KLS英語学習教室

英文法 ★中級レベルの定着問題[Intermediate27]

問題数全21題/15題以上正答で合格!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] The captain as well as passengers [was/were] rescued by the search party.

[2] When [did you last see/have you last seen] her?

[3] Let me [try/to try] it once more, won’t you?

[4] Some men were heard [argue/to argue/argued] outside last night.

[5] 「夜のこんな時間にあの男たちはいったい何をしているのだろうか」⇒What [can/may/must] those guys be doing at this time of the night?

[6] It is natural [for/of] him to say so.

[7] My daughter’s dream is to become a professional pianist. = My daughter’s dream is [b-] a professional pianist.

[8] [To take/Taking/Taken] out a gun, the man fired it at the police officer.

[9] That is [that/what/which] you said last time, isn’t it?

[10] They moved to the city in 2000, [that/what/where] they lived for five years.

[11] She always wears some [jewelry/jewelries] on her fingers.

[12] 「その2つの可能性のうち、前者がよりありうるように思える」⇒Of the two possibilities, the [f-] seems more likely.

[13] This building is made up of four floors. = The building consists [in/of/with] four floors.

[14] He is not a man worthy [for/of/to] the name “politician.”

[15] At that night, I couldn't sleep well, so I went [to downstairs/downstairs] and was watching TV.

[16] This region is [most/the most] beautiful in autumn.

[17] Apart [from/for/to] the ending, that film was not so bad.

[18] Rich [as/although/while] the old man was, he was always lonely.

[19] [What is the price/How much is the price] of this necklace?

[20] 「私たちは大幅に遅れました。もしそうでなかったら(遅れていなかったら)お昼までに空港に着いていたのですが」⇒We were much delayed. [O-] we would have been at the airport by lunch time.

[21] Seldom [have read I/have I read/I have read] a book with such a powerful message.
































【解答と解説】

[1] The captain as well as passengers [was/were] rescued by the search party.
「乗客はもちろん船長も捜索隊に救助された」
(答え)was
A as well as B】=「BはもちろんAも」が主語になる場合、動詞は、通例、“A”(本問では“the captain”)に呼応する。よって、単数扱い。

[2] When [did you last see/have you last seen] her?
「この前彼女に会ったのはいつですか」
(答え)did you last see
“when…?”が「いつしたか」という(過去の動作や状態を問う)疑問文で用いられる場合、その中では、通例、現在完了形を使うことはできず、「過去形」を使う。

[3] Let me [try/to try] it once more, won’t you?
「私にもう一度それをやらしてくれませんか」
(答え)try
letA+原形不定詞】で、「Aが~するのを許す」(= allow A to do)「Aに~させる・~させておく」(= not to prevent something from happening, or to make it possible for something to happen)という意味である。文型は【SVOC

[4] Some men were heard [argue/to argue/argued] outside last night.
「昨夜外で数人の男が言い争うのが聞かれた」
(答え)to argue
【知覚動詞+Ado(原形不定詞)】型の文を受身にする文では、原形不定詞をto不定詞にする必要がある。つまり、本問では、【A be heard to do】とする。

[5] 「夜のこんな時間にあの男たちはいったい何をしているのだろうか」⇒What [can/may/must] those guys be doing at this time of the night?
(答え)can
「疑問文」で用いて、「いったい~であるだろうか」という意味(強い疑念や驚き、いらだちなどの気持ち)を表す助動詞は、【can】である。

[6] It is natural [for/of] him to say so.
「彼がそう言うのは当然だ」
(答え)for
「不定詞の意味上の主語」(不定詞が表す動作や状態の主体)を明示する(「Aが~すること」「Aが~するための」「Aが~するために」などの意味を表す)ためには、原則として、不定詞の直前に【for A[目的格]】をつけて、【for A to do】とする。

[7] My daughter’s dream is to become a professional pianist. = My daughter’s dream is [b-] a professional pianist.
「娘の夢はプロのピアニストになることです」
(答え)becoming
【動名詞】(動詞の~ing形)=「~すること」は、文中で「(主格)補語」になることができる。「現在分詞」の動詞の~ingと混同しないように。

[8] [To take/Taking/Taken] out a gun, the man fired it at the police officer.
「その男は拳銃を取り出して警官に発砲した」
(答え)Taking
「付帯状況」の意味を表す【分詞構文】である。「付帯状況」は、通例、①「~しながら(する)」又は②「してそして~する」という関係性を表す(ここでは②の意味:= The man took out a gun and fired it at the police officer. )。

[9] That is [that/what/which] you said last time, isn’t it?
「それはあなたがこの前に言ったことですね(この前も同じことを言いましたね)」
(答え)what
「関係代名詞」のwhatは、そのなかに物・事柄を表す先行詞”thing(s)”を含んで、「(する・である)もの・こと」という意味で用いる。【what…the thing(s) which…】と理解する。

[10] They moved to the city in 2000, [that/what/where] they lived for five years.
「彼らは2000年にその街に移り、そこで5年間生活した」
(答え)where
「関係副詞」の”where”の「非制限用法」で、通例、【..., and[but, because] there...】を意味する。
(注)関係副詞のthatは、非制限用法で使うことはできない。

[11] She always wears some [jewelry/jewelries] on her fingers.
「彼女はいつも指にいくつかの宝石をつけている」
(答え)jewelry
jewelry(宝石類)】は「不可算名詞」であり、よって、「複数形」にならない。

[12] 「その2つの可能性のうち、前者がよりありうるように思える」⇒Of the two possibilities, the [f-] seems more likely.
(答え)former
the former】で、「(2つ・2人についての)前者」という意味である。
(注)「(2つ・2人についての)後者」は、【the latter】という。

[13] This building is made up of four floors. = The building consists [in/of/with] four floors.
「この建物は4つのフロアーで構成されている」
(答え)of
consist of ~】で、「~から成る(成り立っている)」という意味である。【consist in ~】=「~にある(存在する)」との前置詞の違いに注意する。

[14] He is not a man worthy [for/of/to] the name “politician.”
「彼は“政治家”の名にふさわしい男ではない」
(答え)of
(be) worthy of ~】で、「~に値する」「~にふさわしい」という意味である。

[15] At that night, I couldn't sleep well, so I went [to downstairs/downstairs] and was watching TV.
「その夜はよく眠れなかったので、私は階下に降りてテレビを見ていた」
(答え)downstairs
downstairs】には、「階下へ(で)」という意味の「副詞」の用法があるため、“go to downstairs”とするのは、通例、誤りである。

[16] This region is [most/the most] beautiful in autumn.
「この地方は秋が一番美しい」
(答え)most
最上級は、原則として、”the”を伴う。しかし、叙述用法の形容詞の最上級では、「同一のもの(人)」について比較する場合には、通例、最上級に”the”をつけない。

[17] Apart [from/for/to] the ending, that film was not so bad.
「エンディングはさておき、その映画はそれほど悪くはなかった」
(答え)from
apart from ~】で、①「~は別として(さておき)」「~を除けば」(=except for)②「~に加えて」(=in addition to; as well as)という意味である(ここでは①の意味)。

[18] Rich [as/although/while] the old man was, he was always lonely.
「その老人は裕福だったが、いつも孤独だった」
(答え)as
【形容詞又は副詞+as[though]SV】で、「だけれども」という「譲歩」の意味を表す。
Rich as[though ×although] the old man was, he was always lonely. = Though[Although] the old man was rich, ...

[19] [What is the price/How much is the price] of this necklace?
「このネックレスはいくらですか」
(答え)What is the price
「~はいくらですか」(値段を訊ねる表現)という場合、“How much is the price of ?”とは言わない。”How much is this necklace?”とすれば正しい。

[20] 「私たちは大幅に遅れました。もしそうでなかったら(遅れていなかったら)お昼までに空港に着いていたのですが」⇒We were much delayed. [O-] we would have been at the airport by lunch time.
(答え)Otherwise
otherwise】には、前文を受けて「(過去に)もしそうでなかったら・そうしなかったら」という意味(仮定法過去完了の意味に相当)の用法があり、この用法では、述部に【助動詞の過去形+have(p.p.)】がくる。

[21] Seldom [have read I/have I read/I have read] a book with such a powerful message.
「そのような力強いメッセージを持つ本を読むことはめったにない」
(答え)have I read
seldom】=「めったに…ない」<not often; very rarely; almost never.>は、「否定語」であるため、これを「強調」のため文頭に出すと【倒置】が起こり、【Seldomv[助動詞]SV】の語順となる。

ホームに戻る