KLS英語学習教室

英文法 【動名詞】に関する確認問題[Intermediate]

問題数全23題/16題以上正答で確認完了!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] He is sure of [to pass/passing] the entrance exam.

[2] We’re very confident of [he/his] winning the prize.

[3] There is a strong possibility of [not their giving/their giving not/their not giving] any financial help to us.

[4] He is now very ashamed that he behaved so rudely at the party last night. He is now very ashamed of [behaving/having behaved] so rudely at the party last night.

[5] I avoided [to see/seeing] her at the party.

[6] This building needs [repairing/being repaired] immediately.

[7] The doctor strongly advised that I stop [to smoke/smoking].

[8] I’ll never forget [to see/seeing] you in Okinawa last summer.

[9] Remember [to mail/mailing] this letter tomorrow.

[10] I tried [to write/writing] her a letter, but she made no reply.

[11] He deeply regrets [to have/having] said such a thing to her last night.

[12] She isn’t used to [drive/driving] a car on freeways.

[13] The beaches of Okinawa are well worth [to visit/visiting].

[14] The spectators could not help [laugh/to laugh/laughing] at the comedian.

[15] I have heartburn now, so I don’t feel like [to eat/eating].

[16] I had a little difficulty [to make/making] my mother change her mind.

[17] It goes without [to say/saying] that he is one of the great pianists in the world.

[18] It is no use [to complain/complaining] about what’s been done.

[19] I’m looking forward [to see/to seeing] you in Tokyo again.

[20] Whenever she argues about the matter, she loses her temper. = She cannot argue about the matter [but/not/without] losing her temper.

[21] We have decided to put off until next month [to carry/carrying] out the plan.

[22] Because she is very stubborn, there is no [to persuade/persuading] her.

[23] The man entered my room without [at/in/so] much as knocking at the door.
































【解答と解説】

[1] He is sure of [to pass/passing] the entrance exam.
「彼は(自分が)入学試験に合格することを確信している」
(答え)passing
【動名詞】=【動詞の~ing形】は、「~すること」という意味で、文中で「前置詞」(本問では”of”)の目的語になることができる。【前置詞+~すること】という場合、通例、「不定詞」(名詞用法)を使うことができない点に注意する(前置詞の後ろで「~すること」と言いたい場合は動名詞を使う)

[2] We’re very confident of [he/his] winning the prize.
「私たちは彼がその賞を獲得するものと強く確信している」
(答え)his
【動名詞の意味上の主語】(動名詞が表す動作や状態の主体)を明示するためには、原則として、(代)名詞の「所有格」を動名詞の直前につけて、【所有格+~ing】とする。ただし、口語では「目的格」を使うことも多く(よって、本問では”him”も可)、動名詞の意味上の主語が「無生物(人や動物以外)」を表す名詞の場合には、(所有格がないので)「目的格」(「主格」と考えても同じ)を使うことになる:【目的格(主格)+~ing

[3] There is a strong possibility of [not their giving/their giving not/their not giving] any financial help to us.
「彼らが私たちに一切の財政支援をしない可能性が大いにある」
(答え)their not giving
【動名詞の意味上の主語】(動名詞が表す動作や状態の主体)を明示するためには、原則として、(代)名詞の「所有格」を動名詞の直前につけて、【所有格+~ing】とする。また、動名詞の「否定形」は、否定語(notnever)を、通例、~ingの直前に置く。この両者が合わさると、通例、【所有格+not~ing】の形をとる。

[4] He is now very ashamed that he behaved so rudely at the party last night. He is now very ashamed of [behaving/having behaved] so rudely at the party last night.
「彼は昨夜そのパーティーでそんな無礼なふるまいをしたことを今とても恥ずかしく思っている」
(答え)having behaved
述語動詞(本問では“is現在)よりも「以前の時」(本問では“behaved過去)のことを明示する場合には、【完了動名詞】=【having+過去分詞】を用いる。

[5] I avoided [to see/seeing] her at the party.
「私はそのパーティーで彼女と会わないようにした」
(答え)seeing
avoid ~ing】で、「~することを避ける」「~しないようにする」という意味である。”avoid”は「不定詞」を目的語にできない点に注意する。

[6] This building needs [repairing/being repaired] immediately.
「この建物は直ちに修理される必要がある」
(答え)repairing
need ~ing】(needが他動詞の動名詞を目的語に取るとき)は、「~される必要がある」=【need to be+過去分詞】という意味(受身の意味)になる。

[7] The doctor strongly advised that I stop [to smoke/smoking].
「医者は私が禁煙するように強く忠告した」
(答え)smoking
stop ~ing】で、「~することを止める」という意味である。この意味で“stop to do”とするのは誤り。なお、【stop to do】という表現はあるが、これは、「~するために立ち止まる」(目的)又は「立ち止まって~する」(結果)という意味で使われる(つまり、この不定詞は、「名詞用法」ではなくて、「副詞用法」である)。

[8] I’ll never forget [to see/seeing] you in Okinawa last summer.
「この前の夏、沖縄できみに会ったことは決して忘れない」
(答え)seeing
forget ~ing】で、「~したことを忘れる」(過去にしたことを忘れる)という意味である。一方、【forget to do】は、「~することを忘れる」(これからすべきことを忘れる)という意味である。

[9] Remember [to mail/mailing] this letter tomorrow.
「明日この手紙を忘れずに投函してください」
(答え)to mail
remember to do】で、「~することを覚えている」「忘れずに~する」(これからすべきことを覚えている)=【do not forget to do】という意味である。一方、【remember ~ing】は、「~したことを覚えている」(過去にしたことを覚えている)という意味である。

[10] I tried [to write/writing] her a letter, but she made no reply.
「彼女に手紙を書いてみたが、返事はなかった」
(答え)writing
try ~ing】で、「試しに(実際に)~してみる」という意味である。一方、【try to do】は、「~しようと試みる(努力する)」という意味である。

[11] He deeply regrets [to have/having] said such a thing to her last night.
「彼は昨夜彼女にあんたことを言ってしまったことを深く後悔している」
(答え)having
regret ~ing】又は【regret having+過去分詞】で、「~したことを後悔する」という意味である。この意味で、“regret to do/to have+過去分詞”とするのは誤り。
(注)【regret to do】は、「遺憾ながら(残念ながら)~する」という意味である。

[12] She isn’t used to [drive/driving] a car on freeways.
「彼女は高速道路で車を運転することに慣れていない」
(答え)driving
be used to ~ing】で、「~することに慣れている」(状態)という意味である。【be accustomed to ~ing】も同じ意味である。いずれの”to”も「前置詞」であるため、同じ意味を“be used[accustomed] to do”とするのは誤り。なお、【get[become] used[accustomed] to ~ing】は、「~することを慣れる」という意味である。

[13] The beaches of Okinawa are well worth [to visit/visiting].
「沖縄のビーチは訪れてみる価値が十分にある」
(答え)visiting
be worth ~ing】で、「~する(してみる)価値がある」という意味である。

[14] The spectators could not help [laugh/to laugh/laughing] at the comedian.
「観客はそのコメディアンを見て笑わずにはいられなかった」
(答え)laughing
cannot help ~ing】で、「~せずにはいられない」「どうしても(思わず)~してしまう」という意味である。同様の意味で、【cannot help but do】又は【cannot but do】は正しい。

[15] I have heartburn now, so I don’t feel like [to eat/eating].
「いま胸やけがしていて、食べる気がしない」
(答え)eating
feel like ~ing】で、「~したい(ような)気がする」という意味である。

[16] I had a little difficulty [to make/making] my mother change her mind.
「私は母の気持ちを変えさせるのに少々苦労した」
(答え)making
have difficulty (in) ~ing】で、「~するのに苦労する」という意味である。

[17] It goes without [to say/saying] that he is one of the great pianists in the world.
「彼が世界の中で偉大なピアニストの一人であることは言うまでもない」
(答え)saying
It goes without saying that...】で、「…ということは言うまでもない」という意味である。

[18] It is no use [to complain/complaining] about what’s been done.
「終わったことにぶつぶつ言っても仕方がない」
(答え)complaining
It is no use ~ing】で、「~しても無駄である」という意味である。【There is no use (in) ~ing】ともいう。
(注)It is of no use to do”(これは正しい)の類推から”It is no use to do”とすることがあるが、一般的には避けた方がよい(文法問題としては「誤り」と考える)。

[19] I’m looking forward [to see/to seeing] you in Tokyo again.
「東京で再びあなたに会うことを楽しみにしています」
(答え)to seeing
look forward to ~ing】で、「~することを楽しみに待つ」という意味である。この“to”は前置詞である。よって、“look forward to do”とするのは誤り。

[20] Whenever she argues about the matter, she loses her temper. = She cannot argue about the matter [but/not/without] losing her temper.
「その件について議論すると、彼女は必ず腹を立てる」
(答え)without
not[never] without ~ing】で、(前から訳して)「…すれば必ず~する」という意味である。直訳は、(後ろから訳して)「~することなしには(決して)…することはない」である。

[21] We have decided to put off until next month [to carry/carrying] out the plan.
「私たちはその計画の実行を来月まで延期することに決定した」
(答え)carrying
put off ing】で、「~することを延期する」という意味である。

[22] Because she is very stubborn, there is no [to persuade/persuading] her.
「彼女はとても強情なので、説得することはできない」
(答え)persuading
there is no ~ing】で、「とても~することはできない」「~することはとても難しい」という意味である。

[23] The man entered my room without [at/in/so] much as knocking at the door.
「その男はドアをノックさえしないで私の部屋に入ってきた」
(答え)so
without so much as ~ing】で、「~さえしないで」という意味である。

ホームに戻る