KLS英語学習教室

英文法 [Intermediate]の確認問題2-1(【主語と動詞の呼応】~【関係代名詞】)

問題数全20題/14題以上正答で確認完了!
【解答と解説】はこのページ(問題)の下にあります。

【主語と動詞の呼応】
[1] Everything [is/are] going well.

[2] There [is/are] a lot of tropical fish around here.

[3] My hair is very fine, but yours [is/are] much thicker.

【時制】
[4] By the time this letter [reaches/will reach] you I will have left the country.

[5] Mari is not here. She’s [been/gone] to the bookstore.

【基本文型】
[6] I’ll stay with her until she falls [sleep/asleep].

[7] It’s very kind of you to spare [so much of your time to me/me so much of your time].

[8] You promised [me/to me] that you’d be home early tonight, didn’t you?

【受動態】
[9] He was helped [choose/to choose] some new clothes by his girlfriend.

[10] He’s [looked up by/looked up to by] his men for his courage and determination.

【助動詞】
[11] You didn’t need to come so early; we don’t star until noon.
You needn’t [come/have come] so early; we don’t start until noon.

[12] If no one else wants it, we might as [well/better/best] give it to him.

【不定詞】
[13] Her parents won't allow her [go/to go] out late at night.

[14] She wanted to go to Okinawa with her boyfriend, but her father told her [to not/not to].

[15] If you [are succeeding/are to succeed] in your new job, you must work hard now.

[16] 「そのパラシュートは開かなかった」⇒The parachute [f-] to open.

【動名詞】
[17] It’s a lot of fun [work/working] here.

[18] 「私はその計画を実施しないことを提案したい」⇒I’d like [not to suggest carrying/to suggest not carrying] out the plan.

【分詞】
[19] This project has been going well, all things [considering/considered].

【関係代名詞】
[20] He ate what [little animals/few animal/few animals] were available in the forest.
































【解答と解説】

[1] Everything [is/are] going well.
「すべて順調に行っている」
(答え)is
everything】=「すべてのもの(こと)」が主語になる場合、「単数」扱いとなる。

[2] There [is/are] a lot of tropical fish around here.
「この辺りには多くの熱帯魚がいます」
(答え)are
fish(魚)】は、「単複同形」(単数形と複数形が同じ形)である。本問では”a lot of”(たくさんの)があるため「複数の魚」を意味する。よって、動詞は、「複数」扱い。

[3] My hair is very fine, but yours [is/are] much thicker.
「私の髪はかなり薄いが、あなたのはずっとふさふさだ」
(答え)is
「所有代名詞」が主語になる場合、それを指すものが単数か複数かで単数扱いか複数扱いかが決まる。本問では、”yours = your hair”なので、「単数」扱いとなる。

[4] By the time this letter [reaches/will reach] you I will have left the country.
「この手紙があなたに届くまでには、私はその国を出発してしまっているだろう」
(答え)reaches
by the time (that)…】=「する時までに(は)」は、「時を表す副詞節」である。よって、このなかでは、「未来」の内容を表す場合でも、通例、単純未来の“will”は用いず、「現在時制」を用いる。

[5] Mari is not here. She’s [been/gone] to the bookstore.
「マリはここにいません。本屋に行っています」
(答え)gone
have gone to ~】は、①「~に行っている(行ってしまって、ここにいない)」(結果)又は②「~に行ったことがある」(経験)の意味を表す。
(注)【have been to ~】は、通例、①「~に行ったことがある」(経験)又は②「~に行ってきたところだ」(完了)の意味を表す。

[6] I’ll stay with her until she falls [sleep/asleep].
「彼女が眠りにつくまで彼女の近くにいるつもりだ」
(答え)asleep
fall+形容詞】で、「(急に)~(形容詞の状態に)になる」(文型は【SVC】)という意味である。【fall asleep】は、「寝入る」という意味である。

[7] It’s very kind of you to spare [so much of your time to me/me so much of your time].
「あなたにはお時間を大いに割いていただき感謝します」
(答え)me so much of your time
spare A B】で、「AB(時間など)を割く」(文型は【SVIODO】)という意味である。この文型では、BAを入れ替えることができる場合が多いが、その際、上記の意味の“spare”では、【spare B for A】とする。

[8] You promised [me/to me] that you’d be home early tonight, didn’t you?
「あなたは今夜は早く帰宅すると約束しましたね」
(答え)me
promise A that…】で、「Aに…ということを約束する」という意味である(文型は【SVIODO】)。‘promise to A that…’とは言わない。

[9] He was helped [choose/to choose] some new clothes by his girlfriend.
「彼はガールフレンドに新しい服を選ぶのを手伝ってもらった」
(答え)to choose
helpA(to) do】=「Aが~するのを手伝う」では、”to”が省略されることが多いが、これを受身にする文では、to不定詞にする必要がある(”to”を省略できない)。

[10] He’s [looked up by/looked up to by] his men for his courage and determination.
「彼はその勇気と決断力で部下に尊敬されている」
(答え)looked up to by
look up to ~】=「~を尊敬する」の受身は、be looked up to (by ~)】とする。“to”を落とさないように注意する。

[11] You didn’t need to come so early; we don’t star until noon.
You needn’t [come/have come] so early; we don’t start until noon.
「あなたはそんなに早く来る必要はなかった(のに)。私たちは正午まで出発しないのだから」
(答え)have come
need not have+過去分詞】で、「~する必要はなかった(のに)」という意味である(実際には「した」ことを含意する)。この”need”は「助動詞」である。

[12] If no one else wants it, we might as [well/better/best] give it to him.
「他に誰もそれを欲しがらないのなら、彼にあげてもよいだろう」
(答え)well
may[might] (just) as well do】で、「~してもよいだろう」「~するのも悪くない」という意味である。

[13] Her parents won't allow her [go/to go] out late at night.
「彼女の両親は彼女が夜遅くに外出することを許さない」
(答え)to go
allow A to do】で、「Aが~することを許す・許可する」という意味である。

[14] She wanted to go to Okinawa with her boyfriend, but her father told her [to not/not to].
「彼女はボーイフレンドと沖縄に行きなかったが、父親が行くなと言った」
(答え)not to
不定詞の繰り返しを避けるため【代不定詞】の用法である。”to”だけを用いて、そのあとの動詞(原形)以下(本問では”go to Okinawa with her boyfriend”)を省略する用法である。なお、不定詞の「否定形」は、否定語(notnever)を、通例、toの直前に置く。

[15] If you [are succeeding/are to succeed] in your new job, you must work hard now.
「新しい仕事で成功したいなら、今懸命に働かなければならない」
(答え)are to succeed
be to doの構文である。【be to do】にはいくつかの意味があるが、条件節(if節)で使われる場合には、通例、【意図】=「~するつもりなら」「~したいと思うなら」の意味を表す。

[16] 「そのパラシュートは開かなかった」⇒The parachute [f-] to open.
(答え)failed
fail to do】にはいくつか意味があるが、ここでは、「(物事が)~しない・できない」という意味である。

[17] It’s a lot of fun [work/working] here.
「ここで働くことは大いに楽しい」
(答え)working
【動名詞】は、文中で「主語」になることができる。これは、「形式主語」の文であっても変わらない。なお、「不定詞」(名詞用法)を使って、“It’s a lot of fun to work here.”とすることもできる。

[18] 「私はその計画を実施しないことを提案したい」⇒I’d like [not to suggest carrying/to suggest not carrying] out the plan.
(答え)to suggest not carrying
【動名詞】の「否定形」は、否定語(notnever)を、通例、”~ing”の直前に置く。

[19] This project has been going well, all things [considering/considered].
「今回の計画はすべてを考慮に入れるとうまくいっている」
(答え)considered
all things considered】で、「すべてを考慮に入れると」という意味の慣用表現であるが、これは【all things (being) considered】=「すべてのことが考慮されると」が原義の「独立分詞構文」である。

[20] He ate what [little animals/few animal/few animals] were available in the forest.
「彼はその森で手に入るどんな動物でもすべて口にした」
(答え)few animals
【関係形容詞】のwhatの用法である。このwhatが「可算名詞」にかかる場合には、【what (few)+可算名詞の複数形...】の形をとる。「(多くはないが)…するどんな~でも(あるだけすべて)」という意味である。

ホームに戻る