KLS英語学習教室

英文法 【形容詞】に関する確認問題[Intermediate]

問題数全17題/12題以上正答で確認完了!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] The event will take place at one time at [difference/different/differently] places throughout Japan.

[2] There is [nothing interesting/interesting nothing] in this report.

[3] The little girl held a [full basket of beautiful flowers/basket full of beautiful flowers].

[4] When we got there, the man was still [alive/live].

[5] The man has made a fortune by exploiting the [poor/poorly].

[6] If [you are convenient/it is convenient for you] tomorrow, please come and see me.

[7] [We are necessary/It is necessary for us] to prepare for the worst.

[8] [I am impossible/It is impossible for me] to read this book in the original.

[9] A dragon is an [imaginable/imaginary/imaginative] animal.

[10] Employees tried to solve the problem in their [respective/respectful/respectable] ways.

[11] They are very confident [at/of/on] their victory.

[12] I’m deeply sorry [for/of/to] your son’s death.

[13] His act is worthy [for/of/to] sever punishment.

[14] The wall clock is five minutes [slow/slowly].

[15] They shook hands [friendly/pleasingly].

[16] [The most/Most the/Most] employees were in front of the main gate of the factory.

[17] These legal documents are very important. = These legal documents are [in/of/with] great importance.
































【解答と解説】

[1] The event will take place at one time at [difference/different/differently] places throughout Japan.
「そのイベントは日本中の様々な場所で同時に開催されるだろう」
(答え)different
名詞」(本問では”places”)を修飾するのは【形容詞】である。【difference】は、「相違(違い)」という意味の「名詞」であり、differently】は、「それとは違って(それぞれに)」という意味の「副詞」である。

[2] There is [nothing interesting/interesting nothing] in this report.
「このレポートには興味深いことは何ひとつない」
(答え)nothing interesting
形容詞が-ingで終わる不定代名詞」(本問では”nothing”)を修飾する場合、例外的に、形容詞1語でも後ろから修飾する点に注意する。つまり、【something/anything/nothing←形容詞1語】とする。

[3] The little girl held a [full basket of beautiful flowers/basket full of beautiful flowers].
「その少女はきれいな花でいっぱいのかごを抱えていた」
(答え)basket full of beautiful flowers
形容詞に他の語句がついて1つの(意味の)まとまりとして名詞を修飾する場合、形容詞+他の語句をその名詞の「後」に置くのが英語のルールである。つまり、【名詞←形容詞+他の語句】とする。

[4] When we got there, the man was still [alive/live].
「私たちがそこに着いたとき、その男性はまだ生きていた」
(答え)alive
形容詞の用法には、原則として、【限定用法】(形容詞が直接名詞を修飾する用法)と【叙述用法】(形容詞が動詞の補語として用いられる用法)の2つがある(例えば“this beautiful flower”は「限定用法」で、“this flower is beautiful”は「叙述用法」)。しかし、例外的に、そのどちらか一方にしか使えない形容詞がある。【live(生きている)】は、通例、「限定用法」のみで用い、一方、【alive(生きて(いる))】は、通例、「叙述用法」のみで用いる。

[5] The man has made a fortune by exploiting the [poor/poorly].
「その男は貧乏人を食い物にしてひと財産を築いた」
(答え)poor
the+形容詞/分詞】で、通例、「~な人たち」という意味で用いる(その形容詞又は分詞の性質を持つ人たち全体を表す)。つまり、“the poor=poor people”を表す。

[6] If [you are convenient/it is convenient for you] tomorrow, please come and see me.
「明日都合が良ければ、会いに来てください」
(答え)it is convenient for you
convenient】は、「(物事や場所が人にとって)便利な・都合のよい」という意味であり、人」を主語にしない形容詞である。
(注)本文中の“it”は事情や状況を漠然と示している。

[7] [We are necessary/It is necessary for us] to prepare for the worst.
「最悪の事態に備えておくことが私たちに必要だ」
(答え)It is necessary for us
necessary(必要な)】は、「(人が)~することが必要である」という意味では、“人+be necessary to do”とすることはできない。同様の意味は、通例、形式主語のitを使って、【It is necessary for () to do】などと表現する。

[8] [I am impossible/It is impossible for me] to read this book in the original.
「この本を原書で読むのは私にはとても無理な話だ」
(答え)It is impossible for me
impossible(実行不可能な)】は、「(人が)~することができない」という意味では、“人+be impossible to do”とすることはできない。同様の意味は、通例、【It is impossible for () to do】(このitは形式主語)又は【人+be unable to do】などと表現する。

[9] A dragon is an [imaginable/imaginary/imaginative] animal.
「ドラゴンは架空の動物である」
(答え)imaginary
似た形の形容詞の意味の違いに注意する:
imaginable】⇒「想像できる」「考えられる限りの」
imaginary】⇒「想像上の」「架空の」
imaginative】⇒「想像力豊かな」「創作的な」

[10] Employees tried to solve the problem in their [respective/respectful/respectable] ways.
「従業員たちはそれぞれのやり方でその問題を解決しようとした」
(答え)respective
似た形の形容詞の意味の違いに注意する:
respective】⇒「それぞれの」「各自の」
respectful】⇒「敬意を表する」
respectable】⇒「世間的にちゃんとした」「まともな」

[11] They are very confident [at/of/on] their victory.
「彼らは自分たちの勝利をとても確信している」
(答え)of
be confident of[about] ~】で、「~を確信している」という意味である。

[12] I’m deeply sorry [for/of/to] your son’s death.
「あなたの息子さんの死を大変残念に思います」
(答え)for
be sorry for[about] ~】で、「~を気の毒に思う・残念に思う」という意味である。「~を申し訳なく思う」という意味でも使われる。

[13] His act is worthy [for/of/to] sever punishment.
「彼の行動は厳罰に値する」
(答え)of
be worthy of ~】で、「~に値する」「~にふさわしい」という意味である。

[14] The wall clock is five minutes [slow/slowly].
「その柱時計は5分遅れています」
(答え)slow
(be) ~ slow】で、「(時計が)~だけ遅れて(いる)」という意味である。「(時計が)~だけ進んで(いる)」は、【(be) ~ fast】と表現する。

[15] They shook hands [friendly/pleasingly].
「彼らは愉快に握手を交わした」
(答え)pleasingly
friendly】は、「親しい(好意的な・友好的な)」という意味の「形容詞」で、「副詞」の用法はない。なお、【pleasingly】は、「愉快に(満足して)」という意味の「副詞」である。

[16] [The most/Most the/Most] employees were in front of the main gate of the factory.
「ほとんどの従業員が工場の正門の前にいた」
(答え)Most
most】は、ここでは「形容詞」で「ほとんどの~」という意味である。この意味では、通例、定冠詞をつけて“the most ~”としない。一方、”most”が「限定名詞」(the, one’s, this, theseなどの限定詞のついた名詞)に共に用いられる場合は、【most of+限定名詞】(←このmostは代名詞である)の形をとる。したがって、“most of the employees”とすれば正しい。

[17] These legal documents are very important. = These legal documents are [in/of/with] great importance.
「これらの法務書類は非常に重要である」
(答え)of
of+抽象名詞】(この“of”は「~の性質・特徴を持った」という意味)が「形容詞」(の1語)で表現できる場合がある。本問もその1例で、【of importance=important】となる。【of great+抽象名詞】=【very+形容詞】の対応関係にも注意する。


ホームに戻る