KLS英語学習教室

英文法 【不定詞】に関する確認問題[Intermediate]

問題数全22題/15題以上正答で確認完了!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] She has decided [to study/studying] abroad.

[2] He expects [to pass/passing] the final exam.

[3] We persuaded our boss [to change/changing] his mind.

[4] That man must be crazy [to say/saying] such a thing to you.

[5] The naughty boy grew up [to be/being] a great politician.

[6] I hurried to the station, only [to find/finding] that the last train had already left.

[7] This dish is very easy [to cook/to cook it].

[8] This question is [for a child easy enough/enough easy for a child/easy enough for a child] to answer.

[9] [To tell whether/Whether to tell/To whether tell] her the truth or not is a difficult question.

[10] [Not try to/Try not to/Try to not] be late.

[11] The best way to solve the problem is [for/of] both of you to remove misunderstandings about each other.

[12] There is no need [for/of] you to worry about it.

[13] It was careless [for/of] you to make such a mistake.

[14] It seems that she was ill yesterday. She seems to [be/have been] ill yesterday.

[15] We [are meet/are to meet/are to meeting] at noon in the city hall.

[16] When did you [become/come] to know her?

[17] I happened [that I saw/to see] an old friend of mine at the bar last night.

[18] Now that you have done your best, you have [just/only] to wait for the results.

[19] He is working hard [so order/in order/in as] to support his large family.

[20] The rumor proved to be false. = The rumor [t-] out to be false.

[21] I can’t afford to buy a used car, not [to mention/mentioning] a new car.

[22] Strange [to say/saying], Mari said she knows nothing about it.
































【解答と解説】

[1] She has decided [to study/studying] abroad.
「彼女は留学することに決めた」
(答え)to study
decide to do】で、「~することを決める」「~しようと決心する」という意味である。“decide ~ing”は誤り。

[2] He expects [to pass/passing] the final exam.
「彼は(自分が)最終試験に合格することを見込んでいる」
(答え)to pass
expect to do】で、「~することを期待する(予測する)」「多分~するだろうと考える」「~するつもりである」という意味である。“expect ~ing”は誤り。

[3] We persuaded our boss [to change/changing] his mind.
「私たちは上司を説得して彼の気を変えさせた」
(答え)to change
persuade A to do】で、「Aを説得して~させる」「Aに(Aが)~するように説得する」という意味である。”persuade A ~ing”は誤りであるが、【persuade A into ~ing】とすれば同じ意味で使える。

[4] That man must be crazy [to say/saying] such a thing to you.
「あなたにそんなことを言うとは、あの男は気でも狂っているに違いない」
(答え)to say
不定詞の「副詞用法」にはいくつかの型があるが、本問は【判断の根拠】(ある判断の根拠となる理由)を表す。通例、「~するとは」「~するなんて」と訳される。

[5] The naughty boy grew up [to be/being] a great politician.
「そのわんぱくな少年は大きくなって偉大な政治家になった」
(答え)to be
grow up to be ~】で、「成長して・大人になって(その結果)~になる」という意味である。この表現は、“grow up”(成長する・大人になる)に不定詞の「副詞用法」の1つである【結果】の意味が加わったものである。

[6] I hurried to the station, only [to find/finding] that the last train had already left.
「駅に急いだが、残念ながら終電はすでに出発していた」
(答え)to find
only to do】で、「(しかし結局・残念ながら)~するだけのことだ」「~するということになる」という意味である。この不定詞の用法は、「副詞用法」の【結果】であることを押さえておいてほしい。

[7] This dish is very easy [to cook/to cook it].
「この料理はつくるのがとても簡単だ」
(答え)to cook
不定詞の「副詞用法」の1つだが、この型の構文【Sbe+形容詞+to do】の特徴は、主語S“to do”以下の「意味上の目的語」になっていることである。つまり、文の構造上そのようになっているので、通例、動詞の目的語(本問では”it=this dish”)は不要である。本文は、次のように書き換えることができる:It is easy to cook this dish.

[8] This question is [for a child easy enough/enough easy for a child/easy enough for a child] to answer.
「この問題は子供が答えることができるほど簡単なものです」
(答え)easy enough for a child
【形容詞or副詞+enough (for A) to do】の語順で、「(Aが)~するのに十分に(形容詞)or(副詞)」という意味になる。「副詞」の【enough(十分に)】は、形容詞又は副詞の「後ろ」に置く点に注意する。なお、【for A】は、後ろに来る不定詞の「意味上の主語」を表している。

[9] [To tell whether/Whether to tell/To whether tell] her the truth or not is a difficult question.
「彼女に真実を伝えるべきかどうかは難しい問題だ」
(答え)Whether to tell
不定詞は、「疑問詞」と結合して、つまり、【疑問詞+to do(動詞の原形)】として、【名詞句】をつくることができる(したがって、疑問詞と結合する場合の不定詞は「名詞用法」に分類される)。【whether to do or not】で、「~するか(すべきか)どうか(ということ)」という意味になる。本問では、”Whether to tell…”が文の「主語」になっている。

[10] [Not try to/Try not to/Try to not] be late.
「遅れないようにしなさい」
(答え)Try not to
不定詞の「否定形」は、否定語(notnever)を、通例、toの直前に置く。
(注)”to not[never] do”の語順も実際にはしばしば見られるが、文法問題としては避けた方がよい(間違えと考えた方がよい)。

[11] The best way to solve the problem is [for/of] both of you to remove misunderstandings about each other.
「その問題を解決するための最善の方法は、あなたたち二人がお互いについての誤解を取り除くことだ」
(答え)for
【不定詞の意味上の主語】(不定詞が表す動作や状態の主体)を明示するためには、原則として、不定詞の直前に【for S’】をつけて、【for S’ to do】とする。なお、本問中の不定詞(”to remove…”)は「名詞用法」である。

[12] There is no need [for/of] you to worry about it.
「そのことであなたが心配する必要はありません」
(答え)for
【不定詞の意味上の主語】(不定詞が表す動作や状態の主体)を明示するためには、原則として、不定詞の直前に【for S’】をつけて、【for S’ to do】とする。なお、本問中の不定詞(”to worry…”)は「形容詞用法」である。

[13] It was careless [for/of] you to make such a mistake.
「そんなミスをするとはあなたも不注意だったね」
(答え)of
It is[人の性格を表す形容詞]of S’ to do】で、「~するとはS’だ」という意味になる。「不定詞の意味上の主語」(不定詞が表す動作や状態の主体)を明示するためには【for S’ to do】とするのが原則だが、この構文では、不定詞の直前に【of S’】を置き、[S’]が事実上後ろの不定詞の意味上の主語を兼ねている(「[あなたが]そんなミスをする」)点に注意する。

[14] It seems that she was ill yesterday. She seems to [be/have been] ill yesterday.
「彼女は昨日具合が悪かったようだ」
(答え)have been
述語動詞(本問では“seems”←現在)よりも「以前の時」(本問では“was”←過去)のことを明示する場合には、【完了不定詞】=【to have+過去分詞】を用いる。
Cf. It seems that she is ill. = She seems to be ill. ←述語動詞と「同じ時」
Cf. It seemed that she was ill. = She seemed to be ill. ←述語動詞と「同じ時」
Cf. It seemed that she had been ill. = She seemed to have been ill. ←述語動詞よりも「以前の時」

[15] We [are meet/are to meet/are to meeting] at noon in the city hall.
「私たちは正午に市役所で会うことになっています」
(答え)are to meet
be to do】はいくつかの意味で使われるが、【予定】=「~することになっている」「~する予定である」がその中心的な意味である。

[16] When did you [become/come] to know her?
「あなたはいつ彼女と知り合うようになったのですか」
(答え)come
come to do】で、「~するようになる」という意味である。【get to do】も同様の意味で使えるが、この意味では”become to do”は使えない

[17] I happened [that I saw/to see] an old friend of mine at the bar last night.
「昨夜そのバーで偶然旧友の一人に会った」
(答え)to see
happen to do】で、「たまたま(偶然)~する」という意味である。この表現は【It happens that…】で言い換えることができる。よって、”It happened that I saw an old friend of mine…”とすれば正しい。

[18] Now that you have done your best, you have [just/only] to wait for the results.
「ベストを尽くしたのだから、あなたは結果を待ちさえすればよい」
(答え)only
have only to do】=【only have to do】:「~しさえすればよい」「~するだけでわかる」という意味である。

[19] He is working hard [so order/in order/in as] to support his large family.
「彼は大家族を養うために懸命に働いている」
(答え)in order
in order to do】で、「~するために」「~する目的で」という意味である(「目的」の意味が強く感じられる表現である)。ほぼ同じ意味は、【so as to do】で表現できる。

[20] The rumor proved to be false. = The rumor [t-] out to be false.
「その噂はうそであることがわかった」
(答え)turned
turn out (to be) ~】で、「(結局)~であることがわかる(判明する)」「結果として~になる」という意味である。【prove (to be) ~】も同義である。ともに“to be”が省略されることがある。

[21] I can’t afford to buy a used car, not [to mention/mentioning] a new car.
「新車はさておき、中古も買う余裕がない」
(答え)to mention
not to mention ~】で、「~は言うまでもなく」「~はさておき」という意味である。

[22] Strange [to say/saying], Mari said she knows nothing about it.
「奇妙な話だが、マリはそれについて何も知らないと言った」
(答え)to say
strange to say】で、「奇妙なことに」という意味である。

ホームに戻る