was given by him turned out to be worthless later.

[11] There isn’t a lot of [work/works] at this time of the year.

[12] Their daughter is 5 years old now and [we/our/us/ours] is 3.

[13] The traffic accident resulted [from/in] the death of two passengers.

[14] 「私の時計は3分進んでいる」⇒My watch is three minutes [f-].

[15] What time are you coming [home/to home] tonight?

[16] She came to drive a car [by far/much/very] more carefully than before.

[17] [As/In/On] a young man, I taught Japanese in Australia.

[18] Strike [during/while] the iron is hot.

[19] How high is the Tokyo Tower? [W-] is the height of the Tokyo Tower?

[20] It was wonderful to find America, but it [can/will/would] have been more wonderful to miss it.

[21] [It/That/What] is Lawrence who you should talk to, not Robert.
































【解答と解説】

[1] Not only these resources but also access to the secret databases [is/are] given to the executive directors.
「上級取締役には、これらの資料だけでなく、極秘データベースへのアクセス権(閲覧する権利)が与えられる」
(答え)is
not only A but also B】=「AはもちろんBもまた」が主語になる場合、動詞は、通例、“B”(本問では“access to…”以下)に呼応する。よって、単数扱い。

[2] How about going out for lunch when we [finished/have finished/will have finished] the work?
「その仕事が済んだら昼食に出かけませんか」
(答え)have finished
「時・条件を表す副詞節」(本問では”when…”以下の時の副詞節)では、未来完了の代わりに「現在完了形」が用いられる。

[3] The old man strongly advised [to me/me] to leave the village soon.
「その老人はすぐにその村を出るように私に強く忠告した」
(答え)me
advise A to do】で、「Aに~するように助言(忠告)する」という意味である。
He advised me to leave the town immediately.
= He advised that I (should) leave…
= He advised my[me] leaving…

[4] She was made [drink/to drink/drinking] a brandy by her boyfriend.
「彼女は男友達にブランデーを飲まされた」
(答え)to drink
make A do(原形不定詞)】=「(無理やり)Aに~させる」<to compel someone to do something.>を受身にする文では、原形不定詞をto不定詞にする必要がある。つまり、【A be made to do】とする。

[5] You look pale. You [cannot/must] be ill.
「顔色が悪いよ。具合が悪いんじゃないの(具合が悪いに違いない)」
(答え)must
【(話者の)確信のある推量】=「~であるに違いない」「きっと~であるはずだ」は、must be ~】で表す。「~ではありえない」「~であるはずがない」を意味する【cannot be ~】との違いに注意する。

[6] This is the best course of action [your/for you/of you] to take.
「これはあなたが取れる最善の道だ」
(答え)for you
「不定詞の意味上の主語」(不定詞が表す動作や状態の主体)を明示するため(本問では”to take”の動作主体を明示するため)には、原則として、不定詞の直前に【for S’】をつけて、【for S’ to do】とする。なお、本問中の不定詞”to take”は「形容詞用法」である。

[7] To get a job in this city is becoming more and more difficult. = [G-] a job in this city is becoming more and more difficult.
「この街で仕事を得ることはますます難しくなっている」
(答え)Getting
【動名詞】=【動詞の~ing形】は、「~すること」という意味で、文中で「主語」になることができる。この場合、「不定詞」(名詞用法)を使っても同様の意味を表現できる。

[8] [Seeing/Seen/To see] from a distance, the mountain looks like Mt. Fuji.
「遠くから見ると(見られると)、その山は富士山のように見える」
(答え)Seen
本文は、次の文を「分詞構文」にしたものである:When the mountain is seen from a distance, it looks like Mt. Fuji.
(注)原則的には、“Being seen...”となるが、分詞構文では、“being”は通例省略されるので、“Seen..., the mountain...”という「受身の(過去分詞を使った)分詞構文」が出来上がる。

[9] It is my father who has made this company [that/what/where] it is today.
「この会社を今のようにしたのは私の父だ」
(答え)what
what S is[are]】で、「今の(今日の)S」という意味の慣用的な表現である(直訳は「Sが現在そうであるところのもの・こと」といった程度)。 この”what”は「主格(補語)の関係代名詞」である。
(注)文全体は【It is ~ who…】の「強調構文」である。

[10] The information which I was given by him turned out to be worthless later. = [S-] information as I was given by him turned out to be worthless later.
「私が彼からもらったその情報は、後に何の価値もないことが判明した」
(答え)Such
as”に注目する。この”as” は、「擬似関係代名詞」(asの関係代名詞的用法の1類型)と呼ばれるもので、通例、【such/the same/as[so]+先行詞+as...】の形で用いる。【such+先行詞+as...】で、「…するような(そのような)~」という意味である。

[11] There isn’t a lot of [work/works] at this time of the year.
1年のこの時期はあまり仕事がない」
(答え)work
work】は、「仕事」という意味では「不可算名詞」であり、よって、「複数形」はない(複数語尾の-sはつかない)。
(注)work】は、「(美術や文学などの)作品」<something such as a painting, play, piece of music, etc. that is produced by an artist or a creator.>という意味では「可算名詞」であり、よって、複数には「複数形」が用いられる。このように、英語には、同じ語(名詞)であっても、その意味によって「可算名詞」と「不可算名詞」の両方に扱われるものが相当数ある。

[12] Their daughter is 5 years old now and [we/our/us/ours] is 3.
「彼らの娘さんは現在5歳で、私たちの娘は3歳です」
(答え)ours
ours】は、「私たちのもの(人)」という意味で、通例、名詞の繰り返しを避けるために用いる。本問では“our daughter”の代用である。

[13] The traffic accident resulted [from/in] the death of two passengers.
「その交通事故で2名の乗客が亡くなった」
(答え)in
A result in B】は、「Aは(結果として)Bに終わる・Bの結果になる」という意味である。一方、【A result from B】は、「Aは(結果として)Bから生じる(Bによって起こる)」という意味である。

[14] 「私の時計は3分進んでいる」⇒My watch is three minutes [f-].
(答え)fast
「(時計が)~だけ進んで(いる)」は、【(be) ~ fast】と表現する。一方、【(be) ~ slow】で、「(時計が)~だけ遅れて(いる)」という意味になる。

[15] What time are you coming [home/to home] tonight?
「今夜は何時に帰宅する予定ですか」
(答え)home
home】には、「(自分の)家に(へ)」<to or at the place where you live.>という意味の「副詞」の用法がある。したがって、通例、“come to home”や“go to home”とするのは誤りである。

[16] She came to drive a car [by far/much/very] more carefully than before.
「彼女は以前よりもずっと慎重に運転するようになった」
(答え)much
“much”は、【much+比較級】で、「比較級」を強めることができる。”by far”も「比較級」を強めることができるが、その場合、通例、比較級の「後」に置く(【比較級+by far】)。”very”は、「(形容詞の)最上級」なら修飾できる(【the very+形容詞の最上級】)。

[17] [As/In/On] a young man, I taught Japanese in Australia.
「若かった時、私はオーストラリアで日本語を教えていた」
(答え)As
「前置詞」の【as】には、「~のときに」<when someone was in a particular age group.>という意味がある。

[18] Strike [during/while] the iron is hot.
「鉄は熱いうちに打て」
(答え)while
while…】は、「接続詞」として「している間に」<during the time that something is happening; all the time that something is happening.>という意味がその基本である。
(注)【during ~=「~の間に」は、「前置詞」であって、「接続詞」ではない。

[19] How high is the Tokyo Tower? [W-] is the height of the Tokyo Tower?
「東京タワーはどのくらいの高さですか」
(答え)What
「高さ」を訊ねる表現「~はどのくらいの高さですか」には、【How high is ~?】の他に、【What is the height of ?】という表現があることに注意する。

[20] It was wonderful to find America, but it [can/will/would] have been more wonderful to miss it.
「アメリカを発見したのはすばらしいことだった。しかし、アメリカを発見しそこなっていたらそれはもっとすばらしかったろう」
(答え)would
”if S+仮定法に相当する語句が「不定詞」の” to miss it”にある(含まれる)文である。その「仮定」(本問では「仮定法過去完了」)を受けて、述部では【助動詞の過去形+have (p.p.)】が使われている。

[21] [It/That/What] is Lawrence who you should talk to, not Robert.
「あなたが話をするべきなのはローレンスであって、ロバートではない」
(答え)It
It is [A(人を表す名詞)] who…】で、[A]を強調する構文、つまり「強調構文」を表す。
(注)[A]に「人」を表す(代)名詞がくる場合、”that”を用いることもできるが、who(m)もよく使われる。

ホームに戻る