KLS英語学習教室

英文法 【接続詞】に関する確認問題[Intermediate]

問題数全10題/7題以上正答で確認完了!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

[1] [It/That/Whether] he attends the meeting or not does not matter to them.

[2] [Although/But/Still] I may be too optimistic, I believe this problem can be solved. 

[3] I thought it happened at just twelve o’clock, [for/to/with] the church bell was ringing then.

[4] [As/Though/Whether] you like it or not, you have to get along with them.

[5] [As/Since/While] this is true in some cases, it does not always apply to all the cases.

[6] I got up late this morning, [in/so/such] that I was late for the meeting.

[7] He is so [a great politician/great a politician] in this country that his profile is put on a school textbook.

[8] [At/In/On] case you see the man around here, let the police know immediately.

[9] I didn’t tell you the truth [for/in/with] fear you would worry.

[10] You may go home [only if/provided/supplied] that you finish the work.
































【解答と解説】

[1] [It/That/Whether] he attends the meeting or not does not matter to them.
「彼が会議に出席するかどうかは彼らにはどうでもよいことだ」
(答え)Whether
whether…or not】は、「かそうでないか(ということ)」という意味の「名詞節」を導くことができる。本問では、名詞節としてのwhether節が文の「主語」になっている。

[2] [Although/But/Still] I may be too optimistic, I believe this problem can be solved. 
「楽観過ぎるかも知れないが、私はこの問題は解決できると思う」
(答え)Although
although…】は、「だけれども」「だが」という「譲歩」の意味を表す。【though…】と同義だが、【although…】の方がやや硬い表現である。

[3] I thought it happened at just twelve o’clock, [for/to/with] the church bell was ringing then.
「私はそれがちょうど12時起こったと思った。というのも、そのとき教会のベルが鳴っていたからだ」
(答え)for
接続詞の【for...】の用法である。“for”を「接続詞」として使う用法はかなり堅い表現だが(通常は“because”を使えば足りる)、しばしば見られる。通例、先行する節の後にコンマ<,>やセミコロン<;>などを置いてその後に用いて、「というのは…だから」(追加的・補足的な理由)という意味を表す。

[4] [As/Though/Whether] you like it or not, you have to get along with them.
「好むと好まざるとにかかわらず、あなたは彼らと折り合いをつけていかなければならない」
(答え)Whether
whether…or not】は、「であろうとなかろうと」「しようがしまいが」という意味の「副詞節」を導くことができる。

[5] [As/Since/While] this is true in some cases, it does not always apply to all the cases.
「これはいくつかのケースでは真実であるが、すべてのケースに当てはまるわけではない」
(答え)While
while…】には、主節に先行して、「だけれども」(=although)という「譲歩」の意味を表す用法がある。

[6] I got up late this morning, [in/so/such] that I was late for the meeting.
「今朝は寝坊して会議に遅刻した」
(答え)so
, so (that)...】で、「それで(そのため・その結果)…」という「結果」の意味を表す(この意味では、通例、前にコンマ<,>がある)。

[7] He is so [a great politician/great a politician] in this country that his profile is put on a school textbook.
「彼はこの国では非常に偉大な政治家なので、その横顔が学校の教科書に載っている」
so ~ that...=「とても(非常に)~なので…」「…なほど(それほど)~」”~”中に“a[an]+形容詞+名詞”が入る場合、【so+形容詞+a[an]+名詞+that...】の語順とする(“a[an]”の位置に注目)。
= He is such a great politician in this country that…

[8] [At/In/On] case you see the man around here, let the police know immediately.
「この辺りでその男を見かけたらすぐに警察に知らせてください」
(答え)In
(just) in case...】で、「もしなら」(=if...だといけないので」「の場合に備えて」という意味であるが、ここでは①の意味である(②の意味では、通例、主節の後にくる)。

[9] I didn’t tell you the truth [for/in/with] fear you would worry.
「あなたが心配するといけないので私は本当のことを言わなかったのです」
(答え)for
for fear (that)...】で、「することを恐れて」「だといけないので」という意味である。

[10] You may go home [only if/provided/supplied] that you finish the work.
「その仕事を終えたら帰宅してもよろしい」
(答え)provided
provided (that)…】で、「もしならば」「という条件で」という意味である。【providing (that)…】としてもよい(こちらの方が口語的)。

ホームに戻る