KLS英語学習教室

英文法 【主語と動詞の呼応】に関する確認問題[Intermediate]

問題数全17題/12題以上正答で確認完了!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] The United States of America [is/are] about twenty-times as large as Japan.

[2] Ten kilometers [is/are] a long way for children to walk.

[3] Politics [is/are] a boring subject for her.

[4] Statistics [show/shows] that women live longer than men.

[5] A lot of information about the accident [was/were] given to the police.

[6] To make a lot of friends [is/are] important to you.

[7] That the man was here yesterday [is/are] a fact.

[8] One of the most important things in our project [is/are] the budget.

[9] Most of her story [was/were] not true.

[10] Ham and eggs [is/are] my usual breakfast.

[11] You or he [are/is] to blame for the mistake.

[12] He as well as his parents [is/are] responsible for the accident.

[13] Not only my passport but also some credit cards [was/were] stolen in the airport yesterday.

[14] About 60 percent of a person’s weight [is/are] water.

[15] A number of passengers [was/were] injured in the accident.

[16] The number of crimes [has/have] been increasing in this city recently.

[17] The rich [is/are] indifferent to the problems of the poor.
































【解答と解説】
[1] The United States of America [is/are] about twenty-times as large as Japan.
「アメリカ合衆国は日本の約25倍の大きさである」
(答え)is
「国家」や「国際機関」を表す名詞が主語になる場合、その形が複数形でも、動詞は、通例、「単数」扱いとなる(「1つのまとまり」と考えられるからである)。ちなみに、【the United Nations(国連)】も、通例、「単数」扱いである。

[2] Ten kilometers [is/are] a long way for children to walk.
「10キロは子供が歩くには長い距離だ」
(答え)is
【数詞+可算名詞の複数形】で表される時間・距離・金額などが主語になる場合、その形が複数形でも、「1つのまとまった単位」とみられるときは、動詞は、通例、「単数」扱いとなる。

[3] Politics [is/are] a boring subject for her.
「政治学は彼女にとって退屈な科目だ」
(答え)is
「学問名」を表す名詞が主語になる場合、その形が複数形でも、動詞は、通例、「単数」扱いとなる(不可算名詞として扱われる)。

[4] Statistics [show/shows] that women live longer than men.
「統計によると女性の方が男性よりも長生きである」
(答え)show
statistics】は、「学問名」としての【統計学】という意味では「単数」扱い(不可算名詞扱い)だが、【統計(の数値)】という意味では、動詞は、通例、「複数」扱いとなる。

[5] A lot of information about the accident [was/were] given to the police.
「その事故に関する多くの情報が警察に寄せられた」
(答え)was
【不可算名詞】が主語になる場合、動詞は「単数」扱いとなる。【information(情報)】が「不可算名詞」である点にも注意する。

[6] To make a lot of friends [is/are] important to you.
「多くの友人を作ることはあなたにとって大切なことです」
(答え)is
【単一の名詞句】(本問では”To make a lot of friends”(不定詞句))が主語になる場合、動詞は「単数」扱いとなる。

[7] That the man was here yesterday [is/are] a fact.
「その男が昨日ここにいたのは事実だ」
(答え)is
【単一の名詞節】(本問では” That the man was here yesterday”that節))が主語になる場合、動詞は「単数」扱いとなる。

[8] One of the most important things in our project [is/are] the budget.
「私たちのプロジェクトの中で最も重要なことの1つは予算である」
(答え)is
one of ~】=「~の1つ・1人」が主語になる場合、動詞は「単数」扱いとなる。

[9] Most of her story [was/were] not true.
「彼女の話のほとんどは真実ではなかった」
(答え)was
most of ~】=「~のほとんど・大部分」が主語になる場合、動詞は“~”に呼応する(つまり、“~”が単数形なら単数扱い、“~”が複数形なら複数扱いとなる)。

[10] Ham and eggs [is/are] my usual breakfast.
「ハムエッグは私のいつもの朝食だ」
(答え)is
A and B】=「AB」「A及びB」が主語になる場合、動詞は「複数」扱いとなるのが原則だが、【A and B】が全体で「1つのまとまり」とみられるときは、「単数」扱いとなる。

[11] You or he [are/is] to blame for the mistake.
「あなたか彼のどちらかがそのミスに対して責任がある」
(答え)is
(either) A or B】=「A又はB」「ABのどちらか(一方)」が主語になる場合、動詞は、通例、“B”(動詞に近い方。本問では“he”)に呼応する。よって、単数扱い。

[12] He as well as his parents [is/are] responsible for the accident.
「彼の両親だけでなく彼にもその事故の責任がある」
(答え)is
A as well as B】=「BはもちろんAも」が主語になる場合、動詞は、通例、“A”(本問では“He”)に呼応する。よって、単数扱い。

[13] Not only my passport but also some credit cards [was/were] stolen in the airport yesterday.
「昨日空港でパスポートばかりか何枚かのクレジットカードも盗まれた」
(答え)were
not only A but also B】=「AはもちろんBもまた」が主語になる場合、動詞は、通例、“B”(本問では“some credit cards”)に呼応する。よって、複数扱い。

[14] About 60 percent of a person’s weight [is/are] water.
「人の体重の約60%が水である」
(答え)is
【数詞+percent of A】=「Aの~%」が主語になる場合、動詞は、通例、“A”(本問では“weight”)に呼応する(“A”が単数なら単数扱い、複数なら複数扱い)。

[15] A number of passengers [was/were] injured in the accident.
「何人かの(多数の)乗客がその事故で負傷した」
(答え)were
a number of+可算名詞の複数形】=「いくつかの~」「たくさんの~」が主語になる場合、動詞は、通例、「複数」扱いとなる。

[16] The number of crimes [has/have] been increasing in this city recently.
「最近この街では犯罪の数が増えている」
(答え)has
the number of+可算名詞の複数形】=「~の(総)数」が主語になる場合、動詞は、通例、「単数」扱いとなる。

[17] The rich [is/are] indifferent to the problems of the poor.
「金持ちは貧乏人の問題に無関心である」
(答え)are
the+形容詞】=「~(形容詞)な人たち」が主語になる場合、動詞は、通例、「複数」扱いとなる(“the rich=rich people”)。

ホームに戻る